Search

検索したいワードを入力してください

仕事における向き・不向きの判断方法|3ヶ月でわかる?診断方法

更新日:2020年08月20日

仕事をしていてこの仕事は向いていないと感じたことがある人は多いと思います。多くの人は仕事でミスをしたときや思うような結果が得られなかったときなど気分が落ち込んでいるときに考えてしまいます。これを機に向き不向きという言葉と向き合ってみましょう。

仕事における向き・不向き

仕事をしていて自分はこの仕事に向いていないと感じたことがある人は多いと思います。

多くの人は仕事でミスをしたときや思うような結果が得られなかったときなど気分が落ち込んでいるときに考えてしまいます。

また、近くに楽しそうに仕事をしている人がいてるとさらに自分はこの仕事に向いていないと感じてしまいます。

気分が落ちたまま仕事をするとストレスが過剰にかかってしまいます。だからと言って、簡単に仕事を辞めるなんてことはできません。

しかし、仕事は簡単に辞めれませんが辞めるということも選択肢の一つでもあります。また、自分が向いていないと思っているだけで周囲はそう思っていないかもしれません。今一度、仕事の向き不向きについて考えてみましょう。

向き不向きはやってみないとわからない

向き不向きを判断する期間

履歴書を書いたことがない人は少ないと思います。その履歴書には長所と短所という欄があります。自分の長所と短所について考えるということはそのとき自分の仕事の向き不向きについて考えていることになります。これから行う仕事に長所が活かせるのであればきっとその仕事に向いていることでしょう。逆に短所が際立つような仕事であれば不向きな仕事になるでしょう。

しかし、この考えだけで仕事が上手くいくのであれば誰も悩んだりはしません。いざ、働いてみると自分が想像していたものと違ったということはよくあります。その想像が良い方向に違えば良いですが悪い方向に違うこともあります。結局は本人がその場に身を置かないことには何もわからないのです。

仕事に就いていきなり通常業務を任されるようなことはありません。まずは研修期間がたいていはあります。最初は覚えることばかりで向き不向きの判断をする状況ではありません。

ある程度の仕事を覚えて仕事に慣れてきたときに初めてその仕事に対して向き不向きの判断ができるようになります。仕事に慣れてくればやりがいを見つけたり、楽しさを見つけたりできるでしょう。そして、自分にはこの仕事は向いていないと思う人も出てくるでしょう。

研修期間などを終えて、仕事にある程度の慣れが出るまで3ヶ月程度と言われています。この3ヶ月というのは目安なので人によって前後するでしょう。判断に費やした時間が長いほど判断材料が増えるので不向きだと思っても答えに焦らずゆっくりと吟味してみください。

不向きな仕事

仕事をある程度の期間して慣れてくるとその仕事に対して向き不向きの判断ができるようになってきます。その仕事に自分は向いていないと判断をした人はやりがいを感じることができないことが多いです。仕事にやりがいを感じている人は仕事上で辛いことがあっても仕事を続けることができます。

しかし、不向きな仕事をしていてやりがいが見つけられない人には辛いことがあると仕事を辞めたくなってしまいます。これは一例ですが仕事に関することにはマイナスの心理が働くようになります。

仕事における苦手意識

自分はパソコンが苦手だから、自分は人と話すことが苦手だからと決めつけて仕事の範囲を狭めている人がいます。先に述べたように仕事の向き不向きはその場にある程度の期間は身を置いてみないと判断できません。苦手なことを仕事にするので苦労や厳しさは増えます。

しかし、仕事をする以上は好みで仕事をするわけにはいきません。苦手なことも続けることでどこかでやりがいを見つけることができるかもしれません。世の中には元SEの料理人もいれば元医者の農家もいます。苦手だからと言って仕事の幅を狭めてはいけません。

もしも、結果的に不向きだったとしてもそこまでに至る行動が後の仕事に役立つことでしょう。

不向きな仕事を向いている仕事に

仕事にやりがいを見つけることで仕事の向き不向きが大きく左右されます。

自分が仕事に向いていると思っている人は目標の立てが上手くできています。目に前にある仕事だけでなく、五年や十年という中期の目標を持っています。さらに目標に向かって小さな目標も立てます。

自分の仕事が不向きだと思っている人はこの作業が苦手です。基本的に仕事に対してマイナスの思考があるので
目標が達成できなかったときにはやはりこの仕事は自分には不向きなのだと諦めの心が出てきます。

このような状態に陥らないようにするには、やはり目標は必要です。目標は達成感を得ることができます。困難な目標であればあるほど達成感は大きいですが無理は禁物なのでささやかな目標から始めましょう。

少しずつ目標を大きくしていくことでその中からやりがいを見つけることができるかもしれません。

自分と周囲の評価の差

中には自分だけが仕事に向いていないと思い込んでいて周囲の人たちはそうは思っていないこともあります。

これは自己評価と他人からの評価の差から生まれます。周囲の人たちはよく仕事を頑張っていると評価してくれているが自分では納得できる結果が出ていないと過小評価しているのです。

このタイプの人は完璧主義者が多いです。仕事をしていれば良い結果のときもあれば
悪い結果のときもあります。そうして徐々に成長していくものですが悪い結果になるのは自分の力不足だと思い、この仕事は自分には向いていないと勘違いします。

このような状況を見かけたらしっかりした仕事ができていることを教えてあげましょう。

集団や組織に向いていない性格

中には仕事の内容以前にそもそも集団や組織に属して仕事をすることに不向きな人もいます。これらの人たちの性格にはいくつか特徴があります。

まずは時間にルーズな人です。もはや仕事をする前段階なような気もします。遅刻だけではなく、会議や打ち合わせを忘れたりすることも同様です。自分でスケジュールの管理ができないので周囲にまで迷惑をかけてしまいます。

このタイプの人は私生活もだらしないことが多いので仕事以外の印象も悪いことがあります。

また、協調性がない人も集団や組織に属して仕事をすることに不向きな人です。このタイプは自信過剰な人が多いです。自分で何でもできると勘違いしているのでチームワークを無視して個人プレイをします。

個人で完結する仕事であれば良いのですが複数で動いているときには勝手な行動を取って周囲に迷惑をかけます。

不向きな事とできない事の違い

ここまで不向きな仕事をすることによるマイナス面を中心に書いてきましたが、現在自分にとって不向きな仕事をしていて自分は仕事ができない人間だと思っているのであれば
それは間違いです。

単に不向きな仕事をしているだけであればきっと違う場所に活躍の場があります。もしくは、これから活躍の場が用意されています。仕事ができない人はどこに行っても仕事はできません。不向きな仕事を続けているとどうしてもネガティブな感情が勝ってしまいます。

しかし、仕事ができない人ではないので一つ一つ原因を探していき、改善していきましょう。

仕事をするときはやりがいを探そう!

仕事をしていれば誰しもが自分はこの仕事に向いていないのではないか?
と悩むときが来ます。

しかし、そう思えるということは仕事に対して真っすぐ向き合っているということです。悩んでいる最中は精神的にはきっと辛い状態が続くでしょう。

ただ、不向きな仕事をしていたとしてもどこかで自分に向いている仕事に変わるときが来るかもしれません。それは待っているだけでは何も変わりません。もしかするとあなたが自分を過小評価していることに気づくかもしれません、仕事にやりがいを感じるようになるかもしれません。周囲に相談してみることも有効です。

せっかく仕事をするのであれば自分の向いている仕事にやりがいを持つことを目標にしましょう。

初回公開日:2017年07月12日

記載されている内容は2017年07月12日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests