Search

検索したいワードを入力してください

「なんとなく」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現例

初回公開日:2018年04月16日

更新日:2018年04月16日

記載されている内容は2018年04月16日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

「なんとなく」は上司に使ってもOKな言葉?敬語なの?別な言い方?普段何気なく使っている「なんとなく」という言葉ですが、相手によっては失礼な言い方のような気がしませんか。ここでは、失礼にならない「なんとなく」の使い方についてご紹介していきます。

「なんとなく」の敬語表現を知っておこう

新社会人など、学生時代とは違い、社会に出るとそれ相応の言葉遣いなどが必須になってきます。最も大切であり、基本であるものが敬語です。丁寧に言うだけでなく、シチュエーションや会話の相手などで言い方も変わってきますので、注意が必要です。

ただ、敬語はそれほど難しいものではなく、慣れてしまえば自然と口から出てきます。心配なのは、社内などである程度関係が親しくなってきたときに、ついつい気が緩んでしまい、思わず友人と話すときの言葉が出てきてしまうことです。

そんな言葉のひとつに「なんとなく」があります。「はっきりした理由や目的がない様子」だとか、「わけもなく」、「どことなく」、さらには「取り立てていう様子がない」などの意味があります。

この「なんとなく」を敬語にするとどんな表現になるのでしょうか。調べてみました。

1.はっきりした理由や目的もないさま。わけもなく。どことなく。 「 -好きだ」 「 -旅に出る」

2.取り立てて言う事柄がないさま。何ということもなく。平凡に。 「 -一生を送ってしまった人」

出典: https://www.weblio.jp/content/%E3%81%AA%E3%82%93%E3%81%A8... |

尊敬語で表すと?

「なんとなく」には尊敬語が存在していません。そもそも「なんとなく」はまったくの敬語ではなく、日常の会話における言葉です。そのため、「なんとなく」そのものを敬語にすることは非常に困難です。

「なんとなく」は不確かであることを言う際に使う言葉ですので、目上の人に対する尊敬を表現する会話において、そもそも「なんとなく」が登場することがありえません。そのため、尊敬語で表現することはできません。

丁寧語に「なんとなく」はある?

では、「なんとなく」を丁寧語にした場合はどうでしょうか。この場合も、元々丁寧語を使う中に「なんとなく」という表現はふさわしくありませんから、類義語などから推測していくしかありません。

「なんとなく」の類義語を探した場合、例えば「はっきりとは言えない」といった言い方が出てきます。こういった言葉を丁寧語などの敬語にすることで「なんとなく」をより丁寧に伝えることができるでしょう。

敬語での「なんとなく」の使い方とは?

「なんとなく」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現例
※画像はイメージです

敬語で「なんとなく」を使いこなす場合、「なんとなく」そのものは敬語にできませんので、似た言葉、近い表現に言い換えつつ、敬語にすることが大切です。逆に言えば、「なんとなく」をどう敬語で表現するかを考えることは、敬語をよりマスターしようというひとつの姿勢であり、語彙力が高まることになります。

「なんとなく」をどう敬語で表現していくかは、まず日本語における敬語の種類などをしっかり理解してからにしましょう。ここでは簡単に敬語の種類と、「なんとなく」をどう使っていくべきかを考察してみます。

シチュエーションで分けたい敬語の種類

まず、日本語において敬語は大きく分けて3つの種類になります。まず簡単なのが「丁寧語」です。いわゆるですます調で話せば、基本的には丁寧語になります。続いて相手を敬う敬語である「尊敬語」です。相手がする行動などを、相手を立てるように使います。最後に「謙譲語」です。自分が行うことをへりくだって言う言葉で、敬語の中では使い方がやや難しいです。

これらをしっかりマスターすれば自然と敬語は使えるようになります。また、「なんとなく」を敬語表現したいときにも別の言い方ですぐに言えるようになるでしょう。

敬語で「なんとなく」の使い方は

「なんとなく」を敬語表現する場合ですが、基本的にはできるだけ使わないようにすることが前提になります。「なんとなく」は曖昧な事柄を表す言葉ですから、社会人が公の場で話すときに「なんとなく」と使ってしまうと、その会話の信憑性や信頼度が下がってしまいます。

そのため、「はっきりとは言えませんが」や「明確ではございませんが」などといった別の表現にすることができたとしても、極力使わないようにすることを忘れないでください。

メールで使っても問題ない?

仕事で使うメールの文章にも「なんとなく」はふさわしくない点はあらかじめ理解しておきましょう。「なんとなく」と書かれてしまうと、受け取った側はメール内容の信頼性に不安を覚えてしまい、商談などが成立しません。社会人はできるだけ「なんとなく」という表現は避け、できるだけ断定的な口調を心がけるようにするべきです。

ただ、同期や後輩、友人などとのプライベートなメールでしたら「なんとなく」を使ってもまったく問題はありません。あくまでも公式的な場所ではできる限り「なんとなく」の使用を避けるべきです。

「なんとなく」を敬語表現するときの例文

そんな「なんとなく」ですが、ときと場合によっては使ってもいいこともあります。ここではそんな「なんとなく」を、使える場面を想定して、そのときにできるだけ相手を不快に思わせない敬語的な例文を考えてみます。

例文1:フィーリング的に賛同したいとき

「なんとなく」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現例
※画像はイメージです

例えば企画会議などで、強い根拠がないにもかかわらず、提案した/された企画がうまくいくような気がすることもあるでしょう。フィーリングがいけると囁く瞬間です。このときに控えめながらも賛同したいときに、「なんとなく」が使えます。

「明確な理由はございませんが、この企画はうまくいくのではないでしょうか」

「なんとなく」とは言っていませんが、明確な理由がない時点で「なんとなく」としか考えていません。しかし、別の言葉で敬語にした結果、いい加減な言い方には聞こえなくなっています。

例文2:推測を丁寧に言う

Latests