Search

検索したいワードを入力してください

縄跳びの長さ・選び方3選|身長別・年代と目的別・跳び方別

更新日:2020年05月30日

最近では、健康のために人気がある縄跳びですが、体に合った縄跳びの縄の長さを知っている人は、少ないのではないでしょうか。縄跳びの長さや選び方などとともに身長別・年代と目的別・跳び方別にご紹介します。ぜひ、参考にしてみてはいかがでしょうか。

縄跳びには、さまざまな種類の跳び方があります。両足跳びや二重跳びなどを跳ぶときに縄跳びの長さの目安などを考えて跳ぶことによって縄跳びを跳ぶことが簡単になることもあります。跳び方別の縄跳びの長さの目安をご紹介します。ぜひ、参考にして自分の縄を調整して縄跳びを楽しんでみてはいかがでしょうか。

両足跳び

縄跳びの跳び方でもっともスタンダードな跳び方は、前跳びです。前跳びは、子どもから大人まで手軽にチャレンジできる縄跳びの跳び方のひとつです。縄跳びの縄の長さは、へそあたりにくるように調整すると一番跳びやすいといわれています。

前跳びを上手にするコツは、目線を一定にして足の先端を見るようにしましょう。両脇をきちんとしめてひじが中心になるよう縄を手首で回して両足で飛ぶことが前跳びの上達に繋がります。

片足跳び

片足跳びは、片方の足を上げて縄を跳ぶ跳び方です。縄を回しながら片足でジャンプするのでバランスが重要です。片足跳びの縄の長さは、縄跳びのグリップを手で握ったときに片足でロープを踏んでロープの先端が肩と胸の間ぐらいの位置にくるように調整しましょう。

前跳びと同様に目線を一定にして縄を手首で回すように意識しましょう。床と足の間に縄が通るぐらい片足を上げて縄を跳ぶとスムーズに片足跳びができるようになります。

二重跳び

前跳びなどができても二重跳びがなかなかできないという人もいるのではないでしょうか。二重跳びをする縄の長さは、縄が短いほど回転する回数が多くなって跳びやすいといわれています。二重跳びを跳ぶには、リズムをつかむことがポイントです。

最初は、縄を持たずにその場で二重跳びをイメージしてジャンプする練習をするのもいいでしょう。また、二重跳びに適した縄跳びは、ビニール製の縄がおすすめです。

ボクサー跳び

ボクサー跳びは、トレーニングなどでよく活用される縄跳びの跳び方です。ボクサー跳びの縄の長さは、両脚で縄を挟んで体のひじから90℃に伸ばして、ひじから少し離れた場所の長さが跳びやすいといわれています。

ボクサー跳びがスムーズに素早く跳べるようになったら縄を少し短くして回転を速くしてみるといいでしょう。しかし、ボクサー跳びのやりすぎは、肩や足を痛めてしまう人もいますので注意が必要です。

おすすめ「RAYSTYLE 調整可能 縄跳び」

「RAYSTYLE 縄跳び ロープ 調整可能 なわとび」は、大人用から子ども用まで用意されていてロープが調整可能で跳びやすいと評判の縄跳びです。縄跳びを跳び、有酸素運動をするのにおすすめの商品です。

また、筋肉を鍛えたいという人にも跳び方のバリエーションなどを変えることで筋肉トレーニングの効果も期待できます。

自分の体型に合わせた縄跳びの長さの調節方法

自分の体型に合わせた縄跳びの長さの調節方法は、どのようなポイントがあるのでしょうか。体型に合わせた縄跳びの長さの調節方法を3つご紹介します。自分に理想的な縄跳びの長さを知るきっかけにしてみてはいかがでしょうか。

1.縄跳びのロープの真ん中を両足で踏む

自分の体型に合わせた縄跳びの長さの調節方法は、難しいものではありません。いつも使っている縄跳びのグリップを持って縄のロープの真ん中を両足で踏みましょう。

縄跳びは、長すぎても短すぎても上手く跳ぶことができません。大人でも子どもでも基本的にしっかりと縄の中心を両足で踏んで調整していきます。

2.両肘を90°に曲げて手首を左右に開く

縄跳びの縄の調整は、ピッタリの長さというカラダで測る方法が適しています。縄跳びの長さの調整の目安として縄跳びの真ん中を足で踏んで腰の高さでひじから90°開いて縄跳びを持ちましょう。初心者やあまり縄跳びが得意ではない子どもの場合は、腰の高さではなく胸の高さで長さの調整をおすすめします。

3.縄跳びが歪まずピッタリする長さが目安

自分の体型に合わせた縄跳びの長さは、縄跳びが歪まずぴったりする長さが目安となります。しかし、あまりにもぴったりとした縄の長さにしてしまうと縄跳びの初心者や子どもなどは、縄跳びが跳びにくくなってしまいます。

自分に合った縄の長さを調整したら3cmから5cmほど縄の長さに遊びをもたせてもいいでしょう。縄跳びに慣れてきてリズムよく失敗が少なくなってきたら徐々に縄の長さを短くしていくことをおすすめします。

自分に合った長さに縄跳びを調節しよう

最近では、縄跳びでトレーニングを行う人も多くなってきています。縄跳びの跳び方には、多くの種類があります。縄跳びをする場合には、鍛えたい部位にとって効果的な運動となるように縄跳びの長さに細かく気を配ることが重要です。

長さが合わない縄跳びをし続けることでケガや肩、腕などを痛めてしまうこともあります。縄の部分が調整のしやすい縄跳びを選び行うトレーニングに応じて長さの微調整を行いましょう。

体を動かして鍛えよう

初回公開日:2018年02月15日

記載されている内容は2018年02月15日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests