Search

検索したいワードを入力してください

内定式後に内定辞退は可能?内定辞退率・電話やメールでの伝え方

更新日:2020年08月20日

内定式が終わると就職が決まったとほっとする人は多いです。しかし内定式後であっても気が変わり、内定辞退を考える人もいます。内定式を終え、内定承諾書にサインをしても内定辞退は可能なのでしょうか。今回は内定式後の内定辞退についてご紹介します。

熟考の末の決断であることを伝える

内定式後に内定辞退を申し出る多くの場合は多忙な就活がようやく落ち着き、冷静に真剣に考える時間を持った結果内定を辞退するというものが多いです。そのため単に他の企業の内定を受けると伝えるよりは考えに考えた末、内定辞退をすることになったと明確な理由があった方がいいです。

内定辞退の理由としては職種が合わないと感じた、別の業界に自分の本当にやりたい仕事があったなどが良いでしょう。自分が望むものがその企業にはなかったのであれば、企業としても無理に引き止めることは出来ません。しっかりと考えた上での決断であることが大切で、嘘をつくのではなく、自分の素直な気持ちで伝えることが大切になります。

内定先はしっかりと考える

日本には数多くの企業があり、その中から一つを選ぶというのは非常に難しいことでもあります。内定を決めるということは自分の人生を決めるということでもあります。自分が最も望む企業への内定を受けることを決める必要があります。

内定には法的な拘束力はありません。内定式後であっても2週間前までであれば内定辞退をすることは可能です。しかし可能といっても企業に迷惑をかけることには変わりないので早めに連絡をする必要があります。

就活はタイトなスケジュールで行われるので冷静に考える期間が必要です。内定式後に就職先に不安になることも当然あります。後悔だけはないように就活に真剣に取組み、内定先を決めていくことが大切です。

初回公開日:2017年07月18日

記載されている内容は2017年07月18日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests