Search

検索したいワードを入力してください

「無理しないで」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現例

更新日:2020年08月14日

「無理しないで」の敬語表現を会話の中で使うことができるようになれば、敬意を示すことができると同時に、周りの人への気遣いを深く示すことのできる大人になります。そのような人になるためにも、この記事では「無理しないで」の敬語表現が詳しく紹介されています。

「無理しないで」の敬語表現をどのようにメールの中で使用したらよいのか、疑問に感じる方もおられるはずです。普段の会話の中で使用することのない敬語をメールの中で使うことがあるからです。

あまりご無理なさらずに

例えば、メールの中の文章作成している時であったとしても「あまりご無理なさらずに」という相手に対する深い配慮の示されている敬語表現を使用することができます。「あまりご無理なさらずに」という優しい言い方のされている文章がメールの中で使用されていれば、メールを受け取っている人は気遣いが示されていることを嬉しく感じるはずです。

目上の人への使い方

目上の人に対して「無理しないで」の敬語表現を使うことも難しいことです。相手を不快にさせることのない敬語表現を選択しなければならないからです。では、これから「無理しないで」の敬語表現を、どのように目上の人に対して使うことができるのか詳しく紹介します。

ご無理をなさいませんように

目上の人と会話をしている時であったとしても「ご無理をなさいませんように」という敬語表現を使用することができます。「ご無理なさらないでください」という敬語表現を使ってしまいたい気持ちになる可能性もありますが、このフレーズだと、相手に上から目線で休息をとるように命令しているように思われてしまう可能性があります。

実際には、相手を気遣って発言をしているので、誰もがそのような勘違いを防ぎたいと感じるのではないでしょうか。正確なコミュニケーションをとることができるようになるためにも「ご無理をなさいませんように」という敬語表現で目上の人に対する気遣いを上手に示すことが大切です。

「無理しないで」を敬語表現するときの例文

「無理しないで」を敬語表現する時の例文を作成することができます。実際のところ、例文をしっかりと記憶することができれば、普段の会話の中で「無理しないで」の敬語を上手に取り入れることができるようになります。

忙しい

特に、忙しく働いている人に対して、無理をすることのないように気遣いを示すのは大切なことです。例えば「忙しい時には、ご無理なさらないでください」という敬語表現を使うことによって、忙しく働いている人に対する気遣いを示すことができます。このフレーズを使う時には、相手が不快な気持ちにならないように工夫する必要があります。

相手が忙しくてイライラしてる時に「忙しい時には、ご無理なさらないでください」と言うのであれば、相手を励ますどころか、不快な気持ちにさせてしまう場合があります。人によっては「忙しい時って、こっちはいつも忙しいんだよ」と感じてしまうことがあります。

そのため、相手が落ち着いて話を聞くことのできる状況であるのであれば「忙しい時には、ご無理なさらないでください」と深い気遣いを示すことができます。

「無理しないで」の別の敬語表現の例とは?

「無理しないで」の敬語表現を普段の会話の中に取り入れることは大切ですが、自分の言葉にバリエーションを持たせることも大切なことです。そのため「無理しないで」の別の敬語表現が使われている例文について詳しく紹介します。

ご自愛ください

「ご自愛ください」という敬語表現を目上の人に対して使用することもできます。この言葉には「病気ではない相手に対して体を大切にするように促す言葉」という意味が込められていることになります。相手の人を深く労いたい時に「ご自愛ください」という言葉をかけてあげることによって、相手の気持ちを楽にしてあげることができます。

次のページ:「無理しないで」の敬語で気遣いを示す

初回公開日:2018年04月09日

記載されている内容は2018年04月09日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests