Search

検索したいワードを入力してください

「リップサービス」の意味とは?使い方・例文・対義語も紹介

更新日:2024年02月04日

皆さんはリップサービスを使ったことがありますか。本記事ではリップサービスの意味からビジネス・プライベートでの使い方、そして英語表現まで幅広く紹介しています。リップサービスについて興味がある方は是非この記事を読んでみてください。

これまで、リップサービスの使い方について解説しました。ここではリップサービスを使った例文をケースごとに紹介していきます。

  • (目上の人に対して):「〇〇さんは、波乱万丈の人生を送ってこられたのですね。もっと〇〇さんの話聞きたいです」
  • (取引先に対して):「御社の△△サービス、こちらでも前向きに検討させて頂きたいと思います」
  • (上司に対して):「私が契約を勝ち取れたのは次長のご指導があったからです」
  • (恋愛において):「〇〇さん(くん)といると落ち着くよ」

「リップサービス」の対義語

リップサービスの対義語は「皮肉」が挙げられます。「皮肉」とは遠まわしに相手を非難することを意味する言葉です。

相手の機嫌を良くすることの反対は、相手を不快な気持ちにさせることです。「皮肉」を言ってしまうと、相手を傷つけることになり、関係性が悪化してしまうので控えましょう。

「リップサービス」の英語表現

リップサービスは元々「lip service」を日本語化したものですので、英語表現についても「lip service」となります。

もし、英語で「~にリップサービスを使う」と表現したいのならば、「pay lip service to~」を使うと良いでしょう。

「リップサービス」の意味を理解して正しい場面で使おう

いかがでしたか。リップサービスの意味や使い方について紹介しました。リップサービスはビジネスシーンで取引先やお客様との関係性を良好にするだけではなく、異性間において気を惹く手段としても使われます。

リップサービスは有効な手段かもしれませんが、所詮は口先だけで中身はありません。リップサービスだけでは口先だけの人間と思われるので、心から相手を褒めることができるようにしましょう。

初回公開日:2017年12月26日

記載されている内容は2017年12月26日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests