Search

検索したいワードを入力してください

「受け取る」の敬語表現・正しい使い方など・例文6例

初回公開日:2017年10月04日

更新日:2020年06月02日

記載されている内容は2017年10月04日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

「受け取る」を敬語表現した言い回しは、簡単に使いこなせるものから使い方が難解なものまで数多く存在します。どのような相手に、どのような場面で、どのような敬語を使い、送り側にも「受け取る」気持ちが伝えられるかを、実際のビジネスシーンを交え、詳しく紹介します。

「受け取る」の敬語表現とは

「受け取る」の敬語表現・正しい使い方など・例文6例
※画像はイメージです

「受け取る」には丁寧語・尊敬語・謙譲語の表現があり、使い分けをするにはコツが必要です。一見複雑に見えますが、整理すれば難しくありませんので、順を追って見ていけば大丈夫です。

敬語表現は使い方を間違えると失礼にもなりかねません。シチュエーションに応じた「受け取る」の表現を知って正しく使いこなしましょう。

ビジネスにおける使われ方

ビジネスにおいては、場面と相手を見て「受け取る」を使い分けます。受け取るものは品物、書類、金銭など、幅広い物に対して使われます。具体的に考えてみましょう。

簡潔に敬意を示すなら丁寧語、相手を敬う表現をするには尊敬語、自分がへりくだって敬意を表すなら謙譲語を使います。つまり同僚や先輩相手には丁寧語、目上の人や取引先相手には尊敬語や謙譲語と使い分けます。

「受け取る」の丁寧語

「受け取る」の丁寧語には「受け取ります」があります。「受け取る」+「ます」で丁寧さを表します。

同僚や先輩に使えるシンプルな敬語です。特別に高い敬意を表しているわけではなく、簡潔に事実を伝える表現です。業務連絡の際に使うにも最適です。

「受け取る」の尊敬語

「受け取る」の尊敬語は「お受け取りください」「お納めください」です。目上の人や取引先相手に敬意を表す表現です。相手に渡す場合に使います。

「お受け取りいただく」という表現は、尊敬語「お受け取り」+謙譲語「いただく」の組み合わせで、「受け取ってもらう」という意味で使えます。

「受け取る」の謙譲語

「受け取る」の謙譲語は「いただく」「頂戴する」です。自分が受け取る際に使います。へりくだって敬意を表す、目上の人や取引先相手に対し失礼のない表現です。自分が渡す際には使わないよう気を付けましょう。

自分が受け取る際に「お〜する」の形で謙譲語の表現として「お受け取りします」「お受け取りいたします」というのも誤りではありませんが、あまり使われません。

「受け取る」の敬語例文

「受け取る」の敬語表現を使った具体的な例文を紹介します。まずは相手から受け取る場合、次に相手に渡す場合という順に見ていきます。

立場によって変わる「受け取る」の色々な表現と正しい使い方を理解して、臨機応変に「受け取る」を使いこなせるようになりましょう。ポイントがわかればうまく使いこなすことができるようになり、ビジネスの場面で役に立ちます。

相手から受け取る場合

相手から受け取る場合に使える、丁寧語と謙譲語を使った具体例を3種類紹介します。類義語も多く幅広い表現のある「受け取る」も、使い方さえ覚えておけば難しいことはありません。

「受け取ります」「受領いたします」「頂戴します」の順に、敬意の軽い表現から解説します。賢く使い分けましょう。

例文1:「受け取りました」

・会議の資料、受け取りました。
・伝言を受け取りました。
・備品の小包を受け取りました。


「受け取る」に丁寧語の「ます」を加えた表現です。同僚や先輩など、近い関係の相手に使うのに適した簡潔な敬語です。特別丁寧な言葉遣いではありません。

例文2:「受領いたしました」

・新製品の資料、受領いたしました。
・販促グッズと商品ポップを受領いたしました。
・本日ご契約金を受領いたしました。


「受け取る」と同義語の「受領」に「する」の謙譲語「いたします」を加えた表現です。書類、品物、金銭の受け取りに幅広く使えます。

例文3:「頂戴しました」

・お見舞いの品を頂戴しました。
・お祝いの言葉を頂戴しました。
・喜んで頂戴します。


「受け取る」の謙譲語「頂戴する」を使います。目上の人や取引先にも失礼のない表現です。

注意したいのは「頂戴いたします」で、これは謙譲語+謙譲語の二重敬語となり誤りです。また「受け取らせていただきます」のような表現は、「受け取る」+「させる」+「いただく」+「ます」と非常に回りくどいですので避けます。

相手に渡す場合

相手に渡す場合に使える「受け取る」の丁寧語と尊敬語を用いた具体例を、3種類紹介します。パターンを覚えてしまえば、簡単に使い分けができます。

「お受け取りください」「お納めください」「ご査収ください」の順に見ていきます。また「査収」という言葉には単なる「受け取る」以上の意味がありますから、こちらも合わせて解説します。

Latests