Search

検索したいワードを入力してください

仕事を機械化する方法・機械化するメリット・仕事はなくなるのか

更新日:2020年08月20日

機械化することにはどのようなメリットがあるのでしょうか?テクノロジーの進化によって機械化が進んでいる仕事も多いですが、機械化の影響によって仕事がなくなるのではないかと心配する人も多いです。機械化の実態を知り、今後の動向を把握しておきましょう。

仕事を機械化する方法は?

テクノロジーの進化によって技術は発展を続けています。技術発展の裏には研究者や科学者の活躍もあり、さらなる進歩、発展に向けて日夜研究が進められています。テクノロジーの進化によって便利なものがどんどん生まれますが、それを上手に利用できなければ意味がありません。

せっかく素晴らしい技術があっても、それが活かせなければ意味はなく、技術などは活用できて初めて価値を持ちます。テクノロジーの進化によって機械化が進められていますが、単に機械化するだけでは仕事が楽になるわけではありません。

仕事を機械化するためには、それを導入しなければなりませんし、導入方法を考える必要があります。仕事を機械化するには、どのような方法を取ればいいのでしょうか。

一部

仕事を機械化するためには、まずはどの部分を機械化すべきかを考える必要があります。機械化する目的は仕事の効率化を図ることであり、機械化しても仕事がスムーズに進まなくなってしまっては意味がありません。

機械化すれば必ずしも便利になるとは限らず、場合によっては不便になってしまい、人の力でやった方がいいという場合もあります。闇雲に機械化を考えるのではなく、どの部分を機械化すべきか、何が機械化されれば便利になるかを考えることが大切です。

いきなりすべてを機械化するのは難しいので、一部に限って機械化を進めていくのがポイントです。仕事の中でも特に面倒な作業、効率化を図りたい作業を抜き出し、その機械化を考えることが大切です。

全部

仕事を機械化する場合は、一部だけではなく、仕事の全部が機械化できる場合もあります。これはどのような技術が開発されたかにもよりますし、すべてを機械化しようと考えれば、より複合的な技術が必要になります。

導入する機械の量なども多くなりますし、初期費用が多く必要です。仕事の全部を機械化する場合は、特に考えるべきことはありませんが、費用がかかることは覚えておかなければなりません。またこれまで働いていた従業員の仕事を奪うことになりますので、その対応も考えておく必要があります。

機械化するメリットは?

機械化をすることで便利になることも多く、メリットはたくさんあります。機械化をしたことで得られるメリットは便利になることが主な割合を占めますが、良いことはそれだけではありません。

どの部分を機械化するかによって得られるメリットは違いますし、仕事の種類によってもどのような点が便利になるのか、どのようなメリットが得られるのかは違っています。機械化することには当然メリットがありますが、実際にどんなメリットがあるのかを、正確に把握しておくことが大切です。

仕事を機械化するメリットを知り、それぞれの仕事でどのような点が便利になるのかを知っておきましょう。

農業

農業を機械化するメリットとしては、作業効率のアップが挙げられます。農業は重労働ですし、さまざまな工程を経なければ作物を育てることはできません。種をまけばすぐに目が出るわけではありませんので、水やりなどを定期的におこなわなければなりませんし、害虫の対策なども必要です。

また種をまく前にも土を耕して肥やしておかなければならず、それもかなりの重労働になります。農業における機械化では、人間が機械を操作することが多いので、完全に作業が自動化されるわけではありません。

しかし機械化をすることによって、それぞれの工程での作業が格段に楽になりますし、作業効率も上がります。人によっては大きな農園を持っている場合もありますし、一つ一つを手作業で世話している余裕はない場合も多いので、機械化は非常に重要だと言えます。

林業

林業を機械化するメリットとしては、少ない力で大きな成果が得られることが挙げられます。林業の仕事もさまざまではありますが、最もイメージされやすいのは木材の切り出しなどです。仮に機械化がされていなければ、のこぎりなどで木を一本ずつ切らなければなりませんし、一本切り倒すだけでもかなりの時間を要します。

機械化をすることによって、短時間で大きな木でも切り倒せることはもちろん、木に歯をあてがうだけなど、労力も少なくて済むことが多いです。また切り出した木材を運ぶ場合でも、人力で運ぶとなれば、かなりの人数が必要ですし、力がなければ運ぶことはできません。

この工程も機械化することで少ない労力で運ぶことができますし、機械を運転するだけで力を使わずに木材を運び出すことができます。

調剤

調剤の仕事を機械化するメリットとしては、ミスが減ることが挙げられます。調剤をするためには薬剤師の資格が必要ですし、絶対にミスのないように責任感と集中力を持って臨まなければなりません。

医師からの処方箋をもとに調剤をおこないますので、処方箋どおりにしていればミスをすることはありませんが、それでも絶対はありませんし、人間誰しもミスをしてしまうことはあります。調剤を機械化することができれば、処方箋どおりに間違いなく薬を提供することができますし、ミスを減らすことができます。

プログラムされたとおりに動きますので、人間のように疲れがたまって判断ミスをするということもありません。集中力の必要な仕事だからこそ、疲れることのない機械の導入が大切だと言えます。

介護

介護の仕事を機械化するメリットとしては、介護者の負担を減らすことができることが挙げられます。介護は人手不足に悩まされている業界であり、常に仕事が山積みになっていることも少なくありません。

加えて介護の仕事は体力が必要なことも多く、肉体労働としても過酷な仕事です。介護の仕事は完全に機械化をすることは難しいですが、介護者がスムーズに動けるように一部を機械化することができれば、労働者の負担はかなり減らすことができます。

介護の仕事ではパワースーツなどのロボットなどが導入されている場合も多いですし、ロボットの導入によって業務の簡略化が可能になります。仕事を簡略にすることで仕事のハードルも下がりますし、働きやすい環境になれば応募者も増え、人材不足の解消にもつながります。

次のページ:機械化することで仕事はなくなるのか?

初回公開日:2018年03月10日

記載されている内容は2018年03月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests