Search

検索したいワードを入力してください

「バリエーション」の意味と使い方・用例9コ|音楽/登山用語

更新日:2020年03月02日

「バリエーション」の正確な意味を理解していますか。また、正しい使い方が分かりますか。このぺージでは、意外と分かりづらい「バリエーション」の意味や使い方をテーマにして、基本的な意味や使い方、語源などをご紹介しています。ぜひ参考にしてみて下さい。

「バリエーション」とは

「バリエーション」とは英語の「Variation」が語源となっており、「変動」や「変化」などの意味があります。

たとえば、ある商品の色が20色展開でさまざまな色のアイテムがあることを「カラーバリエーションが豊富」と表現します。「バリエーション」には3つの意味あるのでシーンによって使い方が異なります。

まずは「バリエーション」の正しい言葉の意味と由来についてくわしく見ていきましょう。

「バリエーション」の意味

「バリエーション」という言葉には、「変化」や「変動」などという意味があります。この言葉は大きく分けて3種類の意味があります。

1つ目はさまざまな物の変化や変動の意味、2つ目は変化させたものそのものや変種の存在自体の意味、3つ目は変奏曲や1つの音楽のアレンジや和音などを変えたものを指す意味となります。

「バリエーション」の由来

「バリエーション」という言葉は英語の「variation」が由来となっている言葉となります。

英語で「vary」とは変化という意味があり、「バリエーション」と同じく「various(さまざまな)」などの「vary」という言葉が含まれている言葉には変化という意味が含まれています。

「バリエーション」は英語から派生したカタカナ英語となりますが、英語も日本語と同じ意味を持ちます。

「バリエーション」の意味と使い方

ここでは、「バリエーション」の意味や例文を、ジャンルごとにわけて紹介していきます。「バリエーション」の意味と使い方を正しく覚えて、使えるようになりましょう。ぜひ参考にしてみてください。

「バリエーション」を使った例文

「バリエーション」という言葉は普段の会話からビジネスシーンまで幅広く使える言葉です。「バリエーション」を使った表現の中でもポピュラーなのが「バリエーションが豊富」という表現でしょう。

この他にも「バリエーション」という言葉を使用した表現方法はいくつかあります。「バリエーション」という言葉の意味を正しく理解し、上手に言葉を使いこなしましょう。

1「バリエーションに富む」

「バリエーションに富む」という表現は、さまざまな種類があるという意味となります。たとえば、このホテルのケーキバイキングは約60種類のケーキを取り揃えおり、バリエーションに富んでいるという表現をします。

あるアイテムやカテゴリーの中で、さまざまな形やスタイル、色などがある場合に、このような表現を使用します。文章に応じて「富む」という言葉を「富んだ」「富んでいる」のように変化させて表現しましょう。

2「バリエーションが豊富」

「バリエーション」という言葉の中でも使用されている頻度の高い表現なのが、「バリエーションが豊富」という表現です。「バリエーションが豊富」とは、さまざまな種類があるという意味です。

たとえば、携帯ケースの色展開が20色だった場合は「この携帯ケースはカラーバリエーションが豊富です」と表現します。「バリエーションが豊富」という表現はビジネスでも使えるので覚えておきましょう。

3「バリエーションを持たせる」

ビジネスシーンでよく使われる表現の1つが「バリエーションを持たせる」という表現です。「バリエーションを持たせる」とは、さまざまなスタイルや変化を持たせるという意味です。

たとえば、媒体の宣伝計画において「今回の宣伝内容はターゲットが若い世代なので、宣伝方法にもバリエーションを持たせよう」のように使用します。

この場合は、若い世代の思考に合わせて色々な宣伝方法やスタイルを考えようという意味です。

4「バリエーションを増やす」

「バリエーションを増やす」とは、あるものや事柄の種類やスタイルを増やすという意味で使われます。たとえば、「会議用のお弁当の種類がいつも同じなので、バリエーションを増やしてください」のように使用します。

この場合はお弁当の種類が少ないので、会議参加者が飽きないように違うお弁当も手配するようにという意味です。ビジネスでもよく使われる表現なのでしっかり覚えておきましょう。

音楽用語の「バリエーション」の意味と用例

「バリエーション」という言葉には、種類や変種といった意味の他にも音楽用語としての意味も含まれています。

音楽におけるバリエーションには、「変奏曲」といった意味があります。「変奏曲」とは、主題となる音楽のリズムや和音などを変化させていき、最終的に1つの楽曲にまとめたもの表わします。

では音楽用語の「バリエーション」とはどのように使用されているのか、意味と用例をいくつかご紹介いたしましょう。

5「きらきら星変奏曲のバリエーション12」

幼稚園や保育園などでも使用されている曲の1つといえば「きらきら星」という曲です。曲調は比較的単調なので、誰もが口ずさめる旋律となっています。

「きらきら星変奏曲のバリエーション12」という曲は12の変奏曲で構成されています。

世の中でよく聞く「きらきら光る、お空の星よ」という旋律はとても短いですが、その曲にさまざまなテーマを加えてアレンジすることで曲調を楽しむことができます。

初回公開日:2018年01月11日

記載されている内容は2018年01月11日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests