Search

検索したいワードを入力してください

休暇届の理由の書き方・例文|産前産後/病気/私事都合/葬式

冠婚葬祭や会社など様々な場面で要する休暇届を書き方、理由といった面からサポートしています。休暇届は書類、メールが主につかわれています。なので場面ごとに例文が書かれています。特別な場合になど急を要する場合は口頭での伝達も必要不可欠です。

葬式休暇とは、自分自身や近親者の結婚・出産(慶事)、近親者の死亡などによる葬式(弔事・忌引)が行われる場合に、社員が取得できる休暇のことです。多くの企業で適用されていますが、実は法律上、必須の休暇制度ではありません。

法律で必ず社員に与えなくてはならないと定められている年次有給休暇などの「法定休暇」と違い、会社が独自に設定する、任意の「特別休暇」となります。

取得可能な葬式休暇の日数例とは?

葬式休暇の休暇日数は、会社ごとにマチマチです。だが、一般的には下記のような内容と休暇日数が多いでしょう。

【一般的な慶弔休暇の内容と休暇日数】・結婚休暇/社員本人が結婚する場合:5日・子供の結婚休暇/社員の子供が結婚する場合:2日・配偶者出産休暇/社員の配偶者が出産する場合:2日 ※女性社員本人が出産する場合は、「法定休暇」である産前産後休暇が適用されます。

・弔慰休暇/一親(父母、配偶者、子供)が死亡した場合:5日 二親(祖父母、配偶者の父母、兄弟姉妹)が死亡した場合:2日 遠縁の親族が死去した場合:1日※遠隔地の場合、往復に要した日数を加算する会社もあります。

葬式の休暇届 メール版

忌引休暇を取得する際の例文

件名:忌引き休暇の取得について  〇〇部〇〇(役職) 〇〇〇〇様

忌引き休暇をいたしたく、お伝えいたします。
内容は以下のとおりです。

期間:〇〇〇〇年〇月〇日~〇〇〇〇年〇〇月〇〇日(〇〇日間) 理由:祖父の葬儀の準備・後片付けがあるため休暇いたしたく、お願いします。 備考:忌引き休暇中は、TEL:〇〇-〇〇〇〇-〇〇〇〇へご連絡いただけると忝うございます。

以上、よろしくお願いいたします。〇〇〇〇(氏名)

引き継ぐ業務があれば、口頭で伝え、後日メールも送る

葬式休暇の日数が長いと業務も引き継がなければならないケースもあるでしょう。その際にはまず、電話で口頭で連絡した後に、メールでも詳細を連絡するようにします。
なかなか時間がなくて難しいことでしょうが、会社に迷惑をかけないための最低限のマナーと心得ましょう。

口頭とメール マナー?

産休の休暇届で必要な書類と手続きについてお話ししてきましたが、休暇届は簡単に手続き可能なものから、ちょっと面倒に感じるものまでたくさんありますが、スケジュール管理をしっかりしていきましょう。

忌引きは、書類規定がある会社もあれば、ずる休みではないことを証明させるために、葬儀の礼状や死亡診断書を提出させる会社もあります。実際に忌引き休暇を取るときはメールだけでなく口頭でも連絡するのがマナーです。

忌引きの場合は、祖父母や叔父など亡くなった方や具体的な理由を説明するのがポイントといえるでしょう。身内の不幸は突然のことも多々あり、混乱してしまうでしょうが、落ちついて対処しましょう。

Latests