Search

検索したいワードを入力してください

2018年04月10日

一時帰国におすすめの買い物チェックリスト|子連れ/免税店

一時帰国をされる日本の方に向けた、おすすめのお買い物についてまとめました。一時帰国だからこその利点を活かした、免税店での買い物の仕方について解説しています。一時帰国のあいだに、買っておくべきものについて、紹介しています。

一時帰国におすすめの買い物

一時帰国となると、浮き足立つ方も多いはずです。一時帰国ができれば、久しぶりに友人に会えたり、行きつけのお店に行くこともできます。何よりも楽しみは、ショッピングです。

せっかく日本に戻るのだから、日本でしか買えないものを買っておきたいと考えるのが常でしょう。

そんな一時帰国をされる方に、ぜひ買っておいていただきたい、チェックしていただきたいものをまとめました。

衣料品

体格に合って、種類が豊富となれば、一時帰国の際には、衣料品は必ずチェックしておきたい物でしょう。

日本から離れていては、その時期の流行も忘れがちです。今の人気アイテムを探しに、以前から気に入っていたお店に行くのもいいですし、せっかくですから免税で買い物ができるお店に行くのも手です。デパートなどの免税許可のある店や、ユニクロでファストファッションもこの時ばかりに見ておきたいところです。

女性なら、特におすすめなのがストッキングです。日本のストッキングのように、質感がよくて、値段も手ごろで、丈夫なストッキングはなかなか海外では見つかりません。一時帰国の際に、まとめて買われることをおすすめします。

医薬品

日本製だから安心できる物のトップは、医薬品でしょう。海外の医療機関で処方される薬品が体に合わないというのはよく聞く話です。また医者に行くほどでもないというときに役立つ常備薬は、使い慣れている薬が一番です。常備薬は、一時帰国の際に忘れずに買っておきましょう。

炊飯器

電化製品の中でも、おすすめが炊飯器です。外国にいても、ふっくらとして艶やかな白米を食べたいと思うのが、日本人でしょう。お米が現地で到着するしかありませんが、炊飯器が変わるだけで、おいしくご飯をいただけるものです。

日本製の炊飯器で、海外向けの製品ならば、変圧器がなくても使えます。大手の家電量販店で、免税許可のあるお店に行くのが、手続きもその場でできるので便利です。壊れるのが心配な方は、手荷物扱いで機内に持ち込まれるのがいいでしょう。かさばりますが、おいしいご飯のため、一苦労する価値はあります。

立場別一時帰国におすすめの買い物

次に、お子さん連れや学生、社会人など立場別で、一時帰国の際におすすめの買い物を紹介します。

子連れ

一時帰国のときに、お子様に買っておきたいものは、衣料品です。その中でも靴下は、おすすめです。日本製の靴下は、洗濯にも強く丈夫です。小さなお子さんはどんどん大きくなりますから、1つ大きなサイズもまとめて買っておくのが、賢いお買い物術といえるでしょう。

おもちゃも、質がよく、バラエティに富んでいるのが、日本製のおもちゃです。かさばって持ち帰りにくいものも多いですが、それだけ価値がある商品も多いです。また知育玩具も、日本は充実しています。お子さんの教育面を考えても、一度、おもちゃ屋さんに足を運ばれて損はないでしょう。

外国にいても、日本語教育はしたい、続けたいという方は、日本語の教育玩具や問題集などをまとめて買われる方も多くいます。その種類の多さに目移りしてしまいますが、海外ではなかなか手に入れられないので、チェックしておきましょう。

学生・社会人

学生や社会人の方なら、文房具類は必須です。特に日本製のボールペンは、安いものでも書きやすく、長持ちするため、一時帰国の際に、数本まとめて購入される方が多いです。

消せるボールペンや消せる色鉛筆などの「消せる」筆記用具は、日本ならではのもの。外国では見つけにくいものですから、外国の方へのお土産にもなります。

また、消しゴムもおすすめです。きれいに字が消せる消しゴムで、適当な値段のものは、日本製に適うものはないでしょう。

目の悪い方

目の悪い方でコンタクトレンズを使われるのであれば、一時帰国の際に、コンタクトレンズを買われるのがいいでしょう。なんといっても、そのお値段が魅力的です。

基本的には、処方箋がなくては、コンタクトレンズを店舗で購入できません。しかし最近では、処方箋がなくても、インターネットでコンタクトレンズを買うことができます。しかもそのお値段が、海外のそれに比べると、ずっとお安いはずです。

一時帰国の際に、コンタクトレンズをまとめ買いしておくと、お得です。

一時帰国におすすめの免税店での買い物

一時帰国の買い物で、もっともお徳感を感じるのが、免税店での買い物です。日本人でありながら、外国からのお客様のように免税で買い物ができます。

免税で買い物をするためには、「非移住者」でなくてはならないのですが、その条件とは、以下の通りです。

非移住者の条件とは

下記の条件からすると、海外にある会社に勤務している人や、2年以上の長期滞在者なら「非居住者」になるわけです。つまり2年以上外国で暮らす留学中の方や、ワーホリを使って海外に滞在されている方も、「非移住者」として認められます。

ポイントは、日本の滞在期間が半年未満だということです。それよりも長く日本にいては、「非移住者」にはなりませんから、免税で買い物をすることはできません。一時帰国の意味を忘れずに、その利点を活かして買い物をしましょう。

❶外国にある事務所(日本法人の海外支店等、現地法人、駐在員事務所及び国際機関を含む)に勤務する目的で出国し外国に滞在する者
❷2年以上外国に滞在する目的で出国し外国に滞在する者
❸[1]及び[2]に掲げる者のほか、日本出国後、外国に2年以上滞在するに至った者
❹[1]から[3]までに掲げる者で、事務連絡、休暇等のため一時帰国し、その滞在期間が6か月未満の者

出典: https://www.mlit.go.jp/kankocho/tax-free/about.html |

免税店で買い物をする時に注意すること

免税店に行く場合の、ポイントをいくつか挙げておきます。そのうちのどれかが1つでも足りなかったら、免税で買い物は出来ませんので、ご注意ください。

免税店に行くこと

どの商品をどこで買っても、免税で買うことができるわけではありません。免税品店と呼ばれる免税許可のあるお店で買い物をした場合のみ、免税で商品を購入することができます。

免税品店の看板を掲げているお店を探すことになるのですが、有名どころは、「ドンキホーテ」、家電量販店の「ビックカメラ」やラオックス、ドラッグストアなら「マツモトキヨシ」、衣料品ならユニクロです。「無印良品」も一部の店舗が免税許可がありますし、最近では、コンビ二でも免税店の許可がある店舗があります。

東京や大阪、京都などの観光地として人気ある都市に、免税店が集中している傾向があります。

これらのお店が見つからない場合は、一時帰国者でなくても利用できますが、空港でのタックスフリーで買い物をするのがいいでしょう。その際には、時間の余裕をもって、空港に着くことをお勧めします。

パスポート持参

免税品として買った商品を申請するときに、パスポートを提示することが求められます。なぜなら免税店が、半年以内の入国スタンプがあるかどうかを、チェックしなくてはならないからです。

クレジットカードの名義はパスポートと同じ名義で

買い物のときにクレジットカードを使う場合は、パスポートと同じ名義である必要があります。たとえご夫婦共通のカードだとしても、名義が違えば免税で買い物することができません。

免税の手続きは買い物をした当日のみ

忙しい一時帰国では、時間に追われがちです。しかし、時間がないからと、免税手続きは後でと先送りにしないほうがいいのが免税手続きです。買い物をしたその日のうちに、免税手続きを済ませなくてはいけません。

その方法は、二つあります。

簡単なのは、免税専用のレジで支払う方法です。お店によって、その専用のレジが設けられていれば、そこに商品を持っていき支払います。その際に、消費税抜きで支払えるので簡単です。レジでは、必ず「免税で買い物をする」と伝えることと、パスポートを提示してください。

免税専用のレジがなければ、一度、普通に商品を購入します。その後、免税手続きを行う別カウンターへ行き、免税手続きを行います。ここまでが免税で商品を買うときに必要な一連の行為です。通常のお買い物よりも手間と時間はかかりますので、時間の余裕をみておくといいでしょう。

海外に持ち出す

免税で買った商品は、海外に持ち出すことが条件になっています。日本に残しておいては、いけません。

また消耗品は、日本の滞在中に使ってはいけないというルールもあります。消耗品として挙げられるものは、食料品や、化粧品、文房具類です。消耗品として扱われない電化製品や衣類は、買ったその日からでも使うことが認められています。

一時帰国におすすめの買い物チェックリスト一覧

一時帰国に、ぜひ、買っておいていただきたいラインナップは次の通りです。

・食品
・医薬品
・ファッション
・雑誌などの書籍
・コンタクトレンズ
・文房具
・化粧品

一時帰国におすすめの買い物は、日本だからこそ買える物がトップ項目に連なります。

買い物リストのトップに輝くのは、やはり食品です。中でものりや昆布などの乾物は、軽い上に、保存期間が長いので、海外在住者にはおすすめです。だし類も、海外では割高な商品ですから、一時帰国の際に買っておきたい商品です。お子さんのいる家庭なら、ふりかけも忘れないようにしましょう。

一時帰国で、楽しいお買い物!

せっかく日本に一時帰国をするのですから、日本でしか買えない物、買いたかった物を買うチャンスです。短い一時帰国で、買い忘れのないように、しっかり買い物リストを作っておきましょう。

「非居住者」に該当する方は、免税店で、お得に買い物もできます。ここぞとばかりに、お買い物を楽しんでください。

Latests