Search

検索したいワードを入力してください

仕事に目標を持つことのメリットとデメリット|良い目標の立て方

更新日:2020年08月20日

仕事をするとき、仕事の目標をもつことで、メリットとデメリットがあることをあなたはご存じでしょうか?
どのようなメリットとデメリットがあるのか説明致します。そして良い目標の立て方を学びましょう。仕事の目標例も挙げていますので、働き方が変わること間違いなしです。

仕事に目標を持つことのメリットとは?

仕事をただがむしゃらに頑張っている人と、しっかりとした目標を持って働いている人とでは、働き方や意欲に違いがでてきます。ただ目標を持つことが、良い事ばかりでもありません。どのようなメリットとデメリットがあるのかご紹介いたします。

1.毎日が充実し、ポジィティブ思考になれる

何でも良いから、まずは小さな目標を一つ作りましょう。あまりにもレベルの高い目標をいきなり立ててしまうと、達成するまでに重荷に感じてしまう人もいます。何も考えずに毎日仕事をしている人には、働く意欲が湧いてくるので、いきいきとしてくるでしょう。

「何の為に働いているのか?」なんて思い始めている方も目標を持つことで、「達成したい」という気持ちがでてきて、ポジィティブ思考になれるはずです。

2.さまざまな経験を積める

人間が、失敗するということは、挑戦している証拠でもあります。一度や二度失敗したからといって、頑張ることをやめてはいけません。

失敗したり、悩んだり、乗り越え方を考えているうちに、さまざまな経験を積むことができるのです。目標があり、それを達成するために考え、「どうすればその目標を達成できるのか」と悩むことがとても勉強になります。

3.仕事への不安が減る

目標を持って仕事に取り組んでいる人は、周囲からみると、とても魅力的です。それが必ずしも達成できるかどうかは別にして、頑張っている人をみていると、周囲は応援したくなります。目標を達成することを常に考えているので余計な事を考えずに済み、不安な気持ちも軽減されます。

4.達成感を味わえる

目標を達成する気持ちを一度味わうと、何度も味わいたくなるのが人間です。結果がでないと頑張っている意味がわからない事も多いのではないでしょうか。人間はどんどん欲がでてくるものです。一度目標の達成感を味わうと、さらに上の目標を達成しようと考え、いきいきとしてきます。

5.仕事にやりがいを感じられる

ただ単に目標もなく働いていた人が目標をもつことで、仕事のやりがいも感じられるようになります。やりがいを感じることができると、仕事をすることが楽に感じられることだってあるでしょう。

6.愚痴が少なくなる

仕事でも目標があると、それを達成する方法だけを必死に考えるので、あまり他人の事を考える余裕がなくなります。周囲の人の行動に関わっている時間ももったいないので、愚痴も出にくくなります。

仕事の目標を持つことのデメリットとは?

仕事の目標を立てすぎることで、疲れてしまうことだってあります。特に頑張りすぎる人には、目標をもつことがデメリットの場合もありえます。どのようなデメリットがあるのかみてみましょう。

1.仕事の目標は思い通りにすすまない

目標は持ったからと言って達成できるかどうかわかりません。例えば、絶対に成し遂げないといけないというプレッシャーを自分に与えてしまうと、ストレスになってしまう可能性があります。誰しも思い通りに進まないことの方が多いものです。

2.仕事の目標が天井を作ってしまう

大きな目標が達成できると、その後にそれ以上の目標が思い浮かばない人もいるかもしれません。やる気も失ってしまい、定年退職後の男性によくあるような心境に陥ることだってあり得ます。目標を持たずに色んな事をやってみることで、新たな発見をする人もいます。

3.目標がない人の方が成功する?

明確な長期的の目標を定めてしまうと、『可能性を狭める』ということです。例えば、ある子どもが、プロ野球選手になると言う目標を持ったとしましょう。その時点でその子は、他の可能性がみえにくくなってしまうのではないでしょうか。もしかしたら、他にもサッカーや水泳、空手、絵を描くこと、音楽など、潜在的な能力があるかもしれないのです。

4.仕事の目標が負担で人生を楽しめなくなる

誰もが仕事の目標を定めたからと言って、それがうまくいく時ばかりではありません。その目標に執着しすぎる人は、周りがみえなくなり、思いやりや気遣いができない一匹狼のような人間になってしまいがちです。社員に高い売り上げ目標を課したところで、達成できる社員はほんの一握りでしょう。休日には、好きなことや楽しいことを思いっきりできて、素敵な日々が過ごせるような仕組みを作ることが、社長の仕事ではないでしょうか。

良い仕事の目標の立て方を知ろう

初回公開日:2017年07月09日

記載されている内容は2017年07月09日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests