Search

検索したいワードを入力してください

「知っていますか」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現例

初回公開日:2018年02月07日

更新日:2020年06月02日

記載されている内容は2018年02月07日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

「知っていますか」という言葉は確かに敬語ですが、相手を間違えると不敬なフレーズにもなりかねません。なぜ、そのように言うことができるのでしょうか。自分の言葉遣いを向上させるためにも、この記事から「知っていますか」の意味と敬語での言い方をしっかり調べましょう。

「知っていますか」の敬語表現とは?

「知っていますか」というフレーズを普段の日常会話で使うことはたくさんあります。そのため、このフレーズを言い慣れている人はたくさんいますが、誰に対しても「知っていますか」ということができるのでしょう。

実は、相手によっては「知っていますか」というフレーズを言うことによって、失礼になってしまう可能性があります。

そのような事態を避けるために学ばなければならないのは、敬語表現です。「知っていますか」をどのようにして敬語で言い換えることができるのか知ることができれば、目上の人と会話をしている時にも、正しい言葉遣いができます。

逆に「知っていますか」の敬語に精通していなければ、周りの人はあなたと会話をしていることを不快に感じる可能性もあります。

では「知っていますか」をどのようにして敬語表現で言い換えることができるのでしょうか。具体的に紹介します。

尊敬語

「知っていますか」という言葉を尊敬語に変えるのであれば「ご存知ですか」という敬語になります。

職場の上司が取引先の人に対して「知っていますか」という質問を使うと失礼になってしまう可能性が非常に高いです。

そのため、そのような目上の人と会話をしているのであれば「ご存知ですか」というフレーズで質問することができるでしょう。

基本的には「ご存知ですか」という質問をされたからといって、不快に感じる人はいないはずです。なぜなら、このフレーズはしっかりとした敬語ですし、相手に対する深い敬意が示されていることになるからです。

丁寧語

では敬語の他の種類である丁寧語で「知っていますか」というフレーズを表現したいのであれば、どうすれば良いのでしょうか。

実は「知っていますか」というフレーズがすでに丁寧語になっています。つまり「知っていますか」も必要最低限の敬語であると言えます。

そのため、ある程度の経緯を周りの人に対して示すことができますが「知ってますか」は、尊敬語である「ご存知ですか」に比べると、示されている敬意が少なくなるので注意する必要があるのも事実です。

友達との会話の違い

敬語の中の丁寧語である「知っていますか」ですが、ある人たちはこの表現を聞いて「これって本当に敬語なの」と感じておられるに違いありません。

確かに敬語だということができます。自分が親しい友達と会話しているところを想像してみてください。

おそらく「知ってた」もしくは「知ってる」というフレーズを使いながら友達と会話をしているのではないでしょうか。

それなら表現と比べてみれば「知っていますか」には、ある程度の敬意が示されていることがわかります。

「知っていますか」の敬語での使い方とは?

「知っていますか」という言葉が敬語だということがわかったとしても、実際に自分の会話の中で使うのは簡単なことではありません。

そのため、「知っていますか」をどのようにして使うことができるのか具体的な例文について知ることも非常に重要です。

例文に関する理解を深めることによって「知っていますか」の使い方に設定することができますし、周りの人の失礼にあたらない敬語の使い方を身につけることができるようになるからです。

「知っていますか」の敬語の種類はまだある

敬語にはいくつか種類があるため、すでに紹介した「知っていますか」や「ご存知ですか」というフレーズの他にも違う表現方法があります。

他にどんな敬語の種類があるのでしょうか。

謙譲語

「知っていますか」という言葉を謙譲語で言い換えることができます。敬語の中でも、深い敬意を示すことのできる謙譲語ですが、どのようにして「知っていますか」を言い換えることができるのでしょうか。

結論から言うと「存じ上げる」という言葉で言い換えることが可能になります。つまり「知っていますか」という質問をしたいのであれば「存じ上げているでしょうか」と質問できることになります。

謙譲語を覚えておけば、誰に対しても使うことのできる敬語のフレーズを習得していることになります。

なぜなら、人によっては丁寧語や尊敬語が使われることによって不快に感じる人がいるのも事実ですが、敬語の中でも深い敬意が示されている謙譲語を使われることによって、不快に感じる人はほとんどいないからです。

使い方とは?

「知っていますか」 という言葉を他の敬語で言い換えた場合、どのようなフレーズを使いながら会話を成立させることができるのでしょうか。

自分の言葉の表現の幅を広げることができれば、今後の生活で必ず役に立つはずです。

「知っていますか」を敬語に言い換えた具体的な使い方について紹介します。

部長を紹介する場合

「知っていますか」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現例
※画像はイメージです

例えば、自分の会社の部長を取引先の人に紹介したいとします。そのような時に、敬語の中の丁寧語でもある「知っていますか」という言葉を使うことも可能になります。

具体的な例文で言うと「当社の部長を知っていますか」というフレーズを作成することができます。この場合も、 敬語なので取引先の人と会話をしている場合であったとしても、問題はないでしょう。

しかし、人によっては「知っていますか」という言葉が使われていることに、疑問を抱く場合があります。「言葉の使い方がわかっていない」と感じてしまう取引先の人もいることでしょう。

そのような時に大切なのは謙譲語で言い換えることです。

敬語の謙譲語の場合

「知っていますか」を敬語の謙譲語で言い換えるならば「存じ上げる」というフレーズになるということはすでに理解することができました。

そのため「当社の部長を知っていますか」という文章を作成したいのであれば「当社の部長を存じ上げているでしょうか」というフレーズになります。

後半の質問の方が深い敬意が示されていると言えるのではないでしょうか。取引先の人と会話をしている時は、言葉に繊細にならなければならない場面といえますので「当社の不調を存じ上げているでしょうか」というフレーズを選択しましょう。

そうすれば、しっかりとした敬語が使われていることから、質問を受けている相手も快く感じるはずです。

Latests