Search

検索したいワードを入力してください

出向契約とは・出向契約書の作り方・印紙は必要?解除方法

更新日:2020年07月08日

現在、出向中の人や会社から突然出向を命じられた場合、契約内容がよくわからなくて不安になったことがある人も多いのではないでしょうか。「出向」「転籍」などの言葉の意味や内容について説明しています。出向に関する内容についての疑問解消に役立ててください。

出向期間の設定は会社ごとによって異なります、通常は出向元と出向先との契約がありますので、出向の該当になっている従業員がどれくらいの期間業務を行えば該当の業務が終了するのかということが基準となってきます。

出向に関しては、人事担当者が内容の詳細を把握していない状態で従業員に出向を命じていることも多く、企業によっては詳細の期間を知らされないまま出向に至るケースも少なくありません。

出向期間はその性質上従業員側が設定できるものではありませんが、出向を命じられた時は、出向期間を確認しておいたほうがおすすめです。

疑問なことは出向前に確認しておきましょう

会社と従業員の間で雇用契約を交わし、仕事を行うということは会社からの業務命令は基本的に断ることはできません。出向も業務命令の一環なので、そこの会社に在職する限りは基本的に断れるものではないのです。

出向は、会社の就業規則など会社のルールに則っているものなのですが、就業規則の整備が十分ではない企業も存在します。そのため、出向期間を明確にしないまま出向になり、いつ出向元に戻れるのかわからないまま業務を続けている人も実際に存在します。

不要なトラブルを避けるために、企業側も従業員側も出向前にわからない内容はしっかりと確認をしておくことが大切です。労働契約法という労働に関する法律の中に出向に関する条項もあるのですが、刑事罰などの対象や労働基準監督署による指導が発生する法律ではありません。

そのため、出向の辞令がおりたときは、会社の就業規則を理解し疑問な点は事前に会社側に確認しておくことが大切です。

初回公開日:2017年10月04日

記載されている内容は2017年10月04日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests