Search

検索したいワードを入力してください

「無理しないで」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現例

更新日:2022年07月21日

「無理しないで」の敬語表現を会話の中で使うことができるようになれば、敬意を示すことができると同時に、周りの人への気遣いを深く示すことのできる大人になります。そのような人になるためにも、この記事では「無理しないで」の敬語表現が詳しく紹介されています。

「無理しないで」の敬語表現とは?

「無理しないで」という意味の言葉を周りの人に対して言ってあげたいという気持ちになったことはありませんか。おそらく、職場の同僚や上司の人がとても忙しく働いているのであれば、体をいたわってあげたいという気持ちから「無理しないで」を言いたくなったことでしょう。

しかし「無理しないで」の敬語表現について知らなければ、周りの人を敬意を込めていたわってあげることができません。そのため、これから「無理しないで」の敬語表現について詳しく紹介します。

「ご」を加える

「無理しないで」を敬語表現に言い換えたいのであれば「ご」という言葉を付け足すことができます。つまり「ご無理」という敬語表現を作成できることがわかります。「無理しないで」を敬語表現に言い換える時の基本中の基本になりますので「ご無理」というフレーズを忘れないようにする必要があります。

「無理しないで」の敬語での使い方

「無理しないで」の敬語表現を普段の会話の中で使用したいのであれば、使い方について、また「無理しないで」の敬語の種類についてしっかりと理解しておかなければなりません。そのため「無理しないで」の敬語の種類について詳しく紹介します。

敬語の種類

「無理しないで」の敬語の種類は1つだけではありません。そのため「無理しないで」の別の書類の敬語を作成することが可能です。これから「無理しないで」の敬語の種類について詳しく紹介します。

尊敬語

尊敬語を使用することによって「無理しないで」よりも深い敬意を周りの人に対して示すことができるようになります。例えば「ご無理をなさいませんように」という尊敬語を使用すれば、相手に対する深い敬意を示するようになります。どのようにして尊敬語が作成されているか気づくことができますか。

「無理しないで」の後半部分に使用されている動詞の「する」という部分が「なさる」という尊敬語に変更されていることになります。そのため、ほとんど全く同じ意味を相手に対して伝えることのできるフレーズであったとしても「ご無理をなさいませんのように」の方が相手に対する深い敬意を示されていることになります。

普段から目上の人と会話をする機会が多いのであれば「無理しないで」ではなくて「ご無理をなさいませんように」という敬語表現を覚えておく必要があります。

ご無理なさらないでください

しかし、人によっては「無理しないで」という言葉と同じ意味を、はっきりと相手に対して伝えたいと感じていることもあります。そのような感情を抱いているのであれば「ご無理なさらないでください」という敬語表現を会話の中に取り入れることができます。

意味が同じであったとしても、語尾の部分で使用されている「ください」という言葉が付け足されていることに気づかされます。そのため、すでに紹介した「ご無理をなさいませんように」よりも「ご無理なさらないでください」の方が「ください」と命令の口調が使われていることになります。

この表現によって、相手に対して強い印象を与えてしまう場合もありますので、相手を不快な気持ちにさせることのないように、注意する必要があります。

使い方

すでに紹介された「無理しないで」の敬語表現をしっかりと記憶することができていたとしても、使い方を知らなければ、普段の会話の中で敬語表現を使用することができません。そのため、これから「無理しないで」の敬語表現の使い方について詳しく紹介します。

相手をねぎらう時に使う

基本的には、相手をねぎらいたい時に「無理しないで」の敬語表現を使用することができます。「無理しないで」の「無理」という言葉には「行いにくいのに、押してすること」という意味が含まれています。そのため「行いにくいことを、行わないようにしてください」という意味で「無理しないで」が使われていると考えることができます。

仕事の記述に追いやられて無理をして仕事をしている人もたくさんいます。そのような人が、無理をしすぎて体調を崩してしまう前に「無理しないで」の敬語表現を言ってあげるのは親切なことです。自分が、一生懸命仕事をしている時に「無理しないで」の敬語表現を言われたら嬉しいと感じるのと同じように、周りの人も同じように感じるはずです。

メールでの使い方

次のページ:「無理しないで」を敬語表現するときの例文

初回公開日:2018年04月09日

記載されている内容は2018年04月09日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests