Search

検索したいワードを入力してください

【種類別】SALESFORCEの資格の難易度と勉強方法|本

初回公開日:2018年02月11日

更新日:2020年06月02日

記載されている内容は2018年02月11日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

SALESFORCEの資格は非常に難易度の高い資格試験をパスすることが必要ですが、手に入れることでの恩恵を考慮すれば努力する価値のある資格です。資格には基本資格と上位資格があり、多くの種類があります。最初は自分に必要な資格の見極めが大事です。

Salesforceの資格の難易度

Salesforce資格とは、Salesforceの導入について幅広く知識を持っていることが求められる資格です。この資格を習得するには独学では非常に難易度は高いと考えられています。その理由は、問題集の丸暗記だけでは難しく、実際にSalesforce製品を触っていじるという経験が無いと問題を解くイメージができないことが多くなることによります。

Salesforce資格取得についてどのような事を勉強していけばいいのかあらゆる角度で情報を色々と伝えていきます。

RUBYの資格に関するおすすめの本

Salesforceの資格について学んで行く前に知っておいた方がいいことがRubyとなります。Rubyとはオブシェクト指向のスクリプト言語です。この言語を使用するとRuby on RailsというWEBアプリケーションフレームワークを使うことができるようになります。

ちなみにオブジェクト指向とは、カプセル化、継承、ポリモーフィズムという特徴を持っています。そして資格検定を受けるに当たっておすすめの本は、Ruby技術者認定試験合格教本となります。

SALESFORCEの資格の試験問題

SALESFORCEの資格を取るための試験問題は、SALESFORCE製品の細部についてまで問われることが多く問題集などを暗記するだけではまず合格できません。

SALESFORCE製品を実際にいじってどのようになっているかを体感しておくことが必須と言えます。よって日本語版のSALESFORCE資格問題集などを使って実際に触りながら学んで行く事が試験合格への早道となります。

SALESFORCEの資格に関するおすすめの参考書

【種類別】SALESFORCEの資格の難易度と勉強方法|本
※画像はイメージです

SALESFORCEの参考書としておすすめなのは、はじめてのForce.comセールスフォース構築入門などがわかりやすく解説してくれています。

そしてSALESFORCEを実際に使い始めるとさまざまな知らない言葉が出てくることが多く都度スタックしてしまうことが多くなります。そのような時の強い味方が実はSALESFORCEホームページにあるお客様サポートページです。非常に参考になることが多いのでぜひ活用することをお勧めします。

SALESFORCEの資格の勉強方法

SALESFORCEの勉強方法としては、1番重要なのはSALESFORCEをいじりまくるということです。教科書で問題だけをみていてもイメージできなければまず進まないのでとにかくいじる事です。

そして、SALESFORCE社が提供している講習を受けることが主な勉強方法となります。

SALESFORCEの資格更新の仕方

SALESFORCEの資格については、一度合格したら終わりというわけではなく更新が必要となります。更新が必要な理由は、SALESFORCE自体が定期的にバージョンアップされて新機能が追加されるため資格についても更新制度が導入されています。資格の更新としては、基本資格に対するオンラインで受験できるリリース試験に合格することで資格が更新されます。

ただし、リリース試験に三回以上不合格となった場合には、再受験の申し込み制限をかけられてしまうので注意が必要です。

SALESFORCEの資格の一覧

SALESFORCEの資格にはどのようなものがあるのか見ていきましょう。その資格内容は大きく分けて基本資格と上位資格に分けられています。基本資格と上位資格にはどのようなものがあるのか詳しく見ていきましょう。

基本資格の一覧

基本資格については大きく区分するとCRM管理者/コンサルタント、開発者/アーキテクト、マーケター/コンサルタントに分けられます。それぞれについてみていきましょう。

CRM管理者/コンサルタントの基本資格

Latests