Search

検索したいワードを入力してください

ノックの回数が表す意味・場面ごとのノックの正しい回数とマナー

初回公開日:2017年10月30日

更新日:2020年02月10日

記載されている内容は2017年10月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

ノックには場面ごとに正しいノックの回数やマナーがあることをご存知でしょうか。ビジネスシーンでは、ノックのマナーが重要なポイントとなることがあります。ノックの回数に迷った経験のある方、社会人としてノックのマナーを身につけたいという方はぜひ参考にしてみてください。

data-max-num-ads=8 data-matched-content-rows-num="2" data-matched-content-columns-num="4" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

何回ノックをするべき?ケース別ノックの回数とマナーとは

日本人にとってノックの習慣はあまりなじみがないため、場面ごとのノックの回数が表す意味や正しい回数、マナーなどを気にしたことがないという方も多いことでしょう。国際的なマナーやエチケットの基準となる「プロコトールマナー」には、ドアのノックの回数が正式に定められています。

日本人がよく使用する2回のノックが実はトイレ専用であること、正式なドアノックの回数は4回であることなど、ケース別のノックの正しい回数やマナーなどを理解することが大切であることがわかります。

ケース別のノックの回数とマナーとは?

何回ノックするべきかについては、正式なマナーだけでなく、相手や場所、シチュエーションなどによっても異なります。日本ならではの慣習もあるので、場面に合ったノックの正しい回数やマナーを理解しておくことが大切です。

以下のような相手や場所、シチュエーションでの正しいノックの回数やマナーはどうあるべきなのかについて考えてみましょう。

上司

上司が在室している部屋とわかっている場合には、ノックにも気を遣います。日本では、3回のノックが一般的になっていますが、初めて上司の部屋を訪れる際には、ノックの回数の国際標準である4回で試してみるのもいいでしょう。

上司の部屋は、重要案件の相談や急ぎの報告、決済などを主な目的として訪れます。忙しいスケジュールのなか、上司が在室していることも少ないため、タイミングを逃さずにノックすることが必要となります。しかし、焦って激しくノックしたリ、過度なスピードでノックしたリするのは禁物です。

ノックには人間性や心理状態がよく表れるといわれます。どんなに急いでいるときでも、ノックをする前に深呼吸をしてから、落ち着いてゆっくりとノックするように心掛けましょう。来客応対中、電話中である場合も考慮して、入室を許可する声を聞いてからさらに一呼吸おいてから入室するとなおいいでしょう。

来客

ノックには、在室確認とともに入室許可を得るという目的もあります。上司だけでなく同僚や部下に対しても、入室する前にノックするのは常識です。形だけのノックですぐにドアを開けたら来客中だったということもあります。お客様に大変な失礼にあたるだけでなく、同僚や部下にも恥をかかせてしまうことになるので注意が必要です。

ノックの回数にはそれほどこだわることはありませんが、ビジネスマナーとして3回か4回で回数を決めておくといいでしょう。2回のノックが慣例となっている職場もありますが、来客中に2回のノックをすると、マナーを疑われてしまうこともあります。国際標準マナーが当たり前となっている外国人がお客様の場合は、特に配慮が必要です。

あらかじめ来客があることをわかっていてノックする場合には、お客様に失礼にあたらないように、ゆっくりとしたスピードで適切な音量でノックするようにしましょう。ノックの大きさと入室の際の声で、場の雰囲気を一気に変えてしまうこともあるので注意が必要です。

英検の面接

就活時の履歴書に自信をもって記入できる資格のひとつに英検があります。中学卒業レベルとなる3級以上の受験では、一次試験の筆記、リスニングなどにパスした後に、二次試験で面接が課せられます。面接の内容は、級によって多少違いがありますが、面接室に入室の仕方や退室するまでの流れは全て同じです。

ノックの回数は、国際標準である4回が正式なものとなりますが、3回に省略しても間違いではありません。在室確認のためのノックではなく、部屋のなかにいる面接官に「これから入室します。」という意思表示を行うものとなります。

ドアから面接官までの距離や部屋の広さを考慮して、適切な音量でノックします。小さくて聞こえないよりは、少し大きめにノックする方がいいでしょう。英検の面接試験では、英語力や受け答えの能力だけでなく、積極的にコミュニケーションをしようという態度も評価の対象となります。自信をもってノックし、元気よく笑顔で「Hello!」と言って入室しましょう。

就活の面接

就活で必ずといって通らなければならない関門のひとつに面接試験があります。試験のなかでも重要視されるものであり、書類選考や筆記試験で高評価を得ていても、面接試験で落とされるということも珍しくありません。そのため、筆記試験よりも面接試験の対策に多くの時間を費やすという方も多いでしょう。

面接試験は、面接官と受験者が直接コミュニケーションをとりながら行われるものです。質問にいかに的確に返答するかということだけでなく、姿勢や目線、話し方、全体的な雰囲気や立ち居振る舞いなどで総合的に判断されることになります。質問の答がわからないとき、どのように対応するのか、など、人となり全てが評価の対象となります。

ノックから試験がスタートするので、受験者の第一印象はノックの音と回数ということになります。国際標準である4回のノックが正式なものとなりますが、3回に省略しても問題はありません。

場合によっては、事前に係員から「ノックは〇回で」と指定されることもありますので、指示に従うようにしましょう。ポイントは、面接官に聞こえる適切な音量で落ち着いてノックしているかということです。緊張するのは仕方がないことですが、人間性や心理状態が表れるため、相手を考慮した音量やスピードで落ち着いてノックするようにしましょう。

営業

営業活動は、顧客の新規開拓や取引関係を維持するために、企業にとって欠かすことができないものです。日々の地道な外回りは、個人や企業の業績に直結するものとなります。一口に営業といっても、アポイントをとって訪問する場合と飛び込み営業で訪問する場合とでは、ノックの回数やマナーも変わってきます。

事前にアポイントが取れている場合は、受付で挨拶をして案内を待ちます。応接室や事務室などに通されてノックすることになります。正式には4回がマナーとなりますが、3回に省略しても構いません。

在室確認とともに入室許可を得る意味で、過度に大きな音を立てずにゆっくりとノックしましょう。相手が電話中であることも考えられるため、一度ノックして返事がなかった場合には、少し間をおいてから改めてノックするという配慮も必要です。

飛び込み営業の場合は、断られて当たり前という気構えで臨むのが普通です。忙しい相手に、こちらの存在に気付いてもらい少しでも時間を割いてもらえるように、普段よりは大きな音量で3回ノックしてみましょう。

ノックする前に相手企業の情報や褒め材料など、話のネタを整理しておくと会話が弾むこともあります。相手が気づくノックをしているのに応対されない場合、ノックの回数を増やすとかえって反感を買うことにもなるので、引き際を知ることも大事なことです。

お茶出し

応接室などに来客を案内すると、お茶出しをするのが一般的です。来客を案内する人とお茶出しする人が別々だと、来客の人数をすぐに伝えてスムーズにお茶を出すことができます。

お客様を応接室にお通ししてから、担当者が来るまでに時間が空く場合には、席についてからすぐにお茶を出すようにします。急ぎの商談などですぐに会話が始まる場合は、挨拶などが済んだ頃を見計らって出すようにするといいでしょう。

お茶出しをする際のノックは、在室確認ではなく、入室許可を得ること、お茶出しを知らせることを目的として行うものです。正式なノックの回数は4回ですが、3回に省略されることもあります。会社によっては2回のノックが慣例となっているところもあるでしょう。

また、商談中にお茶出しすることが一般的なものとなっている場合は、入室許可をとって商談を中断させることなく、ノックだけして入室することもあります。

応接室

応接室に通されたら、室内に人がいないとわかっているときでもノックするのがマナーです。ノックの回数については、国際標準となっている4回が正式なものとなりますが、日本のビジネスシーンでは3回に省略されることが多いため、3回でも問題はありません。

応接室の広さにもよりますが、普段よりは少し大きめの音量でノックするといいでしょう。商談などで先客がいることがわかっている場合には、到着を知らせるとともに入室の許可を得るためにノックします。大切な会話の途中であることも考えられるためゆっくりとノックし、入室許可を得ても少し間をおいてから入るようにするといいでしょう。

会議室

会議室をノックする場合は、会議開催前の入室、会議中の途中入室の2つのパターンが考えられます。会議開催前である場合には、会議のメンバーであれば入室することの合図としてノックをします。入室することが前提となっているため、入室許可をとるためにノックする必要はありません。

ノックの回数に特にこだわることはありませんが、3回~4回であれば問題はないでしょう。マナーを重視する企業では、正式なノックの回数やマナーにも注意が必要です。

会議によっては、メンバーが揃うまでドアが開放され、会議開始前に閉められるということもあります。全開放されている際にはノックする必要はありませんが、半開きの場合には、念のためノックする習慣を身につけておいた方がいいでしょう。会議に出席する方からビジネスマナーが身についていると評価されることにもつながります。

会議中に途中入室する際のノックには、回数だけでなくタイミングや音量などへの配慮が必要となります。会議の進行を妨げることのないよう、入室許可を得てから入るようにします。活発な意見が交わされている際には、ノックの音に気づいてもらえないこともあるため、少し大きめの音量ではっきりとノックします。

回数は3回でも4回でも構いませんが、4回ノックする場合には、連続してノックするのではなく、2回ずつに区切ると耳障りになることもありません。

社長室

社長室は、企業の顔であり中枢である社長の執務室です。社長のデスク以外に、大きなテーブルと椅子が設置されていることも多く、簡易的な会議を開くこともできます。社長室は、日々、社運を左右するような大きな意思決定が下される特別な空間です。社長室をノックするという経験は誰にでもあるというものではないため、回数やマナーにも迷うことが多いでしょう。

社長室をノックする機会が多いのは、秘書です。来客の案内、お茶出し、書類提出、スケジュール調整、伝言など、1日に何度も社長室を訪れることがあります。しかし、秘書は、社長のスケジュールを全て把握しており、電話も秘書が繋ぐことが多いため、在室確認をするためにノックするということはありません。

ノックの回数は、社長の方針によっても異なりますが、3回~4回が一般的となります。接遇マナーに精通している秘書のノックは、国際標準である4回が普通です。

クライアントとして社長室を訪れる場合には、秘書に案内されることが多いため、何回ノックすればいいかと考えたことはあまりないでしょう。しかし、ドアの前まで案内された場合は、入室許可を得るためにノックをしなければなりません。

ノックの回数は3回でも構いませんが、国際標準のマナーである4回の方が、よりフォーマルで敬意を表すものとなります。秘書から話が通っている場合でも、ノックの後に、所属、氏名、要件などを伝えて入室するケースもあるでしょう。

職員室

職員室に用事があって入室するために、ノックをしていたことを懐かしく思い出すことはないでしょうか。生徒にとって職員室の入室は、ノックの意義やノックの適切な回数について知る最初のきっかけをつくってくれるものでもあります。特に、入試や就活と深く関係している中学校や高校では、面接試験の練習の一環として職員室の入室の仕方を指導されることも多いものです。

中学校では、職員室の扉に「正しい入室の仕方」の表示物が貼られていることがよくあります。何らかの要件があって職員室に入室する必要があるため、在室確認ではなく入室の許可を得ることを目的としてノックします。

適切なノックの回数は3回ですが、日本人になじみの深い2回で統一されている学校もあります。学校によっても異なりますが、ノックしてから、学年、クラス、氏名、「○○先生に用事があります。」などのマニュアルにそった入室の仕方があります。

高校になると就活のための接遇研修などが実施されることもあり、より高度な入室の仕方について指導されます。ノックの回数だけでなく、ノックするスピードや大きさ、間合いの取り方、ノックの後に発する声の音量など、細かなポイントでチェックされることもあります。ノックに国際標準マナーがあり、4回が正式なものであると知るのもこの頃でしょう。

診察室

病院の診察室をノックする際は、体に何らかの異常があるときか健康診断の問診を受けるときでしょう。急患やひどく体調がすぐれない場合には、ノックする余裕もありませんが、それ以外のときにはマナーとしてノックすることを心掛けましょう。

病院では受付を済ませているため、マイクを通して医師から名前を呼ばれたり、看護師に促されたりして診察室に案内されます。前の患者の診察が終わってから名前を呼ばれているため、改めてノックする必要はないと思われがちです。

患者の診察が終了した医師は、カルテの記入や処方箋の作成、看護師へ指示など、やらなければならないことがたくさんあります。ノックして医師に許可を得てから入室するようにしましょう。

病院の構造にもよりますが、最近では患者のプライバシーを守るため、厚い引き戸タイプのドアが採用されていることがほとんどです。普段よりも少し強く3回ノックすると、繰り返し何度もノックして時間をかけずに済みます。ノックして入室を促されたら、「こんにちは」「おはようございます」と時間に合った短い挨拶だけするようにします。

トイレ

日本人にとって、ノックで一番なじみ深いのが、トイレではないでしょうか。うっかり鍵をかけるのを忘れてトイレで用を足しているときに、いきなりドアを開けられるほど、恥ずかしく嫌な思いをすることはないでしょう。また、鍵をかけていてもノックなしにドアノブをガチャガチャと回されるのも不快なものです。

トイレのノックは、空室を確認するために行うものです。ノックの回数は2回が一般的で、2回のノックは「トイレノック」と言われることがあるほどです。トイレのドアはそれほど分厚いものではないため、中にいる人に聞こえる程度の音量で優しくノックしないと、驚かせてしまうことにもなります。

強く叩きすぎたり、連続して何回もノックしたりすると、「早く出てこい」と言っているのと同じことで失礼にあたるので注意しましょう。

日本人のノックの習慣はこのトイレノックが始まりで、その後、人がいるのにいきなりドアをあけて驚かせてしまう、プライバシーを侵害してしまう、などを回避するために徐々に浸透していったものと考えられます。しかし、ビジネスシーンでもノックの回数を2回と誤ってとらえている人も多く、マナー違反ととらえられることもあるため注意が必要です。

ノックの回数が表す意味とは?

日本人がよく使う2回のノックが、国際標準マナーでは「トイレノック」とされているように、ノックの回数が表す意味には違いがあります。場面にそぐわないノックの回数は、マナーに反するだけでなく周りの人に不快な思いをさせてしまうこともあります。以下の1回~4回までのノックの回数がどのような意味を表しているのか考えてみましょう。

ノックの回数が1回

1回のノックは、試験の面接やビジネスシーンで用いられることはほとんどありません。ノックの回数にあまりこだわらないといわれることがあっても、1回のノックはノックとしての意味をなさず失礼にあたります。1回だけ「コン」とドアをノックすると、部屋の中にいる人は何か物がドアにぶつかった音ととらえるでしょう。

また、1回だけでは、気づかれないこともあります。在室確認や入室許可を得るためのノックとみなされることはないので、ノックの回数として1回は不適切であることを覚えておきましょう。

ノックの回数が2回

2回のノックは、日本人によくなじみがあるノックの回数です。「トイレノック」ともいわれるもので、国際標準でも日本のビジネスマナーでも、トイレでしか使用しないものとされています。トイレのノックの回数が2回とされているのは、空室を確認することを目的としているからです。

日本人はトイレ以外で2回のノックを頻繁に使用することがありますが、正式にはマナー違反となります。特に、海外では常識としてとらえられているため、注意が必要です。

ノックの回数が3回

3回のノックは、国際標準では、家族や友人など親しい間でノックをする際の回数として示されているものです。日本では、ビジネスシーンでも3回のノックが主流であるため、面接試験でもノックの回数を3回と指導されることがほとんどです。フォーマルな場や礼儀が重んじられるシーンでは、マナー違反ととらえられることを理解しておきましょう。

ノックの回数が4回

4回のノックは、国際標準ではビジネスシーンや目上の人、初対面の人に対する適切なノックの回数とされています。日本では3回のノックが定着しているため、日常的に目にする機会はあまりないでしょう。ビジネスシーンでも3回に省略してもマナー違反にはあたらないとされています。

海外では4回のノックが常識となっているため、外資系の職場や上司がいる企業では、ノックの回数に注意が必要となります。

場面にあった正しいノックの回数と使い方とは?

ノックの回数には意味があるため、場面に合った正しい使い方を理解しておく必要があります。ノックの回数が表す意味を理解したうえで、常識ある社会人の立場で1回~4回のノックは、それぞれどのような場面で使うべきなのか考えてみましょう。

ノックの回数が1回

1回のノックは、回数としてノックの意味をなさないものです。ビジネスシーンやフォーマルの場では、使用することはありません。しかし、日本では、気心が知れた間柄で1回のノックが黙認されていることもあります。「入るよ」と相手の入室の意志を確認することなく、形式的なノックとして1回だけドアを叩いて部屋に入ることもあります。

また、同様の関係において、ドアが開いている状態のときに使用する場合もみられます。プライベートでノックの回数にこだわらないのは自由ですが、マナーとしてはありえないことは理解しておきましょう。

ノックの回数が2回

2回のノックは、トイレで空室確認を行う際に活用します。日本では、パブリックトイレなどで空室、使用中にかかわらず、ドアが閉まった状態である場合に、空室確認を行うことがよくあります。

使用中である場合には、なかから2回ノックを返すか、「入ってます」と口頭で答えるのが一般的でしょう。トイレで回数の多いノックをすると「早く用を足して出てきて欲しい」という催促の意味になることもあるため、2回でとどめるように心掛けましょう。

ノックの回数が3回

3回のノックは、国内ではビジネスシーンや試験でも認められているノックの回数であるため、日常的に使用することができます。そのため「トイレは2回、それ以外は3回」と覚えている方も多いでしょう。

ただし、礼儀を重んじるシーンやフォーマルなビジネスマナーが一般的となっている企業などでは、マナー違反とみなされます。国際標準では4回が常識ということは必ず理解しておきましょう。

ノックの回数が4回

4回のノックは、フォーマルな場やビジネスシーン、目上の方や初対面の方など、あらゆる場面で正しいノックの回数として認められています。4回のノックをする場合には、連続でノックするのではなく、回数を2回ずつに区切って行うのが一般的です。

日本では、4回のノックでは回数が多すぎるととらえられることも多いため、ケースに合わせてノックの回数を判断するようにしましょう。

ベートーヴェンと4回ノックの関係とは?

ドイツの有名な作曲家のひとりにベートーヴェンがいます。「楽聖」というニックネームでも親しまれており、フルオーケストラが演奏するための交響曲を数多く作曲しています。「英雄」や「田園」などとともに、世界的な代表作として知られているのが、交響曲第5番「運命」です。

作曲の動機(モチーフ)となったのは、誰もが知る「ジャ ジャ ジャ ジャーン」です。ベートーヴェンは、「運命はこのように扉をノックする」と語ったといわれています。ベートーヴェンがこの曲を作曲した頃には、すでに聴力のほとんどを失っており、初演の際には演奏後に、観客の拍手を目で見て好評であることを知ったといわれています。

ベートーヴェンの頭のなかには「ジャ ジャ ジャ ジャーン」の4回ノックがずっと鳴り響いていたのでしょう。

海外の標準的なノックの回数とマナーとは?

日本では、国際標準とされるノックの回数やマナーがなかなか定着しないといわれています。その理由として、長い間、襖や障子などの建具がある日本家屋に居住していたことがあげられるでしょう。

ノックをする習慣がなかったために、ノックの回数やマナーについて深く考えることもありませんでした。そのため、現在でも誤った使い方をしたり、日本流に解釈して回数を省略したりしています。

ところで、ノックの歴史が古い海外の標準的なノックの回数とマナーはどうなっているのでしょうか。

アメリカ

アメリカでは、ドアのある洋風建築物での暮らしが当たり前であり、誰にでもノックの習慣が身についています。テレビドラマや映画でも、国際標準である4回でノックをする場面をよく目にします。

日本ではノックが「入ります」の意味であるのに対して、アメリカでは、「今から来ます」という意味を表しています。自由やプライバシーを尊重するアメリカならではのマナーとして、ノックが定着したのでしょう。

ヨーロッパ

ヨーロッパでは、アメリカと同じようにノックの回数を4回としている地域が多いです。中世のヨーロッパの建築物には、「ドアノッカー」と呼ばれる訪問者が来訪を知らせる金具が扉につけられていることが多く、現在でもその名残があります。

ヨーロッパでノックするというマナーは、古くからの伝統によるものとも考えられるでしょう。

欧米ではトイレをノックしない!?

日本では、ノックの回数を2回とする「トイレノック」がビジネスシーンでも誤って使用されるほど定着しています。しかし、欧米ではトイレでノックをすると大変なことになることがあります。

アメリカの一般的な住宅では、バスルームのドアを閉めないことが多く、ドアが閉まっていたら使用中であるという意味を表します。ノックをすると、使用中であることをわかっていてノックしたととられ、激怒されることがあります。

欧米のパブリックトイレでは、扉の上と下が空いていることがあります。目で人が入っていることを確認することができるため、使用中にノックするのは厳禁とされています。日本人の常識が非常識になる場合もあるので注意が必要です。

シーンに合ったノックの正しい回数とマナーを身につけよう

今回は、ノックの回数が表す意味や場面ごとのノックの正しい回数とマナーについて紹介しました。これまで、あまり深く考えたことのなかったノックの回数にさまざまな意味やマナーがあることに気づいた方も多いのではないでしょうか。これからは、ノックのマナーを身につけた社会人として、場面に合ったノックの仕方に配慮しましょう。

Latests