Search

検索したいワードを入力してください

「末永くお幸せに」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現

更新日:2023年11月08日

誰かを祝福してあげたい時に「末永くお幸せに」という言葉を使うことがあります。よく考えてみると、この言葉は重要な場面でも使うことができるのか不安になることはありませんか。この記事から「末永くお幸せに」や敬意表現の理解を深めることができるでしょう。

「末永くお幸せに」の敬語表現とは?

「末永くお幸せに」というフレーズを聞くと、嬉しく感じるのではないでしょうか。もちろん、この表現を毎日の生活の中で使うことができるわけではありませんが、このフレーズが使われているときは、いつでも幸せが訪れている時です。

しかし「末永くお幸せに」という言葉をどのように敬語表現で言い換えることができるのか知らなければ、重要な場面で「末永くお幸せに」が使えないことになってしまいます。

では「末永くお幸せに」の敬語表現には、どのようなフレーズがあるのでしょうか。詳しく紹介します。

「末永くお幸せに」の敬語表現にする工夫

「末永くお幸せに」という言葉だとフランクすぎるイメージがあります。そのため「末永くお幸せに」を敬語表現で言い換える必要がありますが、どのような表現を使うことができるのでしょうか。

例えば「末永くお幸せになられることを」というフレーズを使うことができるでしょう。そのようにすることによって、このフレーズの後半に、他の敬語表現を加えることができるようになります。

そして、後半に来る文章によって、相手に与える印象が大きく異なりますので、目上の人に対してこのフレーズを言いたいのであれば、後半の部分に敬語を加えることができるでしょう。

「末永くお幸せに」の敬語での使い方とは?

「末永くお幸せに」という言葉を具体的にどのような敬語に言い換えることができるのか紹介します。

紹介された例文や敬語の種類をしっかりと理解して覚えておくなら、今後の生活で必ず役立つに違いありません。

特に、最近ですと、言葉遣いによって仕事ができるかどうか判断されることもあるので「末永くお幸せに」の敬語表現を知ることは非常に重要になってきます。

「末永くお幸せに」の敬語の言い方

「末永くお幸せに」という言葉を敬語の表現に言い換えるのであれば「末永くお幸せになられることを祈っております」になります。

そのため、大切な式などに出席しているときには「末永くお幸せになられることを祈っております」というフレーズを言うことができるでしょう。

もちろん「末永くお幸せに」というフレーズも間違いではありませんが、もっと正式なフレーズを使いたいのであれば「末永くお幸せになられることを祈っております」の方が優れていることになります。

この表現はちゃんとした敬語なので、このフレーズを言われている人は、不快に感じることはないでしょう。

「末永くお幸せに」の使い方

「末永くお幸せに」というフレーズをどのようにして使うことができるのでしょうか。そのまま使うこともできます。

簡単すぎる方法だと感じられる可能性もありますが「末永くお幸せに」という言葉をそのまま使っている人がいます。

結婚式に出席した時に友人が挨拶をする時があります。今までの新郎新婦との思い出を語ったりするわけですが、スピーチの締めくくりとして、どのようなフレーズを使っている人が多いですか。

多くの人は「末永くお幸せに」というフレーズを使っています。確かに、よく考えてみると敬語表現に感じられない可能性もありますが、多くの場合は、意味について深く考えることなくこのフレーズが使われていることになります。

伝えたい意味については多くの人が理解することができるので、あまり深い意味について気にしないのであれば「末永くお幸せに」で充分ということもできるでしょう。

メールでの使い方とは?

メールの中で「末永くお幸せに」という言葉は使うことができるのでしょうか。正式な敬語表現ではないので「末永くお幸せに」をメールに書いて良いのかどうか迷うことがあるはずです。

しかも、メールでメッセージを送るのであれば、送ったメッセージは、その後も残ることになります。そのため、正しい言葉遣いでメッセージを打つことや、友達を祝福して上げることができなければなりません。

ではメールで「末永くお幸せに」が使えるのかどうか正確に理解しましょう。特に、最近ではメールで祝福のメッセージが送られることが多いので、実用的な情報になります。

親しい友達であればそのままで大丈夫

メールを送る相手が親しい友達なのであれば「末永くお幸せに」というフレーズをそのまま使うことができるでしょう。

むしろ「末永くお幸せに」と言う表現の方が親しみが込められていることを受け取る人は感じることができるはずです。

そのため、普段から親しくしている人が結婚するのであれば「結婚おめでとう、末永くお幸せに」と気軽にメールを送ってあげましょう。

不必要に気を使って敬語表現を使ってしまうのであれば、友達を遠ざけているイメージを与えかねないので、言葉遣いに注意する必要があるのも事実です。

年賀状での使い方とは?

年賀状は一年に一度だけ書くことのできる手紙のようなものです。

しかし、その年賀状の言葉遣いによっては、相手に与える自分のイメージも変わってくるので「末永くお幸せに」を使えるのかどうか気になります。

「末永くお幸せに」も使用可能

次のページ:「末永くお幸せに」を敬語表現するときの例文とは?

初回公開日:2018年02月07日

記載されている内容は2018年02月07日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests