Search

検索したいワードを入力してください

営業企画や企画部の仕事内容と役割や企画書の作り方とコツとは?

更新日:2020年08月20日

営業企画仕事は花形のイメージがあります。いつかは営業企画の仕事がしてみたいと考え人も多いでしょう。しかし、実際の仕事内容はあまり知られていません。どのような仕事内容で、どんな人が求められているのか、営業職とは違うのか詳しくご紹介します。

営業企画や営業企画部はどんな部署?

求人などで見かける営業企画や営業企画部は、営業職とは違うのだろうか?どのような内容の仕事をするのかなど、詳しく調べてみました。

営業企画・営業企画部の仕事内容と役割

会社によっては営業職が別にある企業もありますが、営業職が無い場合は営業企画や営業企画部が営業と同じような仕事を求められることがあります。企業によっては、営業企画も営業職と考えている場合もあり、求人広告を見て営業の企画だから受けてみたいと思っても、実際に働くとイメージとは違った仕事を求められることもあります。

営業とはお客様や取引先に足を運んだり、新規開拓をする仕事内容が主です。しかし、営業企画は営業のサポート役として営業への方針や企画を提案する仕事が主になります。サポート役といえども、規格を提案する役割がありますから規格の内容によっては、営業と一緒に取引先へ向かうこともあります。

会社によっては営業企画=営業の考えもある

会社によっては、営業職が営業企画も行うケースがあります。営業で学んだ知識を基にして、規格を練り資料作成をしたり、営業戦略を立てたりします。当然、実際に現場を見てからでないとわからないことが多くあります。営業自身がマーケティングや顧客の分析を行うことで営業企画もスムーズにできると考えられるケースもあります。

このように営業職としての経験を役立てて営業企画を行う事で、新しい仕事を増やす事ができます。営業職で経験したことが営業企画で役立つことが多く、営業から企画まで行う場合は、身近にお客様を感じてダイレクトな意見を集めて営業企画を行うのがべストと言えます。

営業企画の役割

営業企画の役割は営業で成績を上げるため、市場のマーケティングをして戦略や目的を決めます。具体的な戦術を考えて実績を上げられるように提案する役割があります。提案した内容で結果がでたり、お客様に喜ばれたりすると営業企画としてのやりがいを感じます。営業の数字が上がれば結果が見てわかるので、営業企画の喜びを感じますが、結果が出ない時は、評価をされにくいポジションでもあります。

営業企画が行う提案やマーケティングの事例

営業企画の仕事は直接的に営業成績に結びつく大切な役割があります。具体的な内容や相手の求めるニーズに応える内容でなければなりません。例えば、住宅を購入したいお客様がいたとします。お客様の予算や希望する内容を聞きだし、事前に資料を作って渡すことがあります。実際に購入したらどのような家が手に入るのかを具体的に提案することで、お客様もイメージしやすくなります。このように、多くの場合提案書を書く事が増えてきたと言えます。

企業向けにも提案書

個人のお客様に対しても提案書を作るケースが増えてきましたが、企業に対して規模が大きな営業ではなおさらです。従来契約していた商品より、提案する商品に変えたらどれだけのメリットがあるのか伝えると、得意先の企業も喜んでくれます。パソコンなどを利用して、より細かいデータをまとめて資料を作ると、具体的にな提案もしやすくなります。営業企画は現場で何が求められているのかを考えて、資料制作をする必要があります。

マーケティングの重要性

具体的な事例を考えると、やはりマーケティングの重要度がわかります。提案書の内容は具体的で説明する相手にとって有益な情報でなければなりません。企画提案書を作るには、まずはマーケティングが重要だといえます。消費市場での傾向や動向を分析して、どのような商品が求められているのかを考え、勧めたい客層などをマーケティングする必要があります。

その上で、お客様と直接会話して求めていることをプラスして考え、ベストな提案をすることが望ましいです。

営業企画用の企画書の作り方のコツ

次のページ:企画営業職はかっこいい?

初回公開日:2017年08月17日

記載されている内容は2017年08月17日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests