Search

検索したいワードを入力してください

「参考までに」の意味や使い方とは?類語や言い換え表現もあわせて紹介

更新日:2023年09月25日

「参考までに」という言葉にはどのような意味や使い方があるのでしょうか。本記事では「参考までに」の意味や使い方、使う際の注意点、「参考までに」の類語や言い換え表現などを紹介していくため、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

「ご参照程度に」という表現では、「参照」に対して「程度に」という「軽い度合い」を意味する言葉が組み合わされています。そのため、「宜しければ参照してください」というようなニュアンスがあります。

「お目通しください」

「お目通しください」という表現で言い換える場合、「参考までに」よりもしっかりと資料を確認してもらいたいというニュアンスになります。

必ず目を通してもらいたい場合には「参考までに」ではなく「お目通しください」を用いるようにしましょう。

「参考までに」の英語表現

ビジネスシーンでは英語のメールを書くケースもあるでしょう。それでは「参考までに」と英語で表現したい場合、どのような文章になるのでしょうか。

ここでは最後に、「参考までに」の英語表現について紹介していきます。

for your information

「for your information」は、「ご参考までに」「参考情報として」という意味で用いられます。ビジネスメールなどでは「FYI」と略されることも多いです。

for your reference

「for your reference」も「for your information」とほぼ同じように用いられます。ビジネスメールでは「FYR」と略されることも多いです。

for your information and guidance

「for your information and guidance」は、「情報および指針としてご参考までに」という意味で用いられます。ビジネスメールなどでは「FYIG」と略されることも多いです。

「ご参考までに」を使いこなそう!

参考までに、という表現のニュアンスをご理解いただけたでしょうか。最初は親しい上司や先輩にチェックしてもらいましょう。

相手に「+α」のサポートをしようという、素敵な心遣いの表現なので、使いこなせるようになりましょう。

初回公開日:2017年09月08日

記載されている内容は2017年09月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests