Search

検索したいワードを入力してください

「お手を煩わせる」の意味とは?読み方・例文・英語表現なども紹介

更新日:2022年11月14日

「お手を煩わせる」の意味をご存知でしょうか。本記事では、「お手を煩わせる」の意味やビジネスシーンでの使い方についてご紹介します。「お手を煩わせる」の意味や、「お手を煩わせる」を使った例文を知りたい方は是非この記事をチェックしてみてください。

「お手を煩わせるってどういう意味なの?」
「お手を煩わせるはビジネスで使える敬語表現なのかな?」
「お手を煩わせるの類語や言い換え表現はある?」
このように、「お手を煩わせる」の意味やビジネスシーンでの使い方には沢山の不安や疑問があるのではないでしょうか。

本記事では、「お手を煩わせる」の意味や読み方について紹介しています。また、「お手を煩わせる」の使い方をシーン別に解説しています。

この記事を読むことで、「お手を煩わせる」の意味や読み方を知ることができるでしょう。例文を交えて「お手を煩わせる」の使い方を学んでいきましょう。

「お手を煩わせる」の使い方やビジネスシーンでの取り入れ方に迷っている方は、是非この記事を読んでみてください。

「お手を煩わせる」の意味・読み方

「お手を煩わせる」の意味とは?読み方・例文・英語表現なども紹介

「お手を煩わせる」の意味は、「相手に迷惑をかけてしまうことや、手間をかけてしまうことへの謝罪」の意味が含まれています。

「煩わせる」は「わずらわせる」と読み、意味は、「不快な思いや、わざわざしなくても良いことをしなければならないような面倒事」などを表します。

「お手を煩わせる」は口語としても文語としても使われている表現です。堅苦しく感じる方もいますが、ビジネスシーンではよく使われている表現なので使い方をマスターしておきましょう。

「お手を煩わせる」は敬語表現?

「お手を煩わせる」とは、頼みごとをするときにおいて、よく使われている敬語表現です。「手を煩わせる」の丁寧語として使われており、「面倒をかける」や「手間を取らせる」というような意味合いで使います。

「お手を煩わせる」という表現は、日常の会話でもよく使われていますが、特にビジネスシーンで耳にすることが多いです。

例えば、「手間をかけさせてしまい、すみません」というよりは、「お手を煩わせてしまい」と使うほうがスマートに聞こえるでしょう。相手に手間をかけさせてしまったときは、「お手を煩わせる」を使うと良いでしょう。

「お手を煩わせる」の使い方

「お手を煩わせる」は、感謝や謝罪、依頼などさまざまなシーンで使える便利な表現です。目上の相手や取引先の方など、丁寧な言葉で接したいときに使いましょう。

ここでは、「お手を煩わせる」の使い方をそれぞれ紹介します。ビジネスシーンでは、メールでも口頭でもどちらでも使いやすい言葉なので、使い方をマスターしておくと良いでしょう。

依頼をする場合

目上の相手に何かを依頼する場合、クッション言葉として「お手を煩わせる」を使うことができます。

相手にとって負担となる仕事を依頼するときや、本来は相手にとってやらなくて良い作業をお願いするときに使うと効果的です。

相手にとって手間だとわかっているけど、依頼したいときに活用できます。

  • お手を煩わせてしまいますが、こちらのアンケートにご協力いただけますでしょうか

感謝を伝える場合

何か負担させてしまったことに対して感謝を伝えたいときには、「お手を煩わせ」てしまったことへの謝罪と感謝をセットで伝えましょう。

  • お手を煩わせてしまいましたが、無事に解決しました。ありがとうございました

支援を断る場合

支援を断る場合でも、「お手を煩わせる」を使うことで申し訳ない気持ちを相手に伝えられるメリットがあります。

例文のように、相手に配慮していることを強調すると良いでしょう。

次のページ:「お手を煩わせる」を使った例文

初回公開日:2017年07月10日

記載されている内容は2022年11月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests