Search

検索したいワードを入力してください

1回目のデートを成功させるコツ9個!2回目への繋げ方や注意点も紹介

更新日:2022年05月19日

初めて2人の時間を過ごす1回目のデートは緊張してしまう人も多いでしょう。本記事では1回目のデートが充実したものになるように、成功するコツや脈ありのサイン、注意点などを紹介します。2回目のデートに繋がるようにぜひ参考にしてみてください。

6:できるだけ奢るようにする

2人の関係性や収入にもよりますが、1回目のデートは男性がおごった方が好感度はあげられるでしょう。おごる際も女性が席を立っているときや、見ていないときに会計するとスマートです。

女性はおごられるのが当たり前ではなく、支払う提案をすることで相手に良い印象を与えます。おごってもらったときには、感謝の気持ちをしっかりと伝えるのが大切です。また割り勘を提案は男性なりの気遣いの場合もあるため、快く受け入れましょう。

7:相手を楽しませることを意識する

1回目のデートでチャンスを逃さないように、自分をアピールしたくなる気持ちも自然なことですが、まずは相手を楽しませることを意識しましょう。相手が楽しかったり嬉しかったりする出来事が多いと、また会いたいと思ってもらえます。

また、楽しめるように気遣いをしてくれている行為自体が、相手にとってはとても嬉しいことです。

8:笑顔を忘れない

お互いのことをよく知らない状態での1回目のデートは緊張してしまい、顔もこわばってしまいます。緊張してしまうからこそ笑顔で過ごすことを意識して、相手に楽しい気持ちを伝えることが大切です。

一緒に過ごす相手が笑顔だとリラックスできるため、心の距離も縮まりやすいでしょう。デート中に予定外の出来事があっても笑顔で乗り切れば、楽しい気持ちは伝染し、2人にとって楽しい思い出となります。

9:お礼を忘れない

1回目のデートは楽しい時間を過ごしてもらおうと、相手はいろいろな気遣いをしてくれます。相手の気遣いに対して、お礼は忘れないようにするのが大切です。

別れ際はもちろんですが、当日中にメールやLINEをするのも1回目のデートを成功につなげるコツとなります。

相手が自宅に着く頃に、楽しかったこととお礼を簡潔にまとめた文章を送るのがポイントです。長すぎる文章は相手にとって負担となることも考えられるため、短めにまとめましょう。

1回目のデートで女性が脈ありかを知る方法5つ

デートが終わってから、自分では楽しい時間を過ごしたと思っていても相手がどう感じているのが気になってしまい、次のデートに誘えないこともあるでしょう。

相手の女性が脈ありかどうかは、視線やリアクションなど5つのポイントで判断できます。次に紹介するポイントに多くあてはまるようであれば、自信持って2回目のデートに誘ってみてください。

  • 視線の動きで判断する
  • 仕草で判断する
  • どれだけ質問が多かったかで判断する
  • デート後のメールやLINEの対応で判断する
  • 2回目のデートで判断する

1:視線の動きで判断する

脈ありかどうかを知る方法の1つめが、デート中の相手の視線です。会話しているときに常に目線が合ったり、相手から見つめられていることが多かったりするときは興味を持たれている可能性が高いでしょう。

女性が会話の最中に他のことに気をとられることが多ければ、デートを楽しんでいない可能性があります。

2:仕草で判断する

デート中の女性の仕草で脈ありか判断するのが2つめに紹介する方法です。女性は意識をしていなくても、仕草で脈あり・脈なしのサインを出していると言われています。

デート中に自分と同じような仕草をするようであれば、好感を抱かれている可能性が高いです。また歩いたり座ったりしているときに、物理的な距離が近いのも脈ありのサインの1つです。

3:どれだけ質問が多かったかで判断する

3つめに紹介する判断方法が、デート中に女性側からの質問がどれだけ多かったかです。会話の盛り上がりよりも、質問の多さや内容に着目してみましょう。

プライベートについての質問や彼女の有無についての質問をされたら、興味を持たれているサインです。

4:デート後のメールやLINEの対応で判断する

4つめに紹介する方法は、デート後のメールやLINEの対応です。デートの時間に女性側からのサインに気づけなくても落ち込む必要はありません。直接会うと緊張してしまう女性は、メールやLINEで心を開いてくれる可能性があります。

女性側から何度も連絡がきたり、質問されたりするようであれば脈ありのサインと言えるでしょう。新しい話題や2回目のデートについて触れられているときも、脈ありの可能性があります。

次のページ:1回目のデートから2回目への繋げ方

初回公開日:2022年02月18日

記載されている内容は2022年02月18日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests