Search

検索したいワードを入力してください

「バリエーション」の意味と使い方・用例9コ|音楽/登山用語

更新日:2020年03月02日

「バリエーション」の正確な意味を理解していますか。また、正しい使い方が分かりますか。このぺージでは、意外と分かりづらい「バリエーション」の意味や使い方をテーマにして、基本的な意味や使い方、語源などをご紹介しています。ぜひ参考にしてみて下さい。

「変形」とは、字のとおり形が変わってしまうことを意味します。たとえば、「バッグの中にチョコレートを入れておいたら、気温の変化でチョコレートが変形してしまった」のように使用します。

「変形」という言葉は普段でも使いやすい言葉の1つです。本来の形が何かの影響によって形を変えてしまった場合に使用します。

「差異」

「差異」とは、何かと何かを比べた場合に生じる違いのことを意味します。たとえば、「販売目標と実績に大きな差異がある」のように使用します。

「差異」という言葉はビジネスシーンでもよく使用する言葉です。何かの数値やモノを比べた場合に、それぞれの差のことを「差異」と表現しましょう。

「変化」

幅広い世代に使われている言葉の1つが「変化」です。「変化」とは、何かが変わるさまを意味します。

たとえば、「転勤に伴う環境の変化で、少し体調を崩す」などのように使用します。気温や天気、体調などが変わることなどを「変化」という言葉を使用して表現することができます。

「取り揃え」

「バリエーション」という言葉の言い換え表現として挙げられるのが「取り揃え」という言葉です。「取り揃え」とは、色々なものが十分にそろえてある状態のことを意味します。

たとえば、「この靴下はさまざまなカラーを豊富に取り揃えている」という表現することができます。この表現を「バリエーション」という言葉に置き換えると、「この靴下はカラーバリエーションが豊富だ」と表現することができます。

「バリエーション」を正しく使いこなそう

変化や変種といった意味をもつ「バリエーション」という言葉ですが、普段の会話から専門用語としても使われている広い範囲の意味をもつ言葉です。

「バリエーション」は、「取り揃え」などの言葉にも言い換えることができるので、使用するシーンや状況に応じて使いわけるといいでしょう。

カタカナ語を使いこなそう

英語が語源となっている「バリエーション」という言葉ですが、日本語には「バリエーション」のほかにも英語を語源として言葉が数多くあります。

英語を語源とした日本語のことを「カタカナ語」といい、カタカナで表記して使用します。カタカナ語はビジネスシーンでもよく使われる言葉なので、社会人になったばかりの人はしっかり勉強しておくことをおすすめします。

初回公開日:2018年01月11日

記載されている内容は2018年01月11日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests