Search

検索したいワードを入力してください

内定延期の方法・メール/電話での伝え方と例文・一般的な期間

更新日:2020年08月20日

就職活動をするとき、同時期に何社も採用試験を受けるのは一般的です。そんなとき、内定が出るタイミングは企業によって様々です。思うように進まない場合、内定延期を伝える方法があります。少しの時間内定を受ける時間を延ばしてもらう方法です。詳しい依頼方法をご紹介します。

内定は法的には、入社日の前日まで辞退することができます。内定を延期している状態で、本命の会社から内定が届いたら速やかに延期している会社に連絡を入れましょう。誠意が相手に伝わりやすいように、電話で辞退を伝えることが大切です。

先に述べたように、電話のかけるタイミングを見計らい、可能な限り相手方への配慮を心がけましょう。こちらの勝手を快く受け入れて延期をしてくれていたわけですから、誠意をもって最初から最後まで丁寧に対応します。

内定を辞退する旨を、簡潔にまとめ一番はじめに伝えます。内定先の企業名を言う必要はありませんが、内定辞退の理由を聞かれたら正直に話しましょう。ただ、その会社と今後もビジネスパートナーとなる可能性もあり、交流することもありえます。間違っても辞退する会社の悪口を言うのはやめましょう。

内定延期を使って上手に就職

内定承諾書や入社承諾書の提出期限を延期する依頼方法をご紹介しました。就職活動をしていると多くの疑問や悩みがつきものです。一度就職をするとそう簡単には転職できず、長ければ定年までお世話になる会社です。まあこの会社でいいかな?などと、簡単には決められないことです。

内定延期を依頼するのは、とても勇気のいることでしょう。しかし、妥協して失敗するよりも納得のいく就職先で働くことが肝心です。ご紹介した、電話やメールでの連絡方法や注意点を守って内定延期を依頼してみましょう。

多くの企業は内定延期を依頼すれば快諾してくれます。しかし、全ての企業が受け入れてるわけではないので注意が必要です。内定延期を申し出た途端、内定辞退になるケースもあります。このようなリスクを考えた上で、納得のいく就職先を見つけるのであれば、内定延期を依頼することをします。

そして、依頼するときは低姿勢で、誠実な対応が必要です。内定延期を上手に使って、希望の会社で活躍してください。

初回公開日:2017年08月14日

記載されている内容は2017年08月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests