Search

検索したいワードを入力してください

シャチの狩りについて知能が高いとされる理由とは?生態についても紹介

更新日:2022年09月22日

「シャチ」がどのようにして狩りを行うか知っていますか。この記事では、高い知能を活かしたシャチの狩りについてや、シャチの生態などについてくわしく紹介しています。シャチが好きな方やもっと知りたいという方、海の生物に興味がある方はぜひチェックしてください。

天敵はほとんど存在しない

シャチは知能が高く、大きくて強い体と高い身体能力を持ち、海の食物連鎖においてトップの座にいる海の王者なので、天敵になるような生物はほとんどいません。

生命力が落ちてしまった個体や小さい子どもなどは、まれに他のシャチやサメなどに狙われることもありますが、めったにないことだといえるでしょう。

またシャチの肉は固くて食用にむかないため、人間の漁の対象にもならないのです。

人間との関係について

シャチは、基本的には意図して人間を襲うことはありません。知能が高く人にもなつくことから、水族館で飼育され、ショーを行っているシャチたちもいます。

ただ、飼育員にけがをさせてしまったり、死亡させてしまった事例があるのも事実です。人工の環境下では、どうしても大きなストレスがかかってしまうため、シャチを水族館で飼育することへの反対意見は徐々に高まりつつあります。

シャチの狩りや生態について知ろう!

シャチは、知能や身体能力が高く、海の食物連鎖の頂点に立つ海生哺乳類です。

社会性が強く、仲間同士でしっかりとコミュニケーションをとりながら、その知能を活かしたさまざまな工夫をこらして、それぞれの獲物にあった狩りを行います。

広範囲を移動しているシャチの群れは観察が難しく、まだ解明されていないなぞも多いので、今後さらに調査が進むことを期待して、楽しみに待ちましょう。

初回公開日:2022年09月22日

記載されている内容は2022年09月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests