Search

検索したいワードを入力してください

「知りました」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現

更新日:2023年11月08日

「知りました」の敬語を普段の会話の中で使うことができないのであれば、周りの人に自分の率直な意見を伝えることも難しいということができるでしょう。コミュニケーション能力を向上させるためにも、この記事から「知りました」の敬語や使い方について調べましょう。

「知りました」の敬語表現とは?

「知りました」という言葉は、職場の中でも必ずと言っていいほど使うことができなければならないフレーズということができるでしょう。実際のところ、気づかなかったとしても「知りました」という言葉を使いながら生活を送っていることになるからです。

しかし 「知りました」の敬語表現をしっかりと理解していなければ、職場の上司など目上の人と会話をしている時に、相手に対して失礼な発言をしてしまうことになりかねません。そのため「知りました」の敬語表現についての理解を深めることは、一人の大人として大切なことと言えるでしょう。

では「知りました」の敬語表現について質問されたのであれば、あなたは正確な敬語表現を答えることができるでしょうか。もし、難しいと感じるのであれば「知りました」の敬語表現について一度しっかりと学ぶ必要があると言えるでしょう。

これから「知りました」の敬語表現を詳しく紹介します。

「知りました」も敬語

「知りました」という言葉を会話の中で使うことに抵抗感を覚える人がいるのも少なくありません。それでも、結論から言うのであれば「知りました」もしっかりとした敬語になります。

そのため「知りました」という言葉であったとしても、職場の上司に対して使うことができると言えるでしょう。しかし「知りました」というフレーズ以外にも、もっと深い敬意が含まれている傾向があるのも事実です。

そのため「知りました」という言葉を使うことに抵抗を覚えるような目上の人と話しているのであれば、他の敬語表現に精通する必要があると言えるでしょう。敬語表現でもいろんな種類があるので、自分の言葉にバリエーションを持たせることで敬意を示せるようになります。

「知りました」の敬語での使い方

「知りました」という言葉の敬語表現について理解することができていたとしても、使い方に精通しているとは限りません。どういうことかと言いますと、知識としての情報を終えている人が、必ずしも「知りました」の敬語表現を使いこなすことができるという意味ではありません。

そのため「知りました」も敬語の1つであることを理解することができましたが、他にも「知りました」の敬語表現があることを認める必要があります。そして、別のフレーズの使い方を調べることによって、いろんな状況で「知りました」の敬語表現を使うことができるようになることでしょう。

敬語の種類

ある人たちは「知りました」だけが敬語表現であって、他には敬語表現に当たるフレーズが存在しないと考えています。実際のところ、それは正しい考え方ではありません。そのため「知りました」の別の敬語表現にすることは非常に重要です。

どんな人であったとしても「知りました」というフレーズだけを何度も会話の中で使われているのを聞くことがあれば「この人本当に意味がわかっているのかな」と疑問に感じてしまうのではないでしょうか。

そのため、周りの人に与える自分の印象を上げるためにも「知りました」の別の種類の敬語表現を学ぶ必要があると言えるでしょう。そのようにして、職場の同僚との人間関係も向上させていくことができるに違いありません。

ご存知

「知りました」は「ご存知」という言葉で置き換えることができます。例えば「すでにご存知のとおり」と言う敬語表現を使うことによって「すでに知っておられるとおり」という意味を相手に対して伝えることが可能になります。

非常に簡単な仕方で 「知りました」を岡野圭吾に言い換えることができると言えるのではないでしょうか。実際のところ、このフレーズの意味は「知りました」とほとんど同じなので、会話の中に取り入れやすいということができるでしょう。

使い方

「知りました」のいろんな敬語表現について知ることができていたとしても、実際に会話の中でそれならフレーズを使うことに恥ずかしさや、恐れを抱いている人がいるのも事実です。そのような感情は、間違うことを恐れていることから生じてしまうことが少なくありません。

そのため「知りました」の敬語表現をするだけではなくて、それなの表現をどのようにして会話の中で使うことができるのか理解することも非常に重要と言えるでしょう。具体的にどんな状況で敬語表現を使うことができるのか詳しく紹介します。

昨日知りました

単純な使い方は「昨日知りました」になります。このフレーズをどのような状況の中で使うことができるのでしょうか。普段の友達と会話をしている時にも使用することができると言えるでしょう。

例えば「課長が転勤になること知ってる」と職場の同僚から質問をされたとしましょう。当然ながら、課長の転勤の話について知っているのかどうか答えなければいけないことになります。もし、その転勤の話について知っているのであれば、どのようにして答えることができるのでしょうか。

そんな時に役立つのが「昨日知りました」という敬語表現になります。このフレーズが便利だと言える理由はいくつかあります。相手に対して転勤の話を知っているという事実を伝えることができるだけではなくて、いつから、その事実を知ることができるようになったかを相手に対して伝えることが可能になります。

メールでの使い方

メールの中の言葉遣いは非常に独特な場合があると感じられるのではないでしょうか。普段の中で使っている言葉であったとしても、メールの中の文章の形で使うことによって、相手に意味が伝わりにくくなってしまう場合も少なくありません。

また、別のケースですと、普段の会話の中で使用している言葉をメールの文章の形で使用することによって、相手に対して間違った言葉遣いをしてしまう可能性もあります。しかし、そのようなメールを送りたい人は一人もいないはずです。

そのような間違いを避けるためにも、どのような正確な敬語表現で「知りました」を言い換えることができるのかを詳しく紹介します。今後の生活で必ず役に立つ情報を見つけることができるはずです。

その件については存じ上げております

次のページ:「知りました」を敬語表現するときの例文とは?

初回公開日:2018年02月19日

記載されている内容は2018年02月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests