Search

検索したいワードを入力してください

試用期間6ヶ月は長い?平均日数や雇用形態についても詳しく解説!

更新日:2022年09月17日

試用期間が6ヶ月とされている場合、それは長いのでしょうか。本記事では、この試用期間6ヶ月についての基礎知識や注意点などのポイントを紹介します。契約社員のケースについてや試用期間中の解雇などついて、疑問や不安を持っている場合は是非読んでみてください。

「試用期間6ヶ月は長い?その理由は?」
「正社員の場合だけでなく、契約社員の試用期間は?」
「試用期間中に解雇されたり、自分から退職したりすることはできる?」
このように、試用期間について疑問や不安を持っているのではないでしょうか。

本記事では、働き始める際に疑問に思うことが多い試用期間について、その意味や目的、平均日数を解説していきます。

この記事を読むことで、働き始めてから試用期間が終わるまでの具体的なイメージができるようになり、試用期間中の社会保険や注意点なども併せて知ることで疑問や不安がなくなるでしょう。

是非最後まで読んで、心配事のない状態で新しい仕事を始めましょう。

試用期間6ヶ月の企業が多い理由や目的を詳しく解説!

試用期間6ヶ月の企業が多い理由や、その目的はどのようなものでしょうか。これについて尋ねられる人がおらず、6ヶ月という期間が長いのか短いのか、判断できない人もいるのではないでしょうか。

試用期間と研修期間の違いについて理解することで、働き始めの不安を減らすことができますので、細かく解説していきます。

しっかり読んで理解し、試用期間が始まる前に心配なことはなくしておきましょう。

試用期間の目的と平均日数

試用期間はそれぞれの企業の方針などに基づいて策定されます。そのため、企業によって多少の違いがあり、それは期間や給与などに及ぶ例が多いです。また、業務内容も限定的になるなど、試用期間であることの影響は多岐に渡ります。

ここからは、試用期間の目的と平均日数、研修期間との違いについて細かく解説していきます。試用期間は企業側に都合の良い制度と認識されていることも多いようですが、実際は雇われる側にも必要な期間であることをしっかり理解しましょう。

試用期間とは?

試用期間とは、新しく人を雇う際に企業側が一定期間働かせた上で、勤務態度や適性を判断するための期間です。

パートやアルバイトのような非正規の採用から、新入社員採用、中途採用まで様々な形態での採用時に用いられます。研修期間や見習い期間など、企業により呼び方が異なる場合があります。

書類選考や面接だけでは、実際に企業に合う人材かどうかを見極めることは難しいでしょう。そのため、試用期間を設けて検討する場合があります。

試用期間の目的

試用期間の目的は、書類選考や面接だけでは全て把握しきれない実際の能力や適正を見極めることです。

経歴や面接での受け答えはしっかりしているが、実際の能力が企業側の求めているレベルを満たさない場合があります。このような場合には、業務を満足できるレベルでこなせなかったり、能力以上の待遇をしてしまったりするリスクがあります。

試用期間は、このような事態を正式採用前に避けることが目的です。

試用期間の平均日数

試用期間の平均日数は、3ヶ月から6ヶ月程度です。

1ヶ月から6ヶ月程度の幅で決めている企業が多く、その中でも3ヶ月から6ヶ月というのが一般的な試用期間です。この記事で取り上げている試用期間6ヶ月は、決して長過ぎるわけではありません。中には、12ヶ月の試用期間を設けている企業もあるということからもわかります。

試用期間については労働基準法などの法律で定められておらず、一般的な長さや企業の方針によって定められています。

試用期間と研修期間の違い

次のページ:試用期間6ヶ月の企業が多い理由

初回公開日:2022年04月18日

記載されている内容は2022年04月18日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests