Search

検索したいワードを入力してください

「臨む」の意味と使い方・由来・「望む」との意味の違い

更新日:2023年09月24日

「臨む」と「望む」という言葉の意味の違いについて説明することができますか。もし、難しいと感じるのであれば、一度、この2つのフレーズについてしっかりと理解する必要があるでしょう。この記事から「臨む」というフレーズについて徹底的に理解することができます。

「臨む」の意味と使い方とは?

普段の生活の中でも「臨む」というフレーズを使っている人はたくさんいます。それだけ意味が周りの人にも知れ渡っている表現ということができますが、本当に「臨む」というフレーズの意味について理解することができているでしょうか。

場合によっては、意味について正確に理解することができていると感じているだけで、実際には正確な意味を理解できていない可能性もあります。

もし、自分がそのような状況にいるとしたら「臨む」を間違った意味で使ってしまっている可能性があります。

そのような問題を避けるためにも「臨む」の意味について正確に理解することは非常に重要です。どのような意味があるのでしょうか。

「臨む」の意味

「事に向かう」もしくは「それを目の前にする」という意味が「臨む」には含まれています。そのため、 何かの現場に直面したのであれば「臨む」というフレーズを使うことができると言えます。

「臨む」の使い方

「臨む」という言葉の意味について理解することができていたとしても、 使い方に精通することは非常に重要です。

実のところ使い方について知ることができていなければ、普段の会話の中で「臨む」というフレーズを取り入れることができないからです。

では「臨む」というフレーズを使った、どのような実際的な表現があるのでしょうか。具体的に紹介します。

国民に臨む

「臨む」というフレーズの意味について理解する上で「国民に臨む」という例文は非常に助けになります。

この表現を使うことによって、簡単に言うのであれば「国民に降りかかる」という意味を伝えることが可能になります。

例えば「独裁政治によって、国民に災いが降りかかる」という例文を作ったとしましょう。この例文によって「独裁政治が行われた結果、国民の生活が悲惨のものとなる」という意味を伝えることが可能になっています。

表現されている考えは嬉しいものではありませんが「臨む」という言葉の意味をよく理解できるフレーズと言えるのではないでしょうか。そのため、普段の生活の中でも「臨む」というフレーズを使いやすく感じるはずです。

会議に臨む

会社の中で使うことのできる実用的なフレーズを紹介します。その1つは「会議に臨む」というフレーズです。

この表現によって「会議に出席する」という簡単な意味を相手に対して伝えることが可能になります。そのため、会社にお勤めされている方であれば、毎日のようにこのフレーズを使うことができると言えるのではないでしょうか。

それに「会議に行きます」というよりも「会議に臨む」という言葉を使った方が、会議に対する真剣な気持ちが表現されている感じがします。

表現されている意味は同じであったとしても、相手に与える印象が違うということを理解することができます。

職場の同僚や会社の上司に対して、自分の仕事に取り組む姿勢を積極的にアピールしたいのであれば「会議に臨みます」というフレーズをさりげなく使うことができるでしょう。

それに、このフレーズを弾くことによって違和感を感じる人はほとんどいません。

「臨む」の意味の由来とは?

「臨む」という言葉に意味の由来があるとすれば、それを理解することは非常に重要と言えます。

なぜなら、どんな言葉であったとしても意味の由来について理解することができれば、その言葉の意味の深さを感じることができるからです。

では「臨む」という言葉に意味の由来はあるのでしょうか。

結論から言いますと「臨む」の正確な意味の由来について確認することはできません。それでも、現在使われている「臨む」の意味や使い方について精通することさえできていれば、生活を送る上では十分ということができるでしょう。

「臨む」と「望む」との意味の違いとは?

「臨む」と「望む」は似ているフレーズとして知られているのではないでしょうか。なぜなら、どちらのフレーズであったとしても読み方が同じだからです。

では、この2つのフレーズの間に意味の違いはあるのでしょうか。あるとしたら、どのように意味の違いがあるのか理解する必要があるでしょう。

意味の違いについて理解することができなければ、この2つの単語を使いこなすこともできないからです。

違いは希望と現実

例文を使いながら、この2つのフレーズの意味の違いについて正確に理解しましょう。

例えば「決勝戦に臨む」というフレーズを作成したとしましょう。どのような意味を理解することができますか。

ほとんどの人は「これから決勝戦に行く、もしくは、参加する」という意味を理解することができるのではないでしょうか。

では「決勝戦を望む」というフレーズでは、どんな意味になりますか。この場合は「決勝戦に参加することを願っている」という意味をお伝えていることになります。

つまり、この場合は決勝戦に参加することができるかどうかは分からないものの、参加したいと言う願いや希望を表現していることになります。

そのため、現実を伝えるのであれば「臨む」を、希望を伝えたいのであれば「望む」というフレーズを使うことができます。

次のページ:書き言葉では注意が必要

初回公開日:2018年02月07日

記載されている内容は2018年02月07日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests