Search

検索したいワードを入力してください

【状況別】内定保留したい時に使える理由|ハローワーク/派遣/転職/新卒

更新日:2020年08月20日

就職活動中に内定をもらった!でも他にも受けたい企業がある。そんな時に内定保留をしたいのだけれどやり方がわからない、あるいは内定先に上手く伝えられるか不安だ。内定保留にもマナーがあります。正しいやり方を身に付け後悔しない就職活動にしましょう。

内定保留したい時に使える理由を準備してますか?

就職活動中に内定が出たらどうしますか?第1志望で本命企業からの内定であれば別ですが、多くの人は本命を受ける前に腕試しに第2志望、第3志望の企業を受けているのではないでしょうか。その場合、本命企業の入社試験が終わるまで待って欲しいのが本音です。

そんな場合に、一旦内定を保留にしたい、でも入社することになるかもしれないから悪印象を与えずにいたい、という場合の解決方法をご紹介します。

ハローワーク

ハローワーク経由で面接を受けた場合はまず、ハローワークの担当者に事情を相談・説明をするのがベストです。ハローワークを通すと、自分と企業との間にワンクッション入るので心理的にも内定保留をわりと伝えやすくなります。

ただし、注意が必要なのはハローワークも就職者をできるだけ多く出したいので「せっかく内定が出ているんだったら、ここにしたら?」と勧めてくる可能性があります。流されずに自分の希望をしっかりと伝える必要があります。

例えば、家族と相談するので少し時間が欲しい、というような理由であれば企業も理解を示してくれます。

派遣

派遣もハローワークの場合と同じく、派遣会社の社員が間に入りますので、内定保留を伝えやすいのではないでしょうか。ここでも気をつける点は自分の意志をはっきりと出すことです。自分の希望と合ったところで働く方が長続きするし、モチベーションも上がるわけなので派遣会社にとっても決して悪い事ではないのです。しっかりと担当者とコミュニケーションをとることを心がけましょう。

他に気になる企業があるとか、条件面で気になるところがあるなど、しっかりと理由を伝えておいた方が良いでしょう。

転職

転職時の内定保留の理由としては、例えば、すでに他の会社の面接の予定が入っていますというのが使えます。「面接自体は以前に決まっていたことなので、急遽断ると失礼なので」と伝えましょう。また、内定時点でまだ在職中であれば、有給休暇消化中であるのを理由に、入社日を待ってもらうという手もあります。

新卒

新卒は複数の企業を受けるのが当たり前の時代ですから、企業の人事担当者も学生の事情は百も承知です。とはいえ自社の採用計画のこともありますので、内定受諾を迫ってくることも考えられます。この場合に内定を保留するのであれば、丁寧にかつ誠実に、他社も受けてみて後悔のない決断をしたいことを正直に話した方が案外上手くいく場合もあります。

その際は、内定先で働きたいという意欲は変わらずに持っていることは、きちんと伝えるべきです。そうすれば、企業の担当者も保留を受け入れやすくなります。自分の主張をしつつ、相手の立場も考慮していることも表しておくことで、波風が立たぬように予防線を張りましょう。

中途

中途採用の場合も転職時と同様に、他社の入社試験がすでに予定されているため、やむを得ず保留させてほしいと伝えると良いです。中途の場合は転職時と違い、在職してない場合が多いので、あまり長期間の保留となると内定を取り消されたりする可能性もあるので注意が必要です。

紹介を受けた場合

例えば、身内や知人から紹介を受けた企業から、内定をもらうことができた時に、保留したい場合です。その後の人間関係まで考えないといけないので、気を使います。例えば、業種や給料などの条件が希望するものと違う時は、正直に伝えてよいです。

条件が合わずに入社して、すぐに辞める羽目になるよりは良いです。また、自身の希望には近いけどまだ迷ってるという時は、他にも紹介を受けていて、どうしてもそちらも受けないといけないので保留したい、と伝えることもできます。

内定保留できる期間はどのくらいが限界?

内定を保留するにあたって気になるのは、いつまで待たせることができるのか、ということです。あまりに期間が長すぎると、企業側も保留できないと判断します。断られにくい内定保留の期間を提示する必要があります。

新卒

新卒の場合は、そもそも内定をもらってから、実際に働き出すまでに数か月、場合によっては1年近くの期間があります。企業も採用活動についてはある程度余裕を持って進めているものです。何より内定を出した全ての学生が入社するとは考えてません。当然自社以外に入社試験を受けているものと想定していますので、ある程度の期間は待ってくれます。

ただし、企業も採用計画があるので、いつまでも待つ、というわけにはいきません。まずは企業に保留したい旨を伝えて、いつまでなら待ってもらえるか聞いてみましょう。例えば8月に内定をもらったのであれば10月まで待ってもらうようにすれば、その後で実際に入社を断っても、企業も追加募集をかける時間的余裕があると考え、保留を承諾する可能性が高くなります。

次のページ:転職の際のメールでの内定保留の伝え方

初回公開日:2017年09月13日

記載されている内容は2017年09月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests