Search

検索したいワードを入力してください

「たまに」の敬語表現・たまにの使い方と例文・別の敬語表現例

初回公開日:2018年05月18日

更新日:2020年05月26日

記載されている内容は2018年05月18日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

ビジネスシーンや少し改まった場での会話で、「たまに」という言葉を敬語で何と言えばいいのか迷ったことはありませんか。「たまに」という言葉は、一般的な会話ではよく登場する言葉です。敬語として使用するときの使い方もバッチリ覚えて、「たまに」を使いこなしましょう。

「たまに」の敬語表現とは?

「たまに」の敬語表現・たまにの使い方と例文・別の敬語表現例
※画像はイメージです

「たまに」という言葉を普段よく使うという方はいませんか。この言葉を仕事など改まった場で使用する場合、敬語表現とは一体どのような言い方があるのでしょうか。

本記事では「たまに」の敬語表現について、たまにの使い方や例文・別の敬語表現例・たまに敬語になる人の心理など紹介していきます。仕事で「たまに」という言葉を用いたいときなどにぜひ参考にしてみてください。

「たまに」の敬語での使い方とは?

実際に「たまに」の敬語での使い方についてどのようなものがあるでしょうか。「たまに」の敬語の種類や使い方・メールではどのように使うかなどみていきましょう。

敬語の種類

人の行動やその人の周辺語でない言葉は敬語や丁寧な言い方に置き換えることは難しいところがありますが、仕事などでは相手に対して綺麗な言葉を用いる必要があるでしょう。

人の行動やその人の周辺語でないに「たまに」は含まれますが、「たまに」を敬語として使用する場合は、時折・時として・折々に・折に触れて・滅多にないことですが・稀に、などの種類があがってきます。

使い方

「たまに」という言葉の敬語のバリエーションをいくつか知ったとしても前後の文脈で使用する敬語の種類は異なります。「たまに」という言葉は物事の起きる頻度が少ない状態で使われることが多いですが、割と日常的にある程度の内容なのか、普段はほとんど遭遇しない程度の内容なのかということでも使用する敬語が変わってくるでしょう。

例えば「たまに」を敬語に言い換えた使い方としては、ふとした瞬間、過去のある出来事が心によみがえる意味の「たまに」として「折りに触れて思い出すことがあれば」や、頻繁ではないものの特定の機会の意味の「たまに」として「時として雨や晴れ間が出ることもあるでしょう」という使い方があります。

メールでの使い方

メールでの「たまに」の敬語の使い方についてはどのような文章があるでしょうか。メールで使う頻度が高い「たまに」の敬語の使い方の例をあげていきます。

例えば、相手の様子を見つつたまにメールを送っていたという意味で「時折メールをお送りさせていただきましたが」という使い方や、たまに起こりうる事態の話として「滅多にないことですが、予約がいっぱいとなってしまうことがありますので」などの使い方があります。

「時折」「滅多にない」という言葉は、メール以外電話対応などでも使用できる「たまに」の丁寧な言い方です。日頃からメールで使おうと心がけていると、自然に言葉として口から発することができるでしょう。

「たまに」を敬語表現するときの例文

「たまに」の敬語表現・たまにの使い方と例文・別の敬語表現例
※画像はイメージです

「たまに」を敬語表現するときの、時として・稀に、の例文についてみていきましょう。「時として」という言葉であれば「時として、批判されることがあっても意見を出していくことは必要です」や「時としてうるさく感じることもあるかと思いますが」などがあります。

「稀に」は、わずかに存在する様子や極めて少ない様子という意味であり、使い方としては「稀にこのような事態もありますので」「平日のこの時間帯でも稀に混雑が予想されます」などがあげられます。

いくつか敬語表現するときの例文を作りましたが、時として・稀にという部分を「たまに」という言葉を変えてみると「たまに」は口語ということもあり、一気に砕けた雰囲気に変わってしまうでしょう。

「たまに」の別の敬語表現例とは?

「たまに」の別の敬語表現例として、頻度が低い様子の「たまに」として「時折」を使うことがあります。「時折」は「時折~する」という形でよく用いられて、「たまに~する」という意味になります。

例えば「○○様を時折お見かけすることがありました」「時折父が褒めくれたことを思い出します」「この季節は晴れることはめったになく曇ることがほとんどで、雨、もしくは時折が雷になることがあります」という敬語表現があります。

たまに敬語になる人の心理とは?

次はたまに敬語になる人の心理について紹介していきます。人によって普段は気取らない言葉づかいなのに、たまに敬語を使うという人もいるでしょう。何かの機嫌に障ったのか、急にかしこまってどうしたんだろう、と内心驚く場合もあります。

照れ隠し

たまに敬語になる人の心理に照れ隠し、という部分があります。どこかシャイな性格な人は相手を誘ったりすることにちょっと勇気が必要です。さっきまで普通の会話で話していたにもかかわらず、「今度ご飯を食べに行きませんか」など特に好意を寄せている相手を食事に誘う時は、敬語になる人が多いです。

誠意を見せたい

Latests