Search

検索したいワードを入力してください

毒劇物取扱者の試験の難易度と都道府県別の難易度の違い

更新日:2022年09月01日

のある資格の1つに毒劇物取扱者があります。この毒劇物取扱者になるには資格試験を合格する必要があります。この試験は都道府県によって難易度が違うという問題もありますが、やるべきことをやっていれば難易度の差は関係ありません。毒劇物取扱者試験について説明します。

毒劇物取扱者の試験の難易度

毒劇物取扱者の資格は「毒物および劇物取り締まり法」によって規定されている毒劇物の製品を製造、販売、輸入を行う際に必要な資格となります。この資格はその会社に1人いればいいということではなく、販売を行う店舗に毒劇物取扱者を1人置かなければなりません。

そしてこの毒劇物取扱者になるには毒劇物取扱者の試験を受験して合格する必要があります。しかし、この毒劇物取扱者の試験はそこまで簡単ではなく、かつ都道府県によって難易度が違うという特徴があります。今回はこの毒劇物取扱者になるための試験についてと、この試験の難易度、そして都道府県によってどのように難易度が変わるのかを解説していきます。

受験以外で毒劇物取扱者になるには?

毒劇物取扱者になるにはいくつかの方法があります。実はある一定の条件を有している人は、わざわざ難易度の高い毒劇物取扱者試験を受験することなく毒劇物取扱者になることができます。

薬剤師

薬品を取り扱うプロである薬剤師は、毒劇物取扱者試験を受験しなくても申請を行えば毒劇物取扱者になることができます。申請を行う際は、役所に薬剤師の免許証を提示すれば大丈夫です。

国が認める学校で応用化学に関する学科を修了した人

国が認めた学校、正確には厚生労働省が認めた学校で応用化学を修了した人も、その学校の卒業証明書やその成績を証明する物があれば、毒劇物取扱者の試験を受験せずとも毒劇物取扱者になることができます。

毒劇物取扱者試験に合格する

毒劇物取扱者になるもっともスタンダードな方法が受験です。毒劇物取扱者試験の受験資格は基本的に18歳以上であれば誰でも受験できますが「心身に障害があり役目を果たせない」「麻薬、覚せい剤の中毒者」「毒劇物の関する犯罪を犯し、刑の執行を受けて3年を経過していない者」に関しては受験ができません。

毒劇物取扱者には免許証がない

毒劇物取扱者に近く、難易度も近い試験に危険物取扱者の試験があります。危険物取扱者の試験に合格すると免許証が発行されますが、毒劇物取扱者試験に合格しても免許証は発行されません。証明書だけが一枚発行されるだけですので、先述した薬剤師や学科修了者にも改めて毒劇物取扱者の免許証などは発行されません。

毒劇物取扱者試験の偏差値

毒劇物取扱者試験の偏差値に関してですが、もっとも難しい試験を100とした場合、毒劇物取扱者試験の偏差値は約40前後です。これを高いとみるか低いとみるかは人それぞれですが、合格傾向としては対策を間違えずに行なっていれば、多くの人が一発合格を果たしていますので難易度は若干高めでも対策を怠らなけらば恐れることはないです。

毒劇物取扱者試験の合格率

難易度や偏差値と並び気になる数字が毒劇物取扱者試験の合格率です。毒劇物取扱者試験は都道府県によって難易度が変わっていますので一概にこの合格率の数字が全ての都道府県に適用されるとは限りませんが、全国平均として毒劇物取扱者試験の合格率は約40パーセントです。

都道府県別の毒劇物取扱者の難易度の違い

毒劇物取扱者試験は地域によって難易度が大きく変わります。また地域によって試験内容も若干変わっており、筆記と実地を行う地域もあれば筆記のみの地域もあります。これにより試験の難易度も変化しますので、その点に関しては批判もあります。

どれくらい難易度が違うのか?

次のページ:毒劇物取扱者の難易度に対応する勉強方法

初回公開日:2017年12月04日

記載されている内容は2017年12月04日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests