Search

検索したいワードを入力してください

内定延期の方法・メール/電話での伝え方と例文・一般的な期間

更新日:2020年08月20日

就職活動をするとき、同時期に何社も採用試験を受けるのは一般的です。そんなとき、内定が出るタイミングは企業によって様々です。思うように進まない場合、内定延期を伝える方法があります。少しの時間内定を受ける時間を延ばしてもらう方法です。詳しい依頼方法をご紹介します。

内定延期をしたい場合の方法とは

就職活動中に同時に採用試験を受けることがあります。複数の企業から内定が出たときや第一志望の企業からなかなか通知が届かないこともあります。こんなとき、先に内定通知をいただいた会社に返事を待っていてほしいと思うのが就活生の心理です。

実際に内定延期をお願いする場合、どのくらいの期間なら延期ができるのでしょうか。延期をするときは電話かメールどちらがいいのか詳しく解説します。

内定をもらいましたか?

学生の皆さんは6月から就職活動を始めるのが一般的です。9月ごろまで続き、最終選考に通ると10月ごろに内定通知が送られてきます。そして、3月に卒業をして4月から社会人としてのスタートをきります。企業から内定通知をいただく事が内定決定となります。

内定延期はできるのか

企業から内定通知をいただくと、内定承諾書や入社承諾書を提出するのが一般的です。内定承諾書と入社承諾書は、正当な理由がある場合を除き必ず入社しますという、意思表示をする書類です。

内定書承諾書や入社承諾書は企業との書類上のお約束となり、強い拘束力はありません。ですから、この内定承諾書や入社承諾書を提出したからといって、必ず入社しなければいけない決まりはありません。

内定承諾書や入社承諾書の提出期限

内定承諾書や入社承諾書の提出期限は、一般的に2週間~1か月が目安です。企業によって様々ですが、就活生は複数の企業の選考を受けるため、他企業の選考結果を待ってから内定承諾や入社承諾をしたいと思います。

その場合、内定をいただいた企業に内定承諾書や入社承諾書をすぐに提出できない状況になります。このとき、内定期限の延長を会社に依頼することになります。一般的に内定延期とされるものです。延期を依頼することで、内定は保留したまま他社への内定が決まるかどうかを待つ事ができます。最も希望していた会社へ入社するためにも内定延期は大切です。

きちんと内定延期の依頼をすれば、多くの企業は入社諾否の返事を待ってくれることが多いです。しかし、いつまでも待っていてくれるわけではありませんので、必要な期限を伝えて待ってもらいましょう。

内定延期の理由を伝える

内定承諾書や入社承諾書に法的な拘束力がない事はわかりました。企業によって内定承諾書や入社承諾書の取り扱いも様々で、内定延期の対応も同様です。最悪の場合は、内定延期を依頼すると内定取り消しとなるリスクもあることを考えて行動しましょう。

理由の伝え方

内定延期を依頼する時、その理由を聞かれます。なぜ、提出を延ばすのか、どのような理由があるのかを伝えられるように、事前に整理しておきましょう。内定延期を依頼する場合、正当な理由であることと、早めに連絡を入れることが大切です。

内定延期を依頼する手段は、メールか電話です。どのように伝えれば失礼にあたらないのか、考えてみましょう。まず、正直に理由を話すべきか悩むと思います。もし、正直に他社の選考を待ってから返答したいと伝えると、いきなり内定取り消しになってしまう恐れもあり、最悪はどこにも就職ができないということもありえます。正直に伝えるかの判断は、注意深く考えた方が良いです。

社会人としての対応

就活生が内定延期を依頼するのは、多くは他社の選考結果を確認したいからでしょう。つまり、内定延期を依頼する会社に対して、あなたの会社は第一志望ではないので内定を保留してくださいと、遠回しに伝えていることになります。

そんな理由で内定延期を伝えられた採用担当者は、快くは思いません。一般的に、他社の選考結果を受けてから判断したいという就活生の本音は、企業に対して失礼にあたるといわれています。このような本音を伝えると、内定取り消しになる可能性も考えられます。

そして、新社会人となるわけですから、ビジネスマナーを踏まえ、ある程度の建前や配慮は必要になります。スマートに伝えられるように、きちんとした理由付けを考えておきましょう。無難な言い回しは、「誰かに相談したいため」や「もう一度じっくり検討をしたいため」などと言う理由で内定延期を依頼するのが望ましいです。

内定延期を電話で伝える

電話で内定延期を伝えると、確実に内容が伝わり、担当者に誠意を伝えることができます。直接話すことで、メールでは伝わらない気持ちが伝えやすくなるのがメリットといえるでしょう。では、実際に電話で内定延期を伝える方法をみていきましょう。

電話で内定延期を伝える例

本日、内定通知を頂戴した○○と申します。この度はありがとうございました。すぐにでも入社承諾のお返事をすべきなのですが、父が就職について詳しく話を聞きたいと申しており、一度実家へ戻りたいと考えております。私としてはぜひ御社へ入社をしたいと考えておりますが、誠に勝手な事で恐縮ですが、○月○日まで返事を待っていただくことは可能でしょうか。

電話で伝えるポイント

電話をかける前に、必ず自分が伝えることや聞きたいことを整理しましょう。電話をかける前には大丈夫だと思っていても、実際に会話が始まるとだんだん緊張してきて、言いたいことを忘れてしまい、聞けずに再度電話することにもなりかねません。

まずは「名前」です。最初にきちんと自分の名前を名乗ります。そして「お礼」。内定をいただいた事に対して感謝の気持ちを伝えます。このとき、内定延期をすることも伝え、内容を詳しく話します。最後に「入社への意気込みなど」です。いったん延期をお願いしますが、入社の意思があることを伝えましょう。簡潔にまとめて短く伝えるのがポイントです。

電話で話すときは緊張して早口になりがちです。ですから、落ち着いてゆっくり話すことを心がけましょう。一方的に言葉を投げると、相手が会話しようとしても入り込む余地がありません。一方通行になってしまうので、ゆとりを持って話すことが大切です。

一言終えたら腹式呼吸をして、会話に「間」を作ります。そうするとゆっくり話せて丁寧に誠意を伝えていると相手に感じさせ、好印象につながります。

電話の時間

内定延期を伝える電話のタイミングは、10時台か14時~16時がです。また、内定をいただいた会社によって忙しい時間帯がわかる場合は、その時間を避けましょう。一般的な会社は、始業時間から10時ごろまでは朝礼が終わりメールチェックや急ぎの仕事など、忙しい時間帯であります。特に、休日明けや長期休暇の後は対応する業務が多くあり、忙しい時間帯です。

急ぎで伝えるなら別ですが、午前中に伝えるには10時台がです。11時台でも問題はありませんが、早めに昼食をとるケースがあるので席を外している可能性があります。午後の場合ですと、休憩終了直後はミーティングや急ぎの対応に追われやすいです。

一段落できる、14時~16時ごろがベストでしょう。17時以降になると、就業時間が近づいてくるので作業に追われます。このような忙しい時間帯にかけると迷惑がかかるので避けましょう。

事前にご自身が受けられた会社の始業時間や休憩時間がわかると、ベストなタイミングがわかるので便利です。

初回公開日:2017年08月14日

記載されている内容は2017年08月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests