Search

検索したいワードを入力してください

「ハイライト」の意味と使い方・語源・ローライトとの違い

更新日:2022年06月09日

「ハイライト」という言葉は、テレビなどでよく耳にします。実は色々な意味があることをご存知でしたか。ヘアスタイルやメイク、野球、イラスト、ITや思想、タバコの銘柄にまで幅広く使われている言葉です。使われる分野によって意味が異なる「ハイライト」を紹介します。

「ハイライト」をうまく使って毎日に明るさをプラス!

いかがでしたか。普段何気なく使っている「ハイライト」という言葉にも、実は色々な意味がありました。使われる場面も非常に多様です。

ヘアスタイルやメイクに活かすことで、なりたい自分を目指すための心強い味方となるハイライトですが、今やアイテムも豊富です。好みやライフスタイルにあわせて気軽にチャレンジできるのも大きな魅力でした。ローライトと組み合わせて使うことで、より効果を実感できるでしょう。

一方で、「ハイライト」という言葉は、スポーツからイラストの技法、IT用語、ニュースにおける重要単語にまで使われています。この言葉の意味を押えておけば、視野がぐっと広がるでしょう。

毎日耳にするであろう「ハイライト」、うまく活用して毎日に明るさをプラスしてみませんか。

初回公開日:2018年02月16日

記載されている内容は2018年02月16日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests