Search

検索したいワードを入力してください

「電話に出ない」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現例

初回公開日:2018年02月24日

更新日:2020年02月20日

記載されている内容は2018年02月24日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

ビジネス上で相手が電話に出ないとき、そのことを目上の人や上司に伝えるときにはどのような敬語表現を使っていますか。電話に出ないという言い方は正しい敬語ではありません。一人前の社会人になるためには敬語表現を使えることはとても重要です。

「電話に出ない」の敬語の表現

ビジネスをする上で、敬語の表現は必ず必要になります。仕事をしていると仕入先やお客様などと電話でやりとりをするシチュエーションはとても多くなりますが、相手が「電話に出ない」ことを敬語で表現する場合、どのような言い方を使っていますか?そもそも電話に出ないということの敬語ヴァージョンはあるのでしょうか。

ビジネス上では、電話に出ないことを電話にでなかったのでとはいうことはありません。失礼にあたいすることもありますので、十分に気をつける必要があります。では、電話でないの敬語表現についてご紹介しますのでぜひともご参考にしていただけましたら幸いです。

「電話に出ない」の敬語での使い方

「電話に出ない」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現例
※画像はイメージです

上司やクライアントが電話に出ないというときにそのことを相手に伝える際には、相手を敬った敬語の表現を使うべきです。しかしながら、電話に出ないということについての敬語という文章はとてもあいまいで何とおりも存在します。ケースバイケースでうまく使い分けて敬語の表現にすることが望ましいです。

では、メールで電話に出ないことを敬語で伝える場合などを含めご紹介させてたいだきます。社会人でない方も社会にでると、相手が電話に出ないというシチュエーションは多々ありますので、事前に確認しておくと役立つこと間違いなしです。

敬語の種類

敬語の種類には丁寧語や謙譲語や尊敬語など複数ありますが、普段では使わない言葉も多くとっさに敬語がでてこないこともあります。敬語は言い回しなどで解決することもありますので、言葉の使い方を多く知っておくことはとても大事なことです。

友達との会話では使わない言葉や言い回しなど初めて使うときには言葉が変ではないか、あっているのかどうかなど不安になることもあります。そんな不安も敬語を使う機会が増えることで自然と使えるようになります。敬語の練習にはサービス業である職種の方の言葉遣いを注意深く聞き取ることでとても勉強になります。

使い方

電話に出ないということを敬語で伝えるときには、「お出にならなかったので」や「お忙しいようなので」などと言い換えることができます。使い方としては、相手が電話に出ないときに留守番電話にメッセージを残す際や、電話に出ないときにメールで用件を伝えるときなどに使います。

これらの敬語の表現を使う相手は、ビジネス面の他にも友達ではなくあまり親しくない相手であったり、いろんなシチュエーションで使うことができます。

メールでの使い方

「電話に出ない」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現例
※画像はイメージです

近頃ではメールやテキストの他にもラインやメッセンジャーなど文章を送ることができるアプリがとても多くなりました。そのため、電話をかけて繋がらなかった場合や電話に出ない場合には、用件をメールなどで連絡することが大変多くなりました。

そういったときには、メールを送る際に電話をしたけども出なかったという内容を入れるようにしましょう。メールの文頭に一言、「お電話いたしましたが、お忙しいようなので」と付け加えるようにしましょう。そのときに、電話にでなかったからメールしますというぶしつけな言い方は失礼になりえますので控えましょう。

ビジネス・職場での使い方

ビジネスや職場では基本的に上司や目上の人と関わらず誰にでも敬語の表現をするようにしておけば間違いありません。絶対に敬語を使うべき状況のときの練習にもなります。

職場でよくあるパターンが目上の方であるAさんが電話に出ないことを誰かに伝えるときなども「Aさんが電話に出ないので」と報告するのではなく、「Aさんが電話にお出にならないので」と伝えるとAさんがおらずしてもAさんに対する配慮がなされます。

その場にいない方であれば、話し言葉でよいというわけではないところが日本語での敬語の難しいところです。これらの敬語を使えないと、ビジネス面では社会人として一人前とは言えません。

「電話に出ない」を敬語表現するときの例文

「電話に出ない」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現例
※画像はイメージです

シチュエーションとしてはビジネス面で相手が電話に出ないときに、メールで電話に出ないことを伝え、さらに折り返し電話をしてほしいときの例文となります。

「いつもお世話になっております。先ほど、お電話を差し上げましたがお忙しいようでしたので、失礼ながらもメールでご連絡差し上げます。大変お忙しいところ恐れ入りますがお手すきの際に、お電話をいただけましたら幸いです。何卒、よろしくお願いいたします。」

また、電話をかけるという場合であれば、「改めてお電話を差し上げますので、ご都合のよい時間帯をお知らせいただけますと幸いです。」と付け加えてもよいです。

「電話に出ない」の別の敬語表現例

「電話に出ない」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現例
※画像はイメージです

電話に出ない際の敬語表現の定番の言い回し例をご紹介します。一度は言われたこともある聞き覚えのあるフレーズばかりです。これさえ覚えていれば電話に出ないという場面があってもうまく相手に伝えてコミュニケーションをとることができます。

目上の相手でも上司でもお客様に対しても失礼がない言い方なので、とても万能な敬語の表現です。

お忙しいようでしたので

電話に出ないことをそのまま文章にしてしまうと少しきつい印象にとられることがあります。とくに感情が伝わらないメールなどの文章で伝える場合はとくに注意が必要です。そんなときの定番の敬語の言い回し表現は「お忙しいようでしたので」と一言入れるだけで表現をやわらげることができます。

日本語の特徴として相手にはからいや尊敬の意をおくことをとても大事にしています。そのため、相手の状態を察する気持ちや敬語の表現は仕事の上ではマストです。

とくに電話をかける場合は相手が何をしているかなど不明なので、言い方によっては気付かずにお忙しい時間帯にかけてすみませんといった気持ちが込められることもあります。

お電話させていただきましたが

かけた相手が電話に出ない場合であっても自分が電話をかけたことは相手に伝えるべきです。電話をいたしましたがなどとつけることで相手に電話することになっているときに電話に出ない場合でもかけたことを示すことで約束を守ったということにもなります。

一方的にかけるだけかけてそのままにしておくと相手は電話をくれなかったという認識になってしまいトラブルに繋がることもあるので、自己申告をしましょう。

電話に出ないということを伝えるだけで電話をしたということになりますが、電話に出ないという表現ではなくお電話をさせていただきましたという方が丁寧な言い方で印象がよくなります。

Latests