Search

検索したいワードを入力してください

2018年01月29日

【特徴別】海外の一人旅におすすめの国・ランキングTOP3|初めて

気ままな一人旅。しかも、海外での旅行となると憧れている人も多いでしょう。親しい間柄の家族や友人、恋人と海外旅行も楽しいですが、自分ですべてを決め、選択したことの結果に責任を持つという行為は一人旅ならではの醍醐味ではないでしょうか?海外一人旅を紹介していきます。

初めての一人旅におすすめの海外

いずれは海外に一人旅をしてみたいと考えている人は意外と多いのではないでしょうか。初めて海外旅行をした時の感動は忘れられません。しかし、海外旅行を重ねるとだんだんと感動も薄れ、限られた時間内をもっと自由に行動したいと感じるようになり、海外へ一人旅をしてみたいと思うようになるのではないでしょうか。

海外の一人旅に憧れはあるけれど、何かしらトラブルが起きた場合を考えると、なかなか行動に移せません。けれど一度、海外で一人旅を経験すれば要領も掴めるでしょう。よって、ここでは初めての海外の一人旅の行き先を決めるポイントを紹介します。

行先を決める

海外に「行くこと」だけが目的という人はいないでしょうが、目的をきちんと立てないと一人旅なので、時間を持て余すことになります。せっかく海外、しかも誰にも邪魔されることがない一人旅なら満喫しないと損です。

自分の興味のあることから目的地を決めるということをおすすめします。例えばかわいい雑貨が好きなら、ベトナムで雑貨を買いに行くとか、珍スポットが好きなら台湾やシンガポールにある仏教系テーマパークに行くといった自分が好きなことから行先を決めてみましょう。

気ままな一人旅ですから、気兼ねする人間もいません。よって自分が好きなことに没頭することをおすすめします。

公共の乗り物が安全なところ

これは行先を絞る時に参考にしてほしいことですが、公共の乗り物が安全に乗れることは重要です。タクシーもありますが、タクシーは運転手と密室状態になります。女性なら性犯罪の被害に遭う危険性もありますが、一人旅だとぼったくりに遭う確率もぐんと高くなります。

特に、滞在先の街をパスや、地下鉄・電車で安全に移動できる行先だとても安心です。

治安を調べる

行先を決めたら次は治安を調べましょう。当然、海外は日本と勝手が違います。テロはもちろん自然災害に遭う可能性もあります。よって、事前の治安は絶対に調べましょう。外務省のホームページには各国で起きたテロや事件、感染症に至るまで詳しく載っています。

そのほかにも、現地日本大使館が提供する安全の手引きや、医療事情について。そして、安全対策基礎データといった日本人の犯罪被害についての情報もあります。読んでいると怖くなりますが、不必要に怖がらず具体的な犯罪やトラブル対策として参考にしましょう。

また、外務省には「たびレジ」という緊急情報をメールで受けられるサービスがあります。このサービスに登録しておけば、緊急情報以外にも緊急時の連絡も行えるので便利です。

特徴別一人旅におすすめの海外

一人旅には不安が付きまといますし、海外となるとそれなりにお金がかかります。また、せっかくの海外ならリゾート地に行ってみたい。という願望もあるでしょう。ここでは、そのような願望や希望別に解説していきます。

格安

【特徴別】海外の一人旅におすすめの国・ランキングTOP3|初めて

やはり、一人旅といえども海外です。それなりにお金がかかります。東南アジアや東アジアの一部は日本国内旅行よりも旅費が安くなることがありますが、ヨーロッパや北米と言ったところになるとやはり高いです。しかし、格安で海外旅行に行く方法はそれなりにあります。まずはハイシーズンの前後を狙うと良いでしょう。

オフシーズンだと観光地のホテルやお店が閉まっている場合があり、ハイシーズン真っ盛りだと割高料金だったりします。よって、その前後を狙うのがベストでしょう。また、旅行日程が決まったら、航空券の予約を早めにする、もしくはぎりぎりに予約すると安く手に入ります。

しかし、他にも格安航空券を手に入れる方法として、チケット比較サイトを利用するという方法もありますが、LCCならばフェイスブックやtwitterをしていることが多く、フォローをしておくとバーゲン情報を知ることができ、要チェックです。

ツアー

一人旅は憧れるけれど、航空券やホテルを予約したり、現地の景勝地の行き先を確認したりとやることいっぱいです。そのやることが旅の醍醐味でもありますが、苦手な人もいるでしょう。

各旅行会社には一人旅をサポートしてくれるパッケージツアーがあります。パッケージツアーと言っても、何でも決まっているわけではなくフリープランから必要なもの、例えばホテルや送迎と言ったものを追加していくというサービスがあります。

また、海外の一人旅が初めてで不安という人向けに、添乗員同行ツアーというサービスがある旅行会社もあります。いろいろと比較して自身の予算に見合ったツアーに申し込んでみるというのもおすすめです。

リゾート

ハワイやグアムといった海外のリゾート地は、日本人に人気の海外旅行先です。しかし、一人旅の渡航先としてあまりおすすめはできません。なぜなら、カップルや家族連れ、友人ときている人たちが圧倒的で、一人だと寂しさを感じます。

しかし、タイをはじめとしたアジアリゾート地はおすすめです。女性限定になってしまいますが、ゆったりとスパ三昧を楽しんだり、その国独特の文化に触れることもできます。そして、リゾート地のラグジュアリーなホテルを一人でゆったり過ごすというのもいいでしょう。

男女一人旅におすすめの海外

海外一人旅の渡航先は「一人旅」と言う括りでおすすめを紹介できません。なぜなら、女性ならば性犯罪に遭いやすいですし、その一方で男性ならば多少の無茶。要するに不衛生な地域などでも平気という人もいます。ここでは男女別におすすめの海外一人旅の渡航先を紹介します。

男性おすすめ海外一人旅の渡航先

まずは、タイを海外一人旅におすすめします。タイは女性にもおすすめなのですが、まずは近いという手ごろさと、観光地とおいしい地元料理という旅行に欠かせない要素があり、また治安が良いというのがおすすめポイントです。そしてインドとペルーもおすすめ渡航先です。

男性の旅行先として人気のインドは特にニューデリー周辺がおすすめです。世界遺産や博物館もあり観光には困りませんし、日本大使館もあるのでトラブルがあったときは頼りになります。また、ペルーはやっぱり、マチュピチュがおすすめです。標高が高いので体力のある男性ならば、楽しめる渡航先ではないでしょうか?

女性おすすめ海外一人旅の渡航先

女性の海外一人旅の渡航先として台湾をおすすめします。台湾は近場で手軽に行けるのと、親日で日本のアニメや漫画に興味がある人が多く、日本語も結構通じます。広大な自然が魅力的なオーストラリアは、治安もよく人口の割に犯罪率が低いので情勢の一人旅にはおすすめの海外です。

また、足を延ばしてヨーロッパはポルトガルがおすすめです。第2の都市であるポルトの旧市街地は世界遺産に登録されています。また、ヨーロッパの中でも比較的物価が安く、食事がおいしいと最近注目されている海外旅行先です。

時期別一人旅におすすめの海外

海外旅行に行きやすい時期というものがあります。例えば、春の大型連休であるゴールデンウィークだったりしますが、人によっては飛び石連休ということもあり、今回は年末年始と、海外一人旅の計画が出やすい卒業旅行を中心におすすめ海外旅行先を紹介します。

年末年始

年末年始というとクリスマスからになるのか、それともクリスマス過ぎてからの旅行なのかでちょっと様子が異なります。クリスマスを祝う習慣のあるヨーロッパの方になると、クリスマス休暇で店が閉まっていたりします。

しかし、クリスマスマーケットを開いているので、それ目当てならばドイツをおすすめします。クリスマスマーケットはドイツ発祥といわれており、治安もよいので一人旅にはおすすめです。

クリスマスを過ぎると年越しイベントです。海外で盛大に年越しをするのなら、アメリカ・ニューヨークがおすすめです。観光地でもあるため、一人旅でも比較的安心です。また、近場ならばカンボジアも外せません。なぜなら、ベトナムは11月から4月が乾季となり、12月の気温も20~30℃と過ごしやすく快適に旅行が楽しめる季節です。

卒業旅行

社会人になる前の長期的な旅行に行ける機会といえば、やはり卒業旅行です。海外一人旅の経験は今後に役立つでしょう。やはり、手軽に行けるアジア諸国よりもちょっと遠いヨーロッパや南米をおすすめします。

英国・ロンドンやスペイン・バルセロナと言った観光地もいいですが、長時間の移動が可能ならば、日本の裏側であるウユニ塩湖のあるボリビアもおすすめです。

海外の一人旅のおすすめの国ランキングTOP3

ここでは、海外の一人旅のおすすめの国をランキング形式でお伝えします。先ほどは初めての海外一人旅の渡航先を決めるポイントを書きましたが、ランキングには初心者向けの旅行先もありますので、初めての海外一人旅の参考にしてくださると嬉しいです。

3位 台湾

「安・近・短」の海外旅行先として注目されている台湾。家族旅行や女子旅で渡航先にした人もいるのではないでしょうか。親日であり観光地化もされているので、日本語も通じ、景勝地を含めいろいろと見るものたくさんあり、料理もおいしいと初心者の海外一人旅の渡航先としておすすめです。

一人旅は自由に行動ができるので、台北から台南まで電車旅をしてみたり、ローカル線に乗ってみたりといった旅行が楽しめます。ありきたりな旅行先と思われがちですが、計画によって従来の旅行と全く異なる楽しみができます。

2位 タイ

インドに次ぐバックパッカーの聖地・タイ。よって、一人旅向けの海外旅行先でもあります。治安もそこそこいいですし、交通機関も発達していますし、ネット環境も整っています。また、欧米からの旅行者も多いので、いろんな国の人たちと交流ができるという利点もあります。

また、日本人が多く集まる地域もあり、一人旅初心者には安心です。もちろん、観光や食べ物もおいしく、物価も安いとなるとタイに行かない理由はないでしょう。

1位 ニューヨーク

一人旅の醍醐味と言えば気兼ねなく行動することです。ニューヨークには美術館や博物館、ブロードウェイミュージカルというエンターテイメントといった、自分の好きなことに没頭することができる街です。近年で治安も劇的によくなり、アメリカでは珍しく交通機関が発達しているので、移動も楽です。

気になる英語ですが、移民が多くリベラルなニューヨークにはいろんな人たちがいます。見知らぬ人同士でも挨拶してくれる、フレンドリーな土地柄で、最低限の英語さえ練習すれば何とかなります。物価は高いですが、宿泊をドミトリーにしたりすれば宿泊費をぐっと抑えられます。

一人旅は一生ものです

みんなでわいわいという旅行は楽しいです。しかし、予定が合わなかったり、行きたいところが合わなかったりとどこかで譲歩しないといけないところがあります。

しかし、一人旅は自分ですべてを決めて、行動しその結果に責任を持たなければなりません。こう書いてしまうと凄味を感じますが、旅行が終わったときに旅行で得られたものは一生忘れない経験です。

Latests