Search

検索したいワードを入力してください

2017年09月12日

内定面談の内容・質問例|お礼メールの書き方と例文・辞退は可能?

企業から内定をもらった際、数日後に内定面談という面談を行う場合があります。内定面談の主な内容、内定面談後の流れ、内定面談の時に必ず確認しておきたい質問やお礼のメール、内定を断ってもいいのかなど、気になる内定面談に必要なプロセスをご紹介いたしましょう。

内定面談の内容

企業から内定をもらった後、内定面談という面談を行う企業があります。では、内定面談とはどのような面談なのでしょうか。まずは、内定面談の目的についてご説明しましょう。

内定面談とは?

内定面談とは、企業が内定通知後、入社前に行う、内定者がその企業に入社するのか否か意思確認をするための面談です。また、内定者の疑問に思うこと、不安なことを取り除くことも目的としています。

こちらは面接や採用試験ではありませんので、特に身構えても結果に支障はありません。ですが、まだ状態としては『内定をもらった状態』ですので、確実に入社したわけではありません。内定面談に行く際は、まだスーツが無難でしょう。

私服で来てくださいと言われれば、オフィスカジュアルを意識した服装で失礼のないようにしましょう。

主な内容

内容面談の主な内容は、
『本人の入社意思確認』
『給料・昇給などの説明』
『厚生年金・社会保険などの説明』
『仕事についての説明』
『有給休暇など休暇について』
などの説明が主な内容です。

基本的には、一通りの内容を再確認し、内定者が入社したいと思う意思を再確認、仕事や休暇などの不安なことを質問して解消するなど、内定者に対しての確認を行う場です。内定面談は内定者と企業とのミスマッチを防ぐ目的があるのです。

内定面談での質問例

内定面談の内容・質問例|お礼メールの書き方と例文・辞退は可能?

内定面談を受ける前に自分がその企業について疑問に思うこと、不安なことなどは、入社前に内定面談でスッキリ解決してしまいましょう。この項目では、内定面談で聞いておきたい質問例を解説しています。

給与・昇給について

内定面談では必ず確認しておきたいことです。給与は企業で仕事をする上ではとても重要です。募集要項と入社後の給与が違っていて、給与は貰えるのに時間外労働が多いなどのブラッック企業の可能性もあるからです。

また、仕事の頑張りに応じた昇給制度も確認しておくといいでしょう。仕事を頑張れるモチベーションにも繋がります。残業もちゃんと残業代が出るのかどうかも確認しておいたほうがいいでしょう。残業代未払いの企業は意外にも多いので、注意が必要です。

有給休暇や福利厚生について

休暇についても確認しておきたい重要なことです。週休二日制といっても、土日祝と書かれていない限りは、土日祝が週休二日制とは限らないからです。特にこの休暇については、有給休暇もきちんと取れるのか確認しておくといいでしょう。

最近は、週休二日制にも関わらず、時間外労働が多く働きすぎて過労死してしまう人も続出しています。そんなことにならないためにも、有給休暇などのリフレッシュ休暇など導入しているかも、再度確認しておくといいでしょう。

忙しい時期について

企業には業種にもよりますが、一年のうちでもっとも忙しい時期というのがあります。有給休暇を取ろうと考えていて、『有給休暇の申請をしたら繁忙期で休みを取らせてくれなかった』などの経験談が多くみられます。

あらかじめ繁忙期についても質問をしていつ頃忙しい時期となるのか、再確認をすることも有給休暇をスムーズに取るための大切なことです。あらかじめ分かっていれば、有給休暇も申請しやすいでしょう。

配属先の部署などについて

部署などが設けられていて、入社前にまだ配属先が決まっていない場合は、どのような部署が希望なのか聞いてくる場合があります。また、自分からはどのような配属先があるのか、配属先の人たちはどのような人がいるのかなど、部署の雰囲気なども聞いてみるといいでしょう。

入社後に配属先の人たちが怖くて冷たい人ばかりだった。希望と違う部署に配属されたなどの自分が思ってもいない方向に行ってしまう場合もありますので、確認はしておいたほうがいいでしょう。

お礼のメールの書き方と例文

内定面談が終わったらその日のうちにお礼のメールを送っておきましょう。あらためて、入社前に内定をもらえたことの感謝をすることによって、礼儀正しい内定者だと企業の好感度もアップします。

この項目では、企業へ送る内定通知、内定面談のお礼のメールの書き方、例文についてご紹介しています。例文だけでなく書き方のポイントもまとめてみました。

内定面談後のお礼のメール例文

【新卒でのお礼メールの例文】
○○株式会社
新卒採用担当者 様

お世話になっております。○○大学の○○▲▲と申します。

この度は内定の面談をしていただきまして、誠にありがとうございました。一日も早く貴社の一員として事業に貢献できるよう、努力しながら残りの学生生活を過ごしてまいります。
今後とも、ご指導のほどよろしくお願い致します。まずは取り急ぎ、お礼申し上げます。

【中途採用でのお礼メールの例文】
株式会社○○
採用担当者 様

お世話になっております。○○と申します。先日は、面談をしていただき、ありがとうございました。入社後は貴社の社員として、一日も早く業務を覚え、貴社に貢献できるよう、精一杯努力してまいります。まずは、取り急ぎお礼申し上げます。

内定面談後はできるだけ早めにお礼のメールを

内定面談後はその日内にお礼のメールを送るといいでしょう。何週間も経ってからでは、印象も悪いですし、今更感があります。その日のうちにメールができない場合は3日以内に送るといいでしょう。

仕事への意気込みを書くと好感度アップ

お礼のメールには、ただ内定面談をしてもらったことのお礼だけでなく、今後自分がどれだけ企業と社会へ貢献していきたいのかなど、仕事への意気込みについて一言書いておくと企業への印象はより一層好印象に感じられるでしょう。

送信する時間帯に注意しましょう

メールを送信する時間帯にも注意が必要です。なぜなら、休日や夜間には他の企業からの緊急な連絡などが届く場合もあるため、お礼のメールの場合は就業時間内、もしくはメールチェックがされやすい朝に送るのがマナーとされています。

内定面談後の流れ

続いては、内定面談後の流れについてご説明いたします。内定面談後は、どのようなプロセスで入社までいけるのか詳しくまとめてみました。

企業から内定通知が届く

内定面談後、企業から改めて内定通知書が届く場合があります。その際もお礼のメールはしておいたほうが好印象でしょう。メール、または書面で送られてきますので、なくさないようにしっかりと保存しておきましょう。

内定の承諾

内定通知が届いたら、続いては内定の承諾です。内定の承諾はメール、または電話で行います。内定をどうしても辞退したい場合は、ここでも内定を断ることはできます。その際は、内定辞退の理由とお詫びの言葉を伝えるのを忘れずにしましょう。

入社日の決定

内定の承諾をしたら、入社日の決定を企業から伝えられます。まだここでも完全に入社して社員となったわけではありませんので、入社日の決定が来たら失礼のないように連絡に応じましょう。

入社手続きをする

晴れて、入社日に入社手続きをすることとなります。入社手続きは、大切な書類を渡されたり、社内のルールなどについて説明される場合がありますので、しっかりと聞いてメモなどを取っておくといいでしょう。

また内定面談でも不明な点があれば、その場で質問をして解消しておくことも忘れずにしておくと、入社してからアレコレと悩む必要はなくなるでしょう。

内定面談は辞退できる?

内定をもらったはものの、他の企業での内定もあり、別の企業へ行きたい場合、断ることは可能なのでしょうか。もちろん、内定を断ることは可能です。失礼かもしれないと悩むよりも、別の企業へ行きたいという意思があるなら、別の企業へ行ってもいいのです。

内定面談に行ってからでも内定承諾をしない限りは、内定を断ることもできます。もちろん、面談に行く前でもメールか電話で断ることができますので、複数の内定で悩んでいる方は参考としてみてください。

内定を辞退する時の返事について

内定をどうしても辞退したい場合は、メールか電話を一本入れるようにしましょう。何の連絡もなしに内定通知を無視するのは社会人としては失礼に当たりますので、しっかりとメールの書き方も確認しておきましょう。

【内定を辞退する場合のメール例文】

株式会社○○ 人事部
採用担当 ○○様

お世話になっております。○○大学の就活花子と申します。
この度は、内定の通知を頂き、誠にありがとうございました。
このような光栄を頂きながら、誠に恐縮ではございますが、貴社の内定を辞退させて頂きたく、ご連絡をいたしました。

就職活動において、自信の適正を改めて考えさせていただいた結果、別の企業様とのご縁を感じ、他の会社への入社をすることを決意いたしました。

貴重なお時間を割いていただいたにも関わらず、このような返答となりましたことを、心よりお詫び申し上げます。末筆ながら、貴社のご発展と社員皆様のご多幸を心よりお祈り申し上げます。

敬具

○○大学:○○部 就活花子
メール:○○@○○.jp
電話番号:090-☓☓☓-○○○

内定辞退のメールを書く時のポイント

内定辞退のメールの書き方の構成は大きく分けて4つあります。『内定通知へのお礼』『内定を辞退することのお詫びの言葉』『内定を辞退する理由について』『内定をもらうのに割いててもらった時間へのお詫び』で構成されています。

この4つの項目を意識して書くことによって、内定辞退のメールを簡単に書くことができます。 内定をもらえたことというのは、とても喜ばしいことです。しかし、何らかの事情で内定を断らなければならない状況が来ることもあるでしょう。

内定を辞退する際は、お詫びの気持ちと感謝の気持ちを込めて書くようにしましょう。メールでも手紙でもかまいませんので、必ず企業へ連絡はしておくべきです。

内定面談は自分の意思をハッキリと伝えよう

いかがでしたでしょうか。内定面談は基本的には、ただ内定が決まっただけであって正式な入社とはなっていません。そのため、内定面談にはきちんとした身なりで礼儀正しく臨みましょう。

また、内定面談では、面談を断る場合引き止められる可能性もあります。しかし、内定を承諾して入社を決めるのは誰でもない外でもない、自分の判断です。内定を承諾するなら、質問などをして入社の意思を示しましょう。

また、内定を断るなら、しっかりと『申し訳ありませんが、他の企業への入社を考えておりますため、辞退させていただいてもよろしいでしょうか』としっかりと断る勇気を持つことが大切です。

内定は大変喜ばしいことです。しかし、その企業へ入るかどうかで自分の今後を決めることとなるのです。企業への入社の意思はハッキリとさせておきましょう。

タダでご飯を食べるだけで内定ゲット?!

「スーツを着て、会社説明会へ」
もうそんな就活スタイルやめませんか?

自己PRを書いて、あとは待つだけ。
そのあと、企業からスカウトメールが届いて、美味しいお肉を食べながら、就活相談をして、内定をもらう。

こんな就活憧れませんか?
そんな憧れの就活ができるのが最近CMでもお馴染みのビズリーチが提供するニクリーチ!

掲載企業数も100社以上あり、実績も十分です。
今すぐ登録して、お肉も内定もゲットしましょう!

Latests