Search

検索したいワードを入力してください

2018年05月01日

できる仕事がない場合に考えるべきこと・転職方法

できる仕事がないと誰でも思う時があります。転職をして新しい職場が合わなかったり、もともと職歴や学歴がなかったりと人によりさまざまです。できる仕事がないと思ってもいずれ仕事ができると信じて、体力作りや資格の取得をしておきましょう。諦めない事が重要です。

性別で見たできる仕事がない場合考えたいこととは

大学や専門学校を卒業しただけでは、なかなか自分のしたい仕事が見つからなく、30代になると転職を繰り返して、できる仕事がないと感じる人は多いです。

もともとしたい仕事がない場合は、派遣会社などに登録してそのまま、年齢を重ねてできる仕事がないと感じるような状態になっている場合が多いです。またプライドが邪魔をして仕事を選んでいたり、できる仕事がないと思って行動を起こさない場合もあるので、どんな仕事でも仕事に対する考えがしっかりしていないと仕事を得る事が難しくなります。

男性の場合

男性の場合は待遇がしっかりしている仕事が多いです。それなりに責任も伴いますが、きちんとした組織に属していれば、仕事に困る事はないでしょう。できる仕事がないと感じる人のほとんどは仕事に対する考え方が甘かったり、仕事をこなす能力がなかったりとさまざまです。

できる仕事がないと思っていても諦めずに非正規社員から正社員に成り上がる気持ちがあれば、できない仕事はないでしょう。

女性の場合

女性の場合は家庭に入る事を前提に会社に入社するので、雇用形態が安定しない事もあります。男性並みに仕事をしていかないてはいけないので、クオリティーの高い仕事を求められます。できる仕事がないと思っても男性ほどの責任を担う事がないので、企業でも介護士でも看護師でも女性の持久力を活かした仕事を選ぶ事は可能です。

子供を養いながら仕事をしていかなくてはいけないので、選ぶ仕事も自然と勤務時間の少ない仕事などに限られてきます。家庭と仕事の両立を考えると男性よりはできる仕事がないと感じる事は多いと言えるでしょう。

できる仕事がない場合の賢い転職とは

デスクワークからガテン系の仕事に思い切って転職してみたり、自分で店舗の店主になったりとできる仕事がない人はそれなりに考えていかないと仕事を得る事は難しいです。

できる仕事がないと始めから決めつけて仕事を探すよりも、今までしたことのないような仕事を選ぶのも選択肢として考えましょう。今までの仕事で得た知識や新しい仕事で関係のない、仕事への情熱などを面接で話せば、採用の可能性はあります。また資格や免許を取る事でできる仕事も増えます。

30代の場合

30代の場合は結婚をして子供がいて、住宅ローンを組んでいる場合もあります。30代の転職はなかなか勇気がいるでしょう。また独身でできる仕事がないと嘆いている人も、アルバイトさえ見つからない人もいます。

職歴がある程度あれば、資格や免許を取り、専門的な仕事に就きましょう。また畑違いと言われるような仕事でも実力を発揮する人もいます。30代でできる仕事がないと思う人は多いですが、ハローワークや新聞の求人よりも、実際に会社を尋ねた方が良い就職ができるでしょう。

40代の場合

40代でできる仕事がないと感じる人は年々増えています。50代でも60代でもそれは一緒です。40代で新卒や20代の中途採用を狙う事もできますが、なかなか良い結果をもたらすことは難しいと考えた方が良いです。

今まで経験を活かして、起業したり、店を開業したりした方が得意でない仕事を続けるよりも無難です。時代が何を求めているかを考えて、急成長している会社に入社したりと方法はさまざまです。できる仕事がないと諦めて何もしないのはやめましょう。

職歴がない場合

アルバイトでも10年勤めれば、立派な職歴となります。職歴がなければ資格や免許があっても使ってくれる会社は少ないでしょう。年齢が若ければ公務員を目指す事もできます。

職歴がない場合はアルバイトなどをして、僅かでもいいので職歴を作るようにしましょう。アルバイトから正社員の登用がある会社などを狙い、就職するのもよいです。営業ならば、職歴がなくてもできる仕事があります。女性ならば保険の外交員、男性ならば成績重視の営業マンなどです。

特徴別に見てできる仕事がなかったらどうするか?

できる仕事がないと諦めない事が重要です。ニートやフリーター、コミュ障でも就ける仕事はあります。社会に適応できない人が働いている作業所や、清掃などの仕事には就く事が可能です。

また小さな店舗に、実際に訪問してお願いしたり、親戚の職場で働いたりと方法はいくらでもあります。まず必要な事は諦めない事です。極端な考えになるとロクな事がありません。人に感謝をして、常に一人では暮らせないと言う事を念頭に動いていけば、できる仕事がないということはなくなるでしょう。

ニートの場合

ニートとは学校も仕事もしていない人達です。自由な毎日を送っているので、まずは普段の生活を改める事から始めましょう。規則正しい生活をして、いつ就職してもよい環境作りから始めましょう。

今、ニートと呼ばれている人の社会の評価は大変厳しいです。生活保護予備軍ともなっているので、就職しづらいですが、親類を頼って仕事を得たり、小さな店舗で働く事はできます。実際にどのような人間なのかを分かってもらうためにも、会って分かってもらえるような職場がいいでしょう。

コミュ障の場合

コミュ障とはコミュニケーションに障害を持った人です。コミュ障の人はまず普段の会話から、挨拶を練習しましょう。コミュニケーションを取るのが苦手な人が多いので、普段のコミュニケーションの能力を高めるようなことをしていきましょう。

コミュ障は努力すれば、ある程度は回復できます。またスマホやパソコンでの通信手段をとらずに電話などをできるだけ利用しましょう。ニートと同じく親類の職場や、小さな店舗や作業所などであればできる仕事がないと嘆く事はなくなります。

常に体を動かしてすぐに仕事ができる状態にする

できる仕事がないと嘆いている人の場合ですが、いざ仕事が見つかっても体力がなければ仕事が続きません。普段からの体力作りも必要になります。体を動かして体力をつけても、仕事で使う神経とは違うので、人前に出るような活動をしたり、普段使わない神経を使う事をしていきましょう。

できる仕事がないと言って何もしないのが一番良くないです。できる仕事が見つかると信じて行動をしていくことが必要です。

資格や免許を取ってできる仕事を増やす

職歴があれば、資格や免許を取る事で新しい仕事を得る事ができます。年齢に関係なく、資格や免許は取れるので、若いうちしか入社できないような会社を選ぶよりは、専門的な知識をつけて働く方が良いでしょう。

また、趣味を広くしてキャパシティや引き出しを増やしておく事も必要です。異性にモテる意味でするのではなく、豊富な経験が役に立つ時が必ず来るからです。

できる仕事がないと諦めないことが重要

先ほどから述べていますが、まずできる仕事がないと諦めて何もしないことが一番ダメです。体力作りや、資格や免許の取得、本を読んで知識を高める事なども必要になります。

ラジオやテレビや映画から学べる事もあるので、できるだけ情報を集めておきましょう。自分のモチベーションを高められるような情報を集めるようにしましょう。とにかくできる仕事がないと諦めない事です。

できる仕事がないと分かってもチャンスを待つ

金銭的に困っていても仕事に就けない事はあります。仕事を選んでいなくても仕事に就けない事もあります。その場合は自暴自棄にならずにじっとチャンスを待ちましょう。友達が多い人は、友達に仕事を紹介してもらっても良いでしょう。

諦めることをしなければ、チャンスはいずれやってきます。問題はそれまでどう過ごしていくかが問題です。

誰でも輝ける場所は必ずある!

この世に必要のない仕事はありません。どのような仕事もなければ色々な人が困ります。まずは今している仕事に誇りを持ちましょう。仕事への考え方がしっかりしていれば、いずれできる仕事は出てきます。諦めずにチャンスを待ちましょう。

自分に合った仕事がすぐに見つかる人とそうでない人がいます。誰でもスポットを浴びて輝ける職場が必ずあるはずです。自分が輝ける仕事に就くためにはとにかく諦めない事です。

Related