Search

検索したいワードを入力してください

「必要ない」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現例

初回公開日:2018年02月13日

更新日:2020年02月21日

記載されている内容は2018年02月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

「必要ない」の敬語を知らなければ、周りの人に自分の率直な気持ちを伝えることができません。自分の気持ちを周りの人に伝えられなければ、ストレスがどんどん溜まってしまうことでしょう。そのような事態を避けるためにも、この記事から「必要ない」の敬語について学びましょう。

「必要ない」の敬語表現とは?

「必要ない」という言葉を使うのは非常に大切なことです。この表現を使うことができなければ、自分にとって何が必要で、何が必要でないかについて表現することができなくなってしまうからです。

しかし、場合によっては、自分の意見を言うことよりも他の人の意見を受け入れることによって、安心感を感じている人がいるのも事実です。

でも、現実問題として会社の会議なので自分の意見をしたいと感じているものの、そうすることができていない人もいることでしょう。

そのような人が学ぶ必要のある表現として必要なのが「必要ない」というフレーズになります。この表現で率直の自分の意見を伝えることが可能になります。

でも、意見さえ伝えることができれば良いというわけではありません。言葉遣いが悪ければ、自分の意見が良かったとしても、相手に悪い印象を与えてしまうことになるからです。

これから「必要ない」の敬語表現を紹介します。

必要ありません

「必要ない」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現例
※画像はイメージです

「必要ない」というフレーズを敬語表現で言い換えたいのであれば「必要ありません」ということもできるでしょう。

伝えることのできる意味は同じです。それでも「必要ありません」ということによって、ある特定のものが自分は欲しいと感じていないことを相手に伝えることができます。

もしくは、そのものに自分が依存していないということも伝えることができるようになります。そのため、非常に便利な敬語表現になることがわかります。

不要です

場合によっては「不要です」というフレーズを使うことによっても「必要ない」と同じ意味を相手に対して伝えることが可能になります。

「必要ない」という言葉は他のフレーズを付け足すことによって敬語表現にすることが可能ですが「不要です」はもっと短い単語の中で敬語表現を完成することができています。

簡潔に自分の意思を相手に対して伝えたいのであれば「不要です」というフレーズを使うことができるでしょう。相手も意味を理解しやすいフレーズなので、時間が奪われることなくて嬉しく感じるはずです。

「必要ない」の敬語での使い方とは?

「必要ない」という言葉を敬語にすることができたとしても、実際に使うのは難しいことです。

でも、敬語を実際にどのようにして使うのか知ることができれば、普段の会話の中でも、ここで覚えた敬語表現を使ってみたいという気持ちになるのではないでしょうか。

では、これから「必要ない」の敬語表現の使い方について詳しく紹介します。職場の同僚との日常会話の中で役立つ情報を見つけることができるはずです。

「必要ない」の敬語の種類

「必要ない」という言葉を敬語に変える時には、いろんな敬語表現に変更することができるということを忘れてはなりません。

「必要ない」はいくつかの敬語表現に言い換えることができるからです。ある人たちは、敬語表現にバリエーションはないと考えていますが、実のところ、それは事実ではありません。

むしろ、たくさんのバリエーションがあるので「必要ない」の敬語表現に精通する必要が生じてくるでしょう。

必要ございません

「必要ない」は「必要ございません」というフレーズによっても表現することができます。「必要ございません」という敬語表現の方が、相手に対する敬意を深く示すことが可能になります。

そのため「必要ない」もしくは「必要ないです」ということによって不快に感じる人であったとしても「必要ございません」というフレーズを聞いた時には、不快に感じない場合が少なくありません。

目上の人と会話をしている時に使うことのできるフレーズになります。語尾に使われている「ございません」で相手に対する敬意が示されていることを忘れてはなりません。

使い方

「必要ない」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現例
※画像はイメージです

「必要ない」という言葉の敬語表現をいくつか理解することができましたが、実際の生活の中で使うためには、それぞれの例文をどのような状況で使うことができるかについて、深く理解していなければなりません。

状況次第で、ある特定の敬意表現は使うことができますし、状況によっては敬語表現が使えなくなってしまうような場合もあるからです。

これから「必要ない」の敬語表現を使うことのできる具体的な状況や例文を紹介します。

「必要ございませんので」で表現を柔らかくする

例えば「この書類いる」と上司から質問されたとします。自分の中で答えは決まっていて「必要ない」という意味を上司に対して伝えたいとします。

当然のことながら、職場の上司と会話をしているので敬語を使いながら自分の意思を伝えなければなりません。どのようなフレーズを使うことができますか。

このような場面で大活躍するのが「必要ございませんので」と言う敬語表現になります。「ただの必要ございません、で十分じゃないの」と感じておられる方もいるはずです。

確かにそのように感じられることもありますが、相手に与える印象が異なっていることに気づくことができますか。

「必要ございませんので」という敬語表現を使うことによって、その書類が必要ないので、持って行ってください、もしくは、処分してください、という意味を間接的に伝えることが可能になっています。

メールでの使い方とは?

「必要ない」という言葉をメールの中で使うことに気が引ける人がいるのも事実です。あまりにも単刀直入な表現なので、相手を傷つけてしまうのではないかと心配になっているからです。

それでも「必要ない」とメールを送る相手に対して伝えなければならない場面もあるでしょう。

そのような場面に直面したのであれば、どのようにして「必要ない」の敬語表現を使うことができるのでしょうか。

メールの中で使うことのできる具体的な敬語の表現を紹介します。

間に合っております

Latests