Search

検索したいワードを入力してください

「自体」の意味と使い方・由来・「自身」「事態」との違い

初回公開日:2017年12月27日

更新日:2020年06月02日

記載されている内容は2017年12月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

「自体」という言葉には、どのような意味があるのでしょか?また、どのように使う言葉なのでしょうか?このぺージでは、「自体」をピックアップして、基本的な意味や使い方、類語などをご紹介しています。また、類語との意味の違いなどについても考察しています。

正しく使いたい!「自体」の意味・使い方

会話や文章をするには、さまざまな言葉を使う必要があります。最低限の言葉だけでも、会話や文章は成立しますが、よりスムーズなコミュニケーションや豊かな表現をするには、語彙力や表現力を向上させる必要があります。

今回は、会話や文章でも使う頻度が多い、「自体」という言葉に注目して、意味や使い方をご紹介していきます。「自体」という言葉は、物事を説明したり、何かを紹介したりする際によく使われる言葉となっており、無意識のうちに使っているという方も、少なくないでしょう。この機会にぜひ、正しい意味や使い方を覚えましょう。

「自体」の意味・使い方

早速、「自体」という言葉は、どのような意味を含んでおり、どう使うのか、基本的な意味や使い方を見ていきましょう。

「自体」という言葉は、会話や文章でも使用する頻度が高いため、曖昧な理解のまま納得してしまっている方も、少なくないと予想できます。この機会にぜひ、「自体」という言葉の意味や使い方と向き合ってみて下さい。

「自体」の意味

まずは、「自体」という言葉に含まれている意味やニュアンスについてご紹介していきます。「自体」の意味について調べてみたところ、「コトバンク」に以下のような解説が掲載されていました。

そのもの本来の性質。それ自身。地体。多く名詞の下に付いてその意を強める。 /そのものの本来の性質にさかのぼって物事を判断するさま。そもそも。地体。

出典: https://kotobank.jp/word/%E8%87%AA%E4%BD%93-73699 |

上記の解説から、「自体」という言葉には、「そのもの」という意味や、本来のものを指すニュアンスが含まれていると予想できます。

また、上記の解説には含まれていませんが、自分の身体を意味することもあると言われています。しかし、一般的には、物や人そのものを意味する目的で使われるケースが多いと考えられます。

「自体」の使い方

「自体」という言葉の意味を学んだところで、続いては「自体」という言葉の基本的な使い方について考察していきます。

上記でもご紹介したように、「自体」という言葉の意味は、大きくわけて2種類あると言われていますが、今回は「そのもの」という意味で「自体」を使用する場合の基本的な使い方をご紹介していきます。

「自体」という言葉は、上記の引用にもあるように、名詞の後に付けて使う場合が多い言葉となっています。主に、対象となる名詞を強調する効果があるとされています。例えば、「システムに問題がある」という言い回しは、そのままでも意味が成立する言い回しですが、「システム自体に問題がある」といった形で表現することで、「システム」を強調することができます。

「自体」の意味の由来

続いて、「自体」という言葉がどのようにしてできた言葉なのか、語源や意味の由来などについて考察していきます。

「自体」の語源や由来について調べてみたところ、はっきりとした語源や由来は見つかりませんでした。そこで今回は、「自体」という言葉に使用されている漢字の意味についてご紹介していきます。「自体」に使用されている漢字の意味から、言葉の成り立ちや語源を考えてみましょう。

「自」の意味

まずは、「自体」に使用されている「自」の意味についてご紹介していきます。「自」という漢字は、日常生活でも使用したり見掛けたりすることが多い漢字だと考えられます。

そんな「自」という漢字には、以下のような意味が含まれていると言われています。

みずから。自分の。自分で。/ひとりでに。おのずから。/ 起点を示す語。…より。…から。/ひとりでに。

出典: https://kotobank.jp/word/%E8%87%AA-515299 |

上記の解説から、「自」という漢字には、「自分」という意味が込められていることが読み取れます。ですから、「自体」という言葉に使われている「自」という漢字にも、対象のものを起点とするニュアンスが含まれている可能性も考えられそうです。

「体」の意味

続いて、「自体」の「体」という漢字の意味についても考えていきます。「体」という漢字には、以下のような意味があると、「漢字/漢和/語源辞典」にて解説されています。

からだ(首、胴、手、足の総称)/手足(四肢)/姿/規格(物事に対して定めた基準)/本性(生まれながら持っている特徴)/自分自身で行う(体験)

出典: https://okjiten.jp/kanji18.html |

上記の解説から、「体」という漢字の意味は、「身体」というニュアンスが強く込められていることが読み取れます。また、本性や本来の姿などを意味するケースもあり、「自体」という言葉に使用されている「体」という漢字には、上記のようなニュアンスが含まれている可能性も考えられそうです。

「自体」と「自身」の意味の違い

Latests