Search

検索したいワードを入力してください

「添削」の意味と使い方・語源・記号の意味・「校正」との違い

更新日:2023年09月23日

「添削」という言葉は、簡単そうで実は複雑な意味があります。それでも多くの人は間違いとは気づかずに「修正する」という意味で、この言葉を使ってしまうことがあります。この記事から「添削」という言葉の本当の意味と使い方について学びましょう。

「添削」という言葉は履歴書の分野で使われることもあります。どんな人でも履歴書を書く時には言葉遣いやないように十分気をつけるのではないでしょうか。

履歴書の内容次第では就職先が決まることも落とされてしまう可能性もあるからです。では「添削」という言葉は履歴書の分野ではどのような意味があるのでしょうか。

履歴書の「添削」はプロにおまかせ

履歴書が上手に描けたどうかは自分で判断するのが非常に難しいです。なぜなら、自分にとって上手に書けたとしても、他の人からすると不自然な表現が使われていることも少なくないからです。

その時に履歴書の「添削」をプロに任せることができるでしょう。最近ではインターネット上で履歴書の「添削」を行なってくれる業者を簡単に見つけることができます。

最善を尽くして履歴書を提出するという意味ではそのような業者を使うことが非常に良い選択肢の1つになるということができます。

esの添削について

就職先を探している学生であればesの「添削」について悩んでいるはずです。しかしesという言葉にはそもそもどのような意味があるのでしょうか。

さらにesの「添削」は他の人に依頼することができるのでしょうか。この点についても、正確に理解しましょう。

エントリーシート

esには「エントリーシート」という意味があります。エントリーシートとは就職先を探してる人が、企業に自分の情報を伝えるための書類になります。

この書類を上手に書くことは非常に重要です。それが就職したい企業の人に対するイメージアップに直接つながってくるからです。

しかし、もしもエントリーシートを書き終わった後で「添削」を誰かにお願いしたいのであれば、そうすべきでしょう。そうすることによって自分のエントリーシートの質を高めることができるからです。

できれば、既にエントリーシートの「添削」をした経験のある人にお願いすると良いでしょう。他の人のエントリーシートを分析することに慣れていますし、アドバイスを与えることにも卓越していることになるからです。

文章の「添削」の意味?

「添削」という言葉が色んな分野で使われていることが、わかったのではないでしょうか。しかし、基本的には「添削」は文章で行われているイメージがあります。では、文章の「添削」をするということはどのような意味になるのでしょうか。

使われ方が多いと言っても過言ではない文書での「添削」の意味について、理解しましょう。

「添削」は「改め直す」こと

例えば、次のような例文を作ってみたとしましょう。「生徒の作文を添削する」という文章です。この表現からどのような意味をあなたは理解することができますか。

おそらく生徒は1つの作文を書きました。しかし、その作文はまだ完成していません。なぜそういうことができるのでしょうか。

なぜなら「添削」の段階を終えていないからです。どういう意味かというと、先生が生徒の作文を「添削」して初めて、上質の作文を仕上げることができるということです。

ここで先生は、生徒の作文全てを書き換えることをするのでしょうか。それはありえないでしょう。なぜなら「添削」には「改め直す」つまり、書き換えたり削ったりして質の良いものにする、という意味が含まれているからです。

場合によっては「書き加える」だけの可能性も

つまり「添削」を先生が生徒の作文に対してすることによって、もっと良い作文ができるということではわかります。

場合によっては先生が生徒の作文に「書き加える」だけで「添削」をすることが可能です。先生が生徒の作文を読んだ時に、情報不足だと感じることがあれば、書き加えることによって作文の質を高めることができます。

「添削」という言葉が文章に使われる時には、その文章を改め直すために書き加えることも削ることもされるということを理解しておかなければなりません。

「添削」に「間違い直し」という意味があると考えてしまうと、書き加えを文書にされた時に不快に感じてしまうことがあるからです。しかし、実際には書き加えをした人は、単に「添削」をしているだけですので、自分の理解が間違っていたということになります。

「添削」で質を高める

ここまでで「添削」という言葉には、どのような意味があるのかを理解することができました。エントリーシートを書くときであったとしても、作文を作成した時であったとしても「添削」を依頼することは本当に大切です。

自分にとって上質なものだと感じたとしても、他の人にとっては質が悪いものである可能性があります。そのため「添削」を依頼することによって、第三者の意見を知ることができますし、場合によっては自分が気づかなかったミスを知ることも可能です。

基本的に「添削」する人はその分野において経験のある人がほとんどですので、今までの傾向を分析しながら自分に対してアドバイスをくれることでしょう。

何を作ったとしても「添削」で、そのものの質を高めることができます。

初回公開日:2018年01月05日

記載されている内容は2018年01月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests