Search

検索したいワードを入力してください

内定延期の方法・メール/電話での伝え方と例文・一般的な期間

更新日:2020年08月20日

就職活動をするとき、同時期に何社も採用試験を受けるのは一般的です。そんなとき、内定が出るタイミングは企業によって様々です。思うように進まない場合、内定延期を伝える方法があります。少しの時間内定を受ける時間を延ばしてもらう方法です。詳しい依頼方法をご紹介します。

本日、内定通知を頂戴した○○と申します。この度はありがとうございました。すぐにでも入社承諾のお返事をすべきなのですが、父が就職について詳しく話を聞きたいと申しており、一度実家へ戻りたいと考えております。私としてはぜひ御社へ入社をしたいと考えておりますが、誠に勝手な事で恐縮ですが、○月○日まで返事を待っていただくことは可能でしょうか。

電話で伝えるポイント

電話をかける前に、必ず自分が伝えることや聞きたいことを整理しましょう。電話をかける前には大丈夫だと思っていても、実際に会話が始まるとだんだん緊張してきて、言いたいことを忘れてしまい、聞けずに再度電話することにもなりかねません。

まずは「名前」です。最初にきちんと自分の名前を名乗ります。そして「お礼」。内定をいただいた事に対して感謝の気持ちを伝えます。このとき、内定延期をすることも伝え、内容を詳しく話します。最後に「入社への意気込みなど」です。いったん延期をお願いしますが、入社の意思があることを伝えましょう。簡潔にまとめて短く伝えるのがポイントです。

電話で話すときは緊張して早口になりがちです。ですから、落ち着いてゆっくり話すことを心がけましょう。一方的に言葉を投げると、相手が会話しようとしても入り込む余地がありません。一方通行になってしまうので、ゆとりを持って話すことが大切です。

一言終えたら腹式呼吸をして、会話に「間」を作ります。そうするとゆっくり話せて丁寧に誠意を伝えていると相手に感じさせ、好印象につながります。

電話の時間

内定延期を伝える電話のタイミングは、10時台か14時~16時がです。また、内定をいただいた会社によって忙しい時間帯がわかる場合は、その時間を避けましょう。一般的な会社は、始業時間から10時ごろまでは朝礼が終わりメールチェックや急ぎの仕事など、忙しい時間帯であります。特に、休日明けや長期休暇の後は対応する業務が多くあり、忙しい時間帯です。

急ぎで伝えるなら別ですが、午前中に伝えるには10時台がです。11時台でも問題はありませんが、早めに昼食をとるケースがあるので席を外している可能性があります。午後の場合ですと、休憩終了直後はミーティングや急ぎの対応に追われやすいです。

一段落できる、14時~16時ごろがベストでしょう。17時以降になると、就業時間が近づいてくるので作業に追われます。このような忙しい時間帯にかけると迷惑がかかるので避けましょう。

事前にご自身が受けられた会社の始業時間や休憩時間がわかると、ベストなタイミングがわかるので便利です。

電話での注意点

電話をするとき、つい「もしもし」と言う癖はありませんか?実はビジネスマナーとして、「もしもし」は厳禁です。内定延期を伝える際も絶対に使わないようにしましょう。まずは、電話をかけると先方が、「○○本社の○○です」と名乗ります。これに対しまず自分の名前を名乗り、「○○大学○○学部の○○と申します。人事部の○○さんお願いいたします。」とこたえましょう。

緊張してしまい、何を話していいのかわからなくなるのであれば、原稿を用意しておくとスムーズに話せて余裕が出ます。ビジネスの基本は敬語ですから、間違った使い方をしないようにしましょう。下記によく使う敬語をご紹介します。

・よろしいでしょうか
・申し訳ございません
・恐れ入りますが
・かしこまりました
・承知しました
・お手数おかけしますが

電話では、ビジネスで多く使われる敬語をスムーズに使うことができるかどうかが判断されます。原稿に盛り込んで何度か声を出して読み上げると、違和感なくできるようになります。

メモの準備

当たり前のことですが、電話をかける前にはメモを用意しておきます。頭では覚えられない内容が伝えられる場合があります。この時、メモ書きをしておけば忘れることがありません。一度聞いたことを再び質問すると、失礼にあたるのできちんとメモを取る習慣を身に付けましょう。

内定延期をメールで伝える

最近の企業はメールでの連絡を指定する会社もあります。メールは電話より伝えにくい事も言いやすいメリットがあります。しかし、まとまりのない文章にすると、見落とされる可能性もあります。わかりやすく要点を伝え、件名を見ただけで内容がわかるようにしなければなりません。文例を参考にみていきましょう。

内定延期を伝えるメール文例

<件名>
Re:選考結果のお知らせ

<本文>
○○株式会社 
人事部採用課 ○○様

お世話になります。本日○月○日に採用内定のご連絡をいただきました○○です。
この度は内定のご連絡をいただきまして、誠にありがとうございます。
貴社から評価をいただけたことを、大変うれしく思っております。
入社のお返事に関しまして、誠に恐れ入りますが○日までお待ちいただくことは可能でしょうか。

郷里におります両親に、この度の就職結果について、報告も兼ねて相談しようと思っております。両親にも安心してもらい、理解を得た上で勤務をしたいと考えております。
内定をいただいたにも関わらず大変恐縮なのですが、○月○日までお時間をいただく事は可能でしょうか。

お待ちいただくことで、貴社にご迷惑をおかけするのは大変心苦しく思いますが、ご理解いただけると幸いです。
何卒よろしくお願い申し上げます。

○○ 丸子
電話番号
メールアドレス

メールで依頼する注意点

電話の場合と比べて、依頼する内容に大差はありません。メールの場合も、「誰かと相談したいので待ってもらいたい」と伝えます。このときも、他社の選考結果を待ちたい、他社での選考があるといった理由は避けましょう。

また、返信のタイミングも重要です。一般的に企業側はすぐにでも返事が欲しいと思っています。それなのに、のん気に一週間以上保留にしておけば、内定取り消しも覚悟して交渉する必要があります。通知を受け取ったら速やかに返信しましょう。

ポイントを押さえてメールを書く

メールを書くときには「理由」「期限」「謝罪」を盛り込んだ内容の文章にします。なぜ、内定承諾を待ってほしいか、いつまで決めようと思っているか、内定保留して申し訳ない気持ちを伝えて文章を組み立てましょう。

基本的にはビジネスメールの書き方でかまいませんが、注意する点がいくつかあります。
1.要件は簡潔に述べる
2.件名で内容がわかるようにする
3.最後に署名を付ける
4.返信は内定通知が来たらなるべく早く、できる事なら24時間以内が良い

内定延期をお願いするときの期間

次のページ:長期内定延期の依頼

初回公開日:2017年08月14日

記載されている内容は2017年08月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests