Search

検索したいワードを入力してください

ボウリングデートで気を付けたい25個のこと|服装の選び方も参考にしよう

更新日:2022年05月19日

ボウリングデートに誘われたけど、ボウリングをしたことがなくて楽しめるか不安な人もいるのではないでしょうか。この記事ではボウリングデートを楽しむために気を付けるポイントを解説します。記事の内容を参考に、ボウリングデートを楽しみましょう。

飲み物を買ってきたり、汗をかいている相手にタオルを渡したりなど、相手を気遣って行動することも大切です。

何気ない気遣いでも、相手は嬉しく感じてさらに好意を持つようになるでしょう。そのため、ボウリングを楽しみつつ、気遣いを意識するのを忘れないようにしましょう。

18:足の臭い対策をする

ボウリング場では、ボウリングシューズに履き替える必要があります。そのときに、足が臭いと相手に引かれてしまう可能性もあるでしょう。

また、夏は足が蒸れるため、自分が思っている以上に足の臭いがきつい場合があります。ボウリングデートに備えて、足の臭い対策を忘れず行いましょう。

19:ハイタッチなどでスキンシップをとる

ボウリング場では掛け声をかけるだけでなく、ハイタッチなどでスキンシップをとるようにしましょう。

普段はスキンシップをとる機会がない人でも、ボウリングはハイタッチなどでスキンシップを自然にとりやすい状況と言えます。

ストライクを出したときや、スペアをとったときなどにハイタッチでスキンシップをとることで、相手もドキッとするでしょう。

20:賭け事はしない

ボウリングでは相手と賭け事をする人も多いです。友達と遊ぶならそれも良いですが、ボウリングデートでは賭け事をしないようにしましょう。

ボウリングデートで何かを賭けて勝負すると、賭け事に夢中になりすぎて相手に引かれてしまう可能性があります。

相手との良好な関係を保ちたいのであれば、賭け事はしない方が無難です。

21:怪我に十分気を付ける

ボウリングではルールを守って遊んでいれば怪我をすることは少ないのですが、中にはルールを守らないことで怪我をする人もいます。

ルールを守らず怪我をしてしまえば、楽しいはずのデートが台無しになってしまうでしょう。相手がルールを守らない場合には注意することも必要です。

楽しいボウリングデートにするためにも、怪我には十分気を付けるようにしましょう。

22:怪我をした場合はそのままにしない

ボウリング中に怪我をしてしまった場合には、そのままにせず正直に相手に話すようにしましょう。

怪我のことを黙っていると、怪我の痛みでデートを楽しめなくなってしまいます。あなたが楽しめないと、相手もデートを楽しむことができないでしょう。

そのため、怪我をしたら相手にきちんと伝えるようにしましょう。

23:お互いスコアが悪くてもテンションを下げない

お互いに調子が悪くスコアが伸びないこともあるでしょう。そのような場合にテンションを下げてしまうと、ボウリングデートは楽しくないものになってしまいます。

スコアが悪くてもテンションを下げず、「楽しかったからスコアが悪くてもいいよね」と励まし合うようにしてください。

上手くいかないときでも励まし合って楽しめれば、2人の絆も深まるでしょう。

24:ボウリング後の予定を考えておく

ボウリングデートはボウリングをするのがメインであっても、それだけでデートが終わることはないでしょう。

そのため、ボウリング後の予定を考えておくことが大切です。ボウリングをした後、カフェでゆっくり会話を楽しんだりお腹が空いたらご飯を食べたりするのも良いでしょう。2人でボウリング後の予定を相談しておくのがおすすめです。

25:お礼を忘れない

ボウリングデートの後は、ボウリングに誘ってくれたことへのお礼を忘れないようにしましょう。

女性の場合は、男性にボウリング費用を支払ってもらうこともあるでしょう。ボウリングに誘ってもらったり、費用を支払ってもらったりすることを当たり前だと思わず、感謝の気持ちを忘れないようにすることが大切です。

お礼を言うときに、ボウリングに誘ってもらって嬉しかったことや、ボウリングデートが楽しかったことなどを伝えるようにしましょう。

ボウリングデートの服装の選び方

ボウリングデートにはどのような服装で行けばいいのか迷う人も多いのではないでしょうか。ボウリングを楽しめる動きやすい服で、相手に好印象を持ってもらえるものを選びましょう。

ここでは、ボウリングデートにどのような服を選べば良いか解説するため、服装に迷ったときの参考にしてみてください。

次のページ:ボウリングデートを楽しもう

初回公開日:2022年02月18日

記載されている内容は2022年02月18日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests