Search

検索したいワードを入力してください

内定を頂いた際のお礼状の書き方・例文・出すのが遅れた場合

更新日:2020年08月20日

内定をもらった後はお礼状を出すのが基本的なマナーです。お礼状は感謝の気持ちを伝えるためのものですが、さまざまな形式がありますし、出し方にも色々な方法があります。内定後にはどんなお礼状を出せばいいのかを正しく知っておきましょう。

内定後のお礼状は必要?

就活では内定をもらうことが目標であり、企業から内定をもらうことができれば、一安心となります。しかし内定をもらっただけでは就活が完全に終わったとは言えず、そこからしなければならないこともさまざまあります。

内定を承諾するのか、辞退するのか、それとも結果を保留にしてほしいのかなどを企業に伝えなけえればなりませんし、それぞれですべきことも違っています。内定に対してどのような答えを出すのかを伝える必要がありますが、それだけではなくお礼状を作成しておく必要があります。

お礼状は感謝の気持ちを伝えるためのものであり、内定後は企業に提出する必要があると言われています。就活の最中ではお礼状は必須ではありませんでしたが、内定後もお礼状を出す必要はあるのでしょうか。

必須

お礼状は説明会に参加したり、面接に呼んでもらう、あるいは合格するなどの際に自身の感謝の気持ちを企業に伝えるために送ります。お礼状は必須のものではなく、あれば好印象であり、基本的には出したい人だけが出します。

しかし内定をもらった後に関しては違っており、お礼状を出すのは必須となります。内定をもらうことは大変なことですし、企業でもそれだけ高く評価してくれているということになります。評価してくれた企業に対して感謝の気持ちを伝えるのは社会人としては当然のマナーであり、お礼状は必ず出しておかなければなりません。

内定を承諾する場合は、企業と今後も長く付き合うことになりますし、お礼状を出して好印象を与え、就職後の仕事もスムーズに進めていきましょう。

なければ悪印象

内定後のお礼状は必須であり、お礼状を出さなければ好印象が与えられないだけではなく、マイナスの印象になってしまう可能性がありますので注意しなければなりません。お礼状は基本的には必須ではありませんが、内定後に限っては必須と考えられており、出すのが当たり前のマナーとして考えられています。

内定後にお礼状を出さないことで、基本的なマナーや常識が身に付いていないとされ、印象が悪くなってしまいますので注意しなければなりません。印象が悪くなったからといって内定を取り消されるわけではありませんが、就職の条件の交渉なども難しくなりますし、就職後もスムーズに仕事が進められない場合もあります。

就職後の仕事をスムーズに進めるためにも、内定後はお礼状は忘れずに出すようにしましょう。

内定後のお礼状はいつ出すべき?

内定をもらえばお礼状を出すのは必須ですので、忘れずに出す必要がありますが、お礼状はただ出せばいいわけではありません。内定後のお礼状を出すタイミングには最適な時期がありますし、それを守ってお礼状を出すことが大切です。

同じ内容であっても出すタイミングによって与える印象が違ってくる場合も多く、場合によっては損をしてしまう可能性もあります。せっかくお礼状を出すのであれば、好印象を獲得しなければなりませんし、最大限に評価されなければお礼状を出すメリットは薄くなってしまいます。

お礼状は企業に感謝の気持ちを伝えるものですが、就職後の仕事をスムーズに進めるためには、しっかりと好印象を与えなければなりません。内定後はお礼状はどのタイミングで出すのかを知り、最適なタイミングで出して好印象を獲得しましょう。

内定後すぐ

企業から内定の通知を受け取れば、お礼状はすぐに提出しなければなりません。内定後すぐにお礼状を出すことで企業への入社意欲の高さが伝わりますし、より好印象を与えることができます。

同じ内容であっても内定後すぐに出さず、出すのが遅れてしまうと好印象が与えられない場合もありますので、注意しなければなりません。お礼状は内定後すぐに出すことで、より鮮明な記憶のまま感謝の気持ちを伝えることができますし、企業としても印象に残りやすいです。

時間が経てば経つほど記憶は薄れてしまいますし、そもそもお礼状を作成するのも難しくなってしまいます。お礼状をスムーズに作成し、より好印象を与えて記憶に残るためにも、内定をもらえばすぐにお礼状は出すようにしましょう。

保留の場合なども出す

内定をもらったからといって、必ずしもそれを承諾するとは限らず、悩んでいれば保留を申し出る場合もあります。就活では同時に複数の企業の選考を受けている場合も多く、他の選考の結果が出るまで内定を保留にしたい場合もあります。内定の保留をする場合は、その旨を企業に伝える必要がありますが、それだけではなくお礼状を送っておくことも大切です。

保留にする場合でもお礼状を送ることで好印象を与えることができますし、好印象を与えておけば、保留期間についても融通を利かせてくれる場合もあります。保留期間は企業によって違いますし、できるだけ好条件で待ってもらうためには印象を良くしておかなければなりません。保留にする場合でもお礼状は出し、好印象を与えておきましょう。

辞退の場合は辞退メールに代えてもOK

内定を承諾する場合、保留にする場合はお礼状は出しておかなければなりませんが、内定を辞退する場合はこの限りではありません。内定を辞退する場合は電話やメールなどで辞退する旨を伝えますが、その際に一緒に内定をもらったことに対してのお礼を伝えておけば、別途お礼状を出す必要はありません。

辞退した企業まで気遣っている時間はありませんし、お礼状を出して好印象を与えても無駄になってしまうことも多いです。辞退する場合であれば、お礼状は必要ありませんので、辞退の連絡の際にお礼の気持ちを伝えて、お礼状に代えるようにしましょう。辞退する場合でも、お礼の気持ちを伝えておかなければ失礼になります。必ず感謝の気持ちを伝えた上で、丁寧に内定辞退を申し出ることが大切です。

内定を頂いた際のお礼状の書き方は?

内定をもらえばお礼状を出す必要がありますが、その書き方についても注意しなければなりません。お礼状は決まったフォーマットはなく、基本的には自身の自由に記入することができます。企業に対しての感謝の気持ちを伝えていけばいいので、素直な気持ちを書くことが大切です。

しかし決まったフォーマットはないといって、基本的なマナーは守らなければなりませんし、それができていなければマイナスの印象を与えてしまう場合もあります。また上手に書くためのポインともあり、それができていないと感謝の気持ちを上手に伝えることができなくなってしまいます。より好印象を与えるためには、感謝の気持ちを上手に伝えることが大切ですので、上手なお礼状の書き方を知っていきましょう。

便箋

お礼状の書き方としては便箋で書くことが挙げられます。便箋で書く場合は手紙の基本的なマナーを守らなければなりませんので、導入の挨拶や締めの言葉などに注意しなければなりません。手紙の基本的なマナーとしては拝啓から始まり、敬具で終わるのが基本です。

前略と記す場合もありますが、これは親しい間柄の相手に送る言葉であり、企業に対して送るにはふさわしくありませんので、避けるようにしましょう。便箋の場合は時候の挨拶をしてから本題に入り、感謝の気持ちを伝えていきますが、本題については自身の感じたままに素直な気持ちを伝えることが大切です。

定型どおりの表現では感謝の気持ちは伝わりませんし、好印象も与えられませんので、必ず自身の言葉で感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。

ハガキ

内定後のお礼状はハガキで出すことも可能です。ハガキの場合も基本的なマナーは便箋と同じであり、手紙の形式で書き進めていきます。ハガキで書く場合は筆ペンを使用すると考えている人が多いですが、必ずしも筆ペンを使用しなければならないわけではありません。

筆ペンで綺麗に書かれていれば、見栄えもいいですし、より好印象を与えることができますが、慣れていないと字が汚くなってしまい、見栄えが悪くなってしまいます。字が汚いとしても丁寧に書かれていればマイナスの印象を与えることはありませんが、それでも綺麗に書かれているに越したことはありません。

ハガキの場合は絶対に筆ペンで書かなければならないわけではありませんので、苦手であればボールペンなど書きやすいもので書くようにしましょう。

メール

内定後のお礼状は便箋やハガキなどで手書きする場合もあれば、メールで感謝の気持ちを伝える場合もあります。手書きの方がより感謝の気持ちを伝えることができますが、メールだからといってマイナスの印象を与えることはありません。

メールであっても上手に書かれていれば好印象を与えることができますし、書き方にこだわることが大切です。メールでお礼状を出す場合は、基本的なメールマナーを守っていれば問題はありません。

メールマナーを守った上で感謝の気持ちを丁寧に伝え、お礼メールとして企業に送信しましょう。またメールをした後に手書きの手紙でお礼状を出すのもです。メールでのお礼状は取り急ぎの連絡とし、後日手紙で感謝の気持ちを送るのもいいでしょう。

封筒

便箋などでお礼状を出す場合は郵送しなければなりませんので、封筒が必要になります。封筒のサイズについては、基本的には大きくても小さくてもどちらでも構いません。他にも提出書類がある場合は大きめのサイズを選べばいいですし、お礼状だけを送る場合であれば小さい封筒に折って入れるようにしましょう。

小さい封筒に入れる場合は折り方にも注意が必要で、折り目が曲がっていると雑な印象を与えてしまいますので注意しなければなりません。真っすぐになるように丁寧に折り、折り目からも好印象を与えていきましょう。お礼状を送る封筒は茶封筒でも白封筒でもどちらでも構いません。どちらでも失礼ではありませんが、より好印象が与えられるのは白封筒ですので、そちらの使用がです。

宛名

初回公開日:2018年02月07日

記載されている内容は2018年02月07日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests