Search

検索したいワードを入力してください

「自体」の意味と使い方・由来・「自身」「事態」との違い

更新日:2023年10月20日

「自体」という言葉には、どのような意味があるのでしょか?また、どのように使う言葉なのでしょうか?このぺージでは、「自体」をピックアップして、基本的な意味や使い方、類語などをご紹介しています。また、類語との意味の違いなどについても考察しています。

「事態」の意味を確認したところで、「自体」と「事態」、2つの言葉の意味の違いについて考えていきましょう。

「自体」という言葉は、上記で何度かご紹介したように、物事や人物が「そのもの」であることや、対象となる名詞を強調する意味があると言われています。

一方で「事態」は、物事の状況や成り行きを指す言葉となっており、「自体」とは対象となるものや意味が異なります。

「自体」の類語

最後に、「自体」という言葉と似た意味を持っている類語や同義語をご紹介します。類語や同義語をチェックしておくことで、臨機応変に使い分けることができる可能性もあるので、ぜひこの機会に覚えておきましょう。

・そのもの
・自身
・本来
・そもそも
・元来

「自体」を上手く活用してわかりやすい会話・文章にしよう

いかがでしたでしょうか?今回は、「自体」という言葉をテーマにして、一般的な意味や使い方、使用されている漢字の意味や類語などを考察・ご紹介しました。

「自体」という言葉は、物事などを強調する際に使われることが多い言葉です。文章や会話の流れにもよりますが、「自体」という言葉を使わずとも、文章や会話として成立するケースもあるでしょう。

しかし、「自体」という言葉を上手く活用することで、物事などを強調することができ、文章や会話がよりわかりやすくなったり、表現力が増したりする可能性も考えられます。ですからぜひ、正しい意味や使い方をマスターして、積極的に使ってみて下さい。

初回公開日:2017年12月27日

記載されている内容は2017年12月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests