Search

検索したいワードを入力してください

「協力する」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現例

更新日:2020年05月26日

「協力する」という言葉は、会社に限らず日常生活においてもよく使われますが、正しい使い方はご存知ですか?いくら態度で相手に敬意を表していても、敬語をしっかり使えていないと悪い印象を与えてしまいます。ここで正しい敬語の使い方を学び、使えるようになりましょう。

「協力する」には、「ご尽力」や「お力添え」以外にも、「ご協力」や「ご支援」と言ったあまり堅苦しくない言葉も使うことができます。クライアント様などに「ご尽力」や「お力添え」といったきちんとした敬語を使うことが望ましいですが、いつも顔を合わせている上司や先輩などには「ご協力」「ご支援」を使うと良いでしょう。

意味合いはどの言葉も同じなので、使う場面を考えて言葉選びをすると良いです。敬語は状況に合わせた使い方が大切です。

「協力する」の類語・言い換えの敬語表現

「協力する」の類語としてよく使われるのが、「ご支援」「助ける」「お手伝い」などの言葉です。敬語は使う相手に合わせて堅苦しさを和らげるのも大切なことです。普段から顔を合わせている直属の上司や先輩などであれば、「ご協力させてください」の方があっていると言えます。

丁寧に話すことは大切ですが、状況や相手を見極めないと逆に不愉快に感じる場合があるので注意しましょう。相手にあった言葉を選ぶことも敬語を上手に使うためのポイントです。

日本人として正しい敬語を使えるようになろう

「協力する」という言葉の敬語表現は理解できましたでしょうか。「協力する」という言葉は「誰かの力になる」ということで、とても素敵な言葉です。「協力する」という言葉がたくさん使われるように、人のために何か良い事を日々行いたいものです。

そういう意味で、敬語は難しいですが、とても美しいものでもあります。日本語の柔らかさやしなやかさが存分に生かされた表現方法であり、日本人ならではの心遣いや奥ゆかしさを秘めています。つまり、相手を敬う心を大切にしているのです。日本人として、敬語を正しく覚えて使えるようにしましょう。

初回公開日:2018年02月14日

記載されている内容は2018年02月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests