Search

検索したいワードを入力してください

「お含みおきください」の意味と使い方|シーン別から見る例文も紹介

更新日:2023年09月26日

「お含みおきください」という言葉にはどのような意味や使い方があるのでしょうか。本記事では「お含みおきください」の意味や使い方、「お含みおきください」を用いる際の注意点などを紹介していくため、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

「お含みおきくださいにはどんな意味がある?」
「お含みおきくださいはどんな風に使えばいい?」
「お含みおきくださいを言い換える場合にはどんな表現がある?」
このように、「お含みおきください」の意味や使い方について詳しく知りたいという人も多いのではないでしょうか。

本記事では、「お含みおきください」の意味や使い方について解説します。この記事を読むことで、「お含みおきください」をどのように使用すれば良いのか把握できるでしょう。

また、「お含みおきください」の類語や言い換え表現についても紹介するため、シーンに合わせた適切な言い換え表現についても把握できるでしょう。

「お含みおきください」の意味や使い方について知りたい人は、是非この記事をチェックしてみて下さい。

「お含みおきください」の意味

「お含みおきください」は、ビジネスではよく使われる表現です。しかし、意味はなんとなくわかっていても、どのようなシーンで使えばいいのかわからないという声もよく聞かれます。

「お含みおきください」は、相手に何かを説明したり、話したりしたあと、理解を求めたり、「心に留めておいてくださいね」「忘れないでくださいね」と念を押すときに用いる言葉です。

とても丁寧な表現で、目上の人に使っても失礼にはなりません。

「お含みおきください」の敬語は正しい?

「お含みおきください」とは、「含みおき」という言葉に「お」を付けた尊敬の表現となります。そのため、「お含みおきください」は正しい敬語となります。

なお、「ご承知おきください」も同様の意味で用いられることが多いです。

「お含みおきください」の使い方

日常生活で「お含みおきください」という言葉をあまり耳にしたことがないという人も多いでしょう。それでは、具体的にどのように用いられる言葉なのでしょうか。

ここでは「お含みおきください」の使い方について解説していきます。

注意喚起するときに使う

「お含みおきください」は、情報を提供するときに用ることがあります。例えば、企業が新しいサービスを行うことになったとき、「○月○日より、新しいサービスを行うことになりました」などと新サービスを告知、「お含みおきください」で締めくくります。

サービス中止の情報、交通機関運休情報の提供など、顧客や消費者にとってありがたくない情報を提供する際は、注意喚起として「お含みおきください」を使うこともあります。

契約内容の確認を促すときに使う

「お含みおきください」は、注意喚起としてだけではなく、契約内容の確認を促すときに使用されることもあります。

不動産の賃貸契約、スポーツクラブの入会契約、クレジットカードの入会契約など、私たちのまわりには契約があふれています。「お含みおきください」は、契約内容を記した約款や注意書きなどに用いられることも多いですが、この場合は、契約内容の確認を促す意味があります。

消費者に向けた商品説明をするときに使う

商品には、たいていの場合、説明書がついています。家電や機械類などには分厚い取扱説明書がついていますし、そこまで大仰でなくても、紙切れ一枚程度の説明書がついてくる商品はたくさんあります。

商品の説明書には、商品の扱い方法、修理や保証についてなどが書かれており、最後のほうに「お含みおきください」の文が見られます。消費者に向けて、「そういうことなのでよろしくお願いします」というニュアンスです。

取引先へのメールを送るときに使う

今や、取引先とメールのやり取りをするのは当たり前です。もちろん、友人に出すのと同じ感覚のメールを取引先に送ることは許されません。社会人としての常識を疑われてしまいます。

取引先へのメールは、目上の人に対して用いる丁寧な言葉を使うのは基本です。長い文言になることもあれば、ちょっとした連絡事項を伝える短い文のこともあるでしょうが、「お含みおきください」を使うと、とても丁寧な印象になります。

上司への連絡を行うときに使う

「お含みおきください」は口語表現ではないため、会話の中ではなく、どちらかというとメールを含む文書の中で使うのが一般的です。

もちろん、上司に対しても「お含みおきください」は丁寧な言い回しとして使用できますが、会話中で用いると、嫌味な感じに受け取られることもあるので、注意してください。報告のメールや文書などに上手に用いるといいでしょう。

次のページ:シーン別から見る「お含みおきください」の例文

初回公開日:2017年11月17日

記載されている内容は2017年11月17日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests