Search

検索したいワードを入力してください

「急がなくていい」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現例

初回公開日:2018年05月30日

更新日:2020年05月22日

記載されている内容は2018年05月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

ビジネスシーンにおいて、敬語は人間関係を円滑にするためマナーです。恥ずかしい思いをしないためにも、その中でも使用頻度が高い「急がなくていい」の敬語表現・使い方を例文を交え、説明します。状況に合わせ上手に使いこなし、ワンランク上の自分を演出しましょう

data-max-num-ads=8 data-matched-content-rows-num="2" data-matched-content-columns-num="4" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

「急がなくていい」の敬語表現を考える

私たちが日々仕事をする中で、お互いのコミュニケーションをとるため、会話をしたり、メールや電話で連絡を取り合い、プロジェクトを進めたりする中で、敬語は必要不可欠です。同じ言葉でも敬語を使うか使わないかで、相手から受ける印象が異なったり、不用意な一言でビジネスチャンスをも逃しかねません。

仕事をスムーズに進めるためにも、ぜひ敬語表現を覚えましょう。では、今回のテーマ、「急がなくてもいい」の敬語表現を考えていきます。

「急がなくていい」の敬語での使い方

仕事を効率よく進める上で、「急ぎの仕事」、「急がなくていい仕事」と仕分けし、優先順位をつけることは大切なことです。成果を出すためには、優先させるべき仕事を把握しながら、仕事をこなさなければいけません。急がなくてもいい案件は、その旨相手に伝えることにより、より良い関係を築くことができます。では実際の使い方はどうでしょう。

敬語の種類

「急ぐ」の類語は「急を要する」です。このことから「急がなくていい」はその反対「急を要してはいません」・「緊急を要してはいません」このように使うことが一般的です。主にビジネスシーンで使用する敬語です。「急がなくていい」という言葉を敬語で表現し、丁寧でスマートな会話で、相手との信頼関係を築きましょう。

ビジネスマナーとして「急がなくていい」の使い方

「急がなくていい」の敬語表現、「急を要してはいませんので~」、この言葉に、「お手すきの際に」または「お手すきの時に」、「お手隙の折に」と続け、手が空いたとき・時間があるときで構いませんので、と自分のお願いが、急がなくていい内容であることを、相手の多忙を思いやり、配慮を示す形で伝えることが一般的です。

「お手すき」の使い方

「お手すきの際に」、「お手すきの時に」、「お手すきの折に」などは「時間がある時に」を丁寧に表現した敬語で、すべて同じ意味です。相手にお願いをする時に使われる表現方法で、相手の忙しさを思いやる言葉のマナーです。「急がなくていいから時間がある時に」、この言葉を敬語で表現すると、「急を要してはいませんので、お手すきの時に」です。優しさが伝わります。

電話での使い方

電話は声だけのやり取りになるため、相手の表情を読み取ることが難しく、感情の判断がしにくいため、トラブルを招いてしまうことがあります。そこで重要なのが、敬語を使い丁寧な対応をすることです。相手の状況を声から感じ取り、「急がなくてもいい」案件である旨を簡潔に伝えましょう。

本人が不在の場合でも、急がなくてもいい内容であることを電話口の相手の方に丁寧に伝えましょう。

メールでの使い方

メールでお客様や、目上の人、上司に対して使う文章は、相手を気遣う気持ちと敬う気持ちを敬語で表しましょう。メールは直接顔を見ての会話とは違い、相手の表情を見ることができないため、冷たいイメージになりがちです。

「急がなくていい」とそのままの言葉で書かれていたらなおさらです。そのような言葉を丁寧に表現したものが敬語です。「急がなくてもいい」ということを、敬語を使いスマートに伝えることで、好印象を与えます。

「急がなくていい」を敬語表現するときの例文

では、実際に使った例文をいくつかご紹介します。会話や電話はそれほど差がありませんが、メールはもう少しかしこまった形で使用しています。文章として残るので、より丁寧な言葉を使い良い印象を与えましょう。

会話での例文

「お忙しい中申し訳ございません、こちらの資料は急を要してはいませんので、お手すきの際にお読み頂けますか?」

「お忙しいところ大変恐縮ですが、急を要してはいませんので、ご都合のよい時で構いませんので、ご返答よろしくお願いいたします。」

「お忙しいところ」、「お忙しい中」など、感謝の気持ちや気遣いを表した言葉を上手に取り入れることで、会話がスムーズになります。クッションになる言葉や、敬語は、形としてだけではなく、気持ちを伝えるための素敵なアイテムです。

「急がなくていい」という言葉も、敬語を使い、クッションになる言葉を入れると柔らかく伝わります。ただし、多用しすぎると逆効果の場合もありますので、効果的な使い方を心がけましょう。

電話での例文

会話の際と基本的には同じです。「急がなくていい」内容の電話だと言うことを、敬語を使い簡潔に伝えましょう。優先順位を伝えることで、効率的に仕事ができ、お互いの信頼関係が生まれます。

電話で「急がなくていい」を使う場合

「お忙しい中申し訳ございませんが、急を要してはいませんので、お手すきになりましたら折り返しお電話をお願いいたします」

「お忙しいところ大変恐縮ですが、急を要してはいませんので、ご都合のよい時で構いませんので、ご連絡いただけますでしょうか。」

「急がなくていい」案件を、相手の都合に合わせ進めて行くので、放置されてしまう可能性もあります。連絡や回答が欲しい場合は、急がなくていいけれど、待っているという事を伝えましょう。

不在の場合

「急を要してはいませんので、改めてこちらからご連絡します。恐れ入りますが、お戻りは何時頃のご予定でしょうか?」

自分から電話をかけて、相手が不在の時は、改めて掛け直すと伝えます。電話に出られた方の好意で「お掛け直しいたしますか?」と聞かれることもありますが、今回は「急がなくていい」案件なので、掛け直す旨を伝えましょう。また、何度も電話を掛け直すのは迷惑になりますので、おおよその戻り時間を聞いておくことも大切です。

「急を要してはいませんので、改めてこちらからかけ直します。大変恐縮ですが、電話があったことだけお伝え願えますか?」

急がなくていい用件でも、その時刻に電話をする約束をしていた場合などで、不在の場合は約束通り掛けた証拠にもなりますので、このように伝えてもいいでしょう。

メールでの使用例

「ご多用の中申し訳ございませんが、急を要してはいませんので、お手すきの折に添付致しました資料をご一読頂けますと幸いです。」

「ご多用の中、誠に恐縮ですが、急を要してはいませんので、お手すきの際に、お返事を頂けましたら幸いです。」

ビジネスシーンはもとより、日常生活でもメールチェックは必要不可欠、マナーを守り、簡潔で、読む側に不快感を与えないメールを送りましょう。「急がなくていい」という言葉も、敬語を用いると、文章が柔らかくなり、好印象となります。

メールでは、会話や電話とは異なり、「お忙しい中」や「お忙しいところ」に代わり、「ご多用」や「ご多忙」を使用します。表情や声が伝わらない分、より丁寧に気持ちを伝えましょう。

「急がなくていい」の別の敬語表現例

「急がなくていい」を別の敬語を使い表現していきます。ビジネスシーンに合わせ、上手に敬語を使いこなすことで、相手とのコミュニケーションが上手く取れ、仕事の効率が上がります。敬語はとても難しいですが、覚えることにより、仕事も自分自身もステップアップします。自分磨きは手を抜かずに、数年後の自分のために徐々に身に付けましょう。

「急がなくていい」の別の敬語の使用例

会話の場合「急ぎではございませんので、お手すきの際に資料をご確認ください。」

電話の場合「急ぎの案件ではございませんので、改めてこちらから掛け直します。」

メールの場合「急ぎではございませんので、お手すきの折にご回答ください。」

「急がなくていい」の丁寧な言い方です。「急を要してはいません」より丁寧さには欠けますので、相手によって使い分けが必要です。しかし、気持ちは十分伝わります。前後にクッションになる言葉を入れると、また違った印象になるでしょう。

敬語を使いこなしステップアップ

いかがでしたでしょうか。今回は「急がなくていい」の敬語表現を考えました。敬語で表現すると、「急がなくていい」という硬い言葉が「急を要してはいません」という思いやりのある優しい言葉に変化します。

身に付くまでは経験が必要になりますが、あらゆるシーンでスマートに敬語を使いこなす、ワンランク上の自分を想像してみてください。やる気を再燃させるイメージトレーニングです。「急がなくていい」ので、ぜひ自然と口に出るようになるまで、繰り返し使用してみてください。

Latests