Search

検索したいワードを入力してください

「知る」の正しい敬語表現|謙譲語/尊敬語/丁寧語・活用例文

初回公開日:2017年10月24日

更新日:2020年08月14日

記載されている内容は2017年10月24日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

「知る」という言葉は使い勝手がよく、日常会話中でもよく飛び交う言葉です。しかし、この「知る」を謙譲語や尊敬語といった敬語表現で用いるとなった場合、急激に難易度が上がります。そこで、今回はこの尊敬語や謙譲語における「知る」の使い方や例文を紹介します。

「知る」の正しい敬語表現

あらゆる場面において使われる頻度が高い言葉というのは、どのような言語においても存在します。日本語の場合は「知る」がその一つと言えるでしょう。日常会話中の切り出し方でも「そういえば、○○が××なんだけど知ってた?」なんていう何気ない部分で使われるので、頻度は想像以上に高いものとなります。

しかし、自分の同期や友達の場合は、特に意識すること無く「知る」という言葉を使えますが、上司や目上の人を交えての会話になると使い勝手が急激に悪くなります。それは謙譲語・尊敬語・丁寧語といった使い分けが非常に難しいからです。それでは、この「知る」という言葉の正しい敬語表現を考えていきましょう。

謙譲語の場合は

謙譲語にした「知る」は「存じ上げる」と「存じる」になります。営業マンや会社の上司との会話中ならばこの「存じ上げる」という言葉も使われるでしょうが、日常生活におけるふとした会話の中ではなかなか使われないのでは無いでしょうか。むしろ使ったら「堅苦しすぎる」と思われるでしょう。

具体的な使い方としては、上司や取引先との会話中に出てきた話題を、「自分が」知っているのなら謙譲語を使います。「そのお話なら、存じ上げております」という切り返しになるでしょう。

尊敬語と謙譲語を完璧に使い分けられている人はなかなかいないので、この言葉を「知る」の代わりに使いこなせている人はなかなかいないでしょう。

また、この謙譲語はなかなかにやっかいで、「存じ上げる」と「存じる」でも違いがあります。同じ謙譲語ではありますが、「存じ上げる」は対象が人です。「存じる」の場合は対象がものになります。通説ではありますが、現代日本ではこのように「知る」の謙譲語は使い分けされているので、マスターしたい方は意識して話すようにしてください。

尊敬語の場合は

尊敬語は相手のことをたてるときに使う言葉で、このときは「知る」が「お知りになる」か「ご存知」に変わります。自分から切り出した会話を上司や取引先の人が知っているか同化を確認する場合は「ご存知でしたか?」という言葉を盛り込むことになります。

尊敬語の表現の方法として「お(ご)~ある(する)」というものがあるので、「お知りになる」という言葉が「知る」の代わりになるのですが、一般的に「お知りになる」という言葉を使っている人はほとんどいません。

このため、「知る」の尊敬語を用いたい場合は「ご存知」という言葉を用いてください。こちらはかなり使い勝手がいいので、相手をたてる場面で「知る」という言葉を使いたいのなら、自然に使えるようにしておきましょう。

お知りになるは駄目?

「知る」の尊敬語には「お知りになる」というのもありますが、ほとんどの人たちが知っていたとしても使っていません。使用頻度が低いため、人によっては知らないという方もいるでしょう。

また、「お知りになる」が「お尻になる」という言葉に聞こえてしまうため、使われないという説もあります。「お知りでいらっしゃる」という言葉も、「知る」の尊敬語として使えるのですが、こちらもどうも「お尻でいらっしゃる」と勘違いされてしまうこともあるので、使い勝手がかなり悪いです。

そのため、言葉として用いるのでは無く、メールのように字体で表現できる場面以外で使わない方がいいでしょう。こちらが意識して話していても、相手からマイナス印象を抱かれるのは良くありません。

丁寧語の場合は

「知る」の尊敬語は、会社の上司を交えての会話が多い人なら、よく使う言葉でしょう。それは「です・ます」調になるので「知っています」となります。とっても使い勝手がいいので、敬語を使う必要があるという場面では、普通使われています。

「知る」の謙譲語や尊敬語を使った活用例文

「知る」の正しい敬語表現|謙譲語/尊敬語/丁寧語・活用例文
※画像はイメージです

それでは、具体的にこの「知る」を使った敬語表現の活用例を記載していきます。ビジネスシーンの中で使われることが多いので、仕事場をイメージするとわかりわかりやすいでしょう。

謙譲語の例文

新人の社員が電話番を言い渡されて、自分の上司が不在の時にその上司に電話がかかってきたときの対応例となります。「○○会社の××です。□□部長の△△の件についてのご相談が~」という話題になったとき、具体的な内容を詳しく知りたい時に使うことになります。

「その△△の件について、部長□□はすでに存じておりますか?」といった使い方になります。「知る」の丁寧語である「知っていますか?」という使い方でも問題ないでしょうが、より正確に言葉を選びたいのならこちらになるでしょう。

また、「ご存じでしょうか?」と「知る」の尊敬語を使ってしまうことも多いのですが、これは自分の身内である上司の行為に使われるものとなっているので、誤りと判断できます。ここら辺はかなり難しいので、そのようなものだという認識でいいでしょう。

尊敬語の例文

ここでは、社会人のよくある場面を考えていきましょう。「知る」という言葉は使用頻度がとても高いので、ちょっとした問い合わせや確認の場合にも使い分ける必要が出てくるでしょう。尊敬語の使い方は相手が知っているかどうかを確認したい場面です。

つまり、「知っていますか?」という表現を使いたい場面で用いるのが正解となります。具体的には、自分たちの仕事を一緒に進めている担当者が不在だけど、どうしてもその件で話を進めたい場合に「ほかに、△△の件をよくご存じの方をお願いできるでしょうか」となります。

ここで「ほかに、△△の件をよくご存知の方をお願いできるでしょうか」を「存じ上げる方をお願いできるでしょうか」にはなりません。謙譲語は相手の行為に対して用いるものなので、自分たち側の行動に対しての「知る」という言葉を用いるときは「ご存知」になります。

使う場面に困る「知る」の敬語表現

「知る」の正しい敬語表現|謙譲語/尊敬語/丁寧語・活用例文
※画像はイメージです

「知る」という言葉の敬語は状況次第では、使い方に困ってしまう場面もあります。そこで、その具体例を一つ紹介しましょう。社会人になると、この具体例に似た場面に多々遭遇してしまいます。

お知りになるが必要になる場面は困る

Latests