Search

検索したいワードを入力してください

「お忙しいところ恐れ入りますが」の意味とは?使い方・例文を解説

更新日:2023年10月05日

「お忙しいところ恐れ入りますが」という言葉の意味を正しく知りたいという方も多いのではないでしょうか。本記事では「お忙しいところ恐れ入りますが」の意味や例文、注意点など紹介していきます。ビジネスシーンではよく使うフレーズであるため、この機会に正しく覚えましょう。

「ご多忙のところ恐縮でございますが」

「多忙」は、非常に忙しいこと、「恐縮」は、申し訳なさや気恥しさから身のすくむような気持ちでいる、という意味です。

「ご多忙のところ恐縮でございますが」も「忙しいところ申し訳ない気持ちを持っていますが」という意味になるため、「お忙しいところ恐れ入りますが」の言い換えとして使用できます。

「お忙しいところ恐れ入りますが」の意味を理解して正しい場面で使いましょう

「お忙しいところ恐れ入りますが」は、申し訳ないという気持ちを表すのと同時に、相手の状態に気を配る言葉です。ビジネスのやりとりを円滑に進めるためには、こういったクッション言葉が大きな役割を果たします。

相手に確認をお願いしたいときや返事が欲しいときなど、使えるタイミングが多い言葉でもあります。「お忙しいところ恐れ入りますが」を適切な場面で使用して、気持ちよくやりとりをしましょう。

初回公開日:2017年12月16日

記載されている内容は2022年11月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests