Search

検索したいワードを入力してください

2017年10月23日

新入社員の挨拶で伝えること・挨拶の構成・好印象な挨拶の仕方

新入社員の挨拶の仕方にはどんなポイントがあるでしょうか?挨拶は非常に重要なもので、新入社員の場合は挨拶で印象が決定しますので、特に重要です。挨拶次第では今後の人間関係も変わってきますし、好印象な挨拶をすることで新入社員としてスタートダッシュができます。

新入社員の挨拶で伝えることは?

新入社員の挨拶で伝えること・挨拶の構成・好印象な挨拶の仕方

忙しい就活を終え、無事に入社日を迎えることができれば、いよいよ社会人として働き始めることになります。新入社員にもさまざまなタイプの人がいて、学生から新卒で入社する人もいれば、他の企業からの転職で新入社員として迎えられる場合もあります。

どちらの場合でも職場での初出勤に緊張は付き物であり、これからの仕事に期待と不安の両方の気持ちを持ち合わせている人も多いです。企業によっても異なりますが、出勤すればまずは自分が働く部署などに挨拶をしなければなりません。

そこでの挨拶が終われば各部署に挨拶周りに出かけたりと、その企業の一員になるためにも、さまざまな人に顔を覚えてもらう必要があります。新入社員として入社するときには、挨拶を欠かすことはできませんが、挨拶ではどんなことを伝えればいいのでしょうか。

名前

新入社員の挨拶で伝えるべきことは、まずは名前です。名前を覚えてもらわないことには距離を縮めることもできませんし、一緒に仕事をするにも不便です。また何をするにも名前を名乗らずに進めるのは失礼にも当たりますので、最初の挨拶ではまずは名前を言ってから挨拶へと進みましょう。

名前を口頭で伝える場合は、どんな漢字なのかなども伝えておくといいでしょう。口頭では上手く聞き取れない場合もありますし、読み方が分からない苗字や名前の人もいます。字面からも自身の顔が一致するよう漢字も併せて伝えましょう。

新入社員の場合は企業内外で名前を覚えてもらうことも仕事のうちです。挨拶で名乗るのは初めての仕事でもありますので、気合いをいれて伝えることが大切です。

配属先

新入社員の挨拶で伝えること・挨拶の構成・好印象な挨拶の仕方

名前を伝えれば、次に配属先を伝えましょう。新入社員では誰がどこに配属になったのか、現場の人はあまり把握していないことも多いので、自身がお世話になる配属先を伝え、少しでも覚えてもらうことが大切です。

また最初の挨拶で配属先を伝えておくことで、実際に仕事を始めるときにもスムーズに進みやすいですし、同期の新入社員がいる場合には、誰がどの部署に配属されたのかを知ることができます。配属先によって人も仕事内容も違いますし、職場の雰囲気自体が異なる場合もあります。

新入社員のうちはどれだけ早く仕事を覚えることができるかが大切であり、仕事を覚えるためには職場に早く馴染むことが大切です。配属先を伝えることで企業の一員として受け入れられやすくなりますので、これも必ず伝えましょう。

得意分野

新入社員の挨拶では自身の得意分野について伝えることも大切です。新卒の新入社員であれば、大学時代の得意科目やどんな勉強をしたか、研究内容などを伝えてもいいですし、転職による新入社員の場合は、どんな仕事が得意かなどを伝えるのもいいでしょう。

得意分野を伝えることで、自身のことをより深く知ってもらうことができますし、内容によってはそれを仕事に活かして活躍することもできます。大学時代に学んだことが仕事で活かされる場合もありますし、前職で培った経験や能力が新しい職場で活用されることもあります。

どんな能力や知識、経験が仕事に活かせるか分かりませんので、自身の能力を知ってもらい、活用してもらうためにも挨拶で得意分野について触れておきましょう。

出身地

新入社員の挨拶では、自身の出身地なども伝えておく必要があります。出身地もパーソナルなデータですので、理解を深めてもらうために必要ですし、職場に同郷の人がいればそれだけで話が盛り上がり、距離を縮めることができます。

新入社員の挨拶では社員同士の距離を縮め、素早く良好な人間関係を築くことが大切ですので、そのきっかけとして出身地は重要です。出身地が同じであることは盛り上がりやすいですし、仮に同郷の人がいない場合でも、出身地によるイメージや興味などで自身をより深く印象付けることができます。

これは社内での挨拶だけではなく、社外でも使うことができます。出身地は新入社員に関わらず、挨拶の定番でもありますので、必ず含めて挨拶しましょう。

趣味

新入社員の挨拶では、自身の趣味についても触れておきましょう。趣味と仕事は関係がないと考える人もいますが、伝える趣味は仕事に直結している必要はありません。趣味が仕事に関係するものであれば、それを伝えることで即戦力として働けることをアピールできますが、仕事に関係しないものであってもお互いの距離を縮めるのに、役立つ場合が多いです。

企業によっては同じ趣味を持つ者同士で集まり、休みの日などに一緒に趣味に興じている場合もありますし、新入社員として少しでも企業に溶け込むためにも、趣味を伝え、挨拶に親近感を持たせましょう。

伝える趣味は悪印象にならないためにもポップでメジャーなものにすることが大切です。マイナーすぎる趣味では悪印象の可能性もありますので、充分に注意しましょう。

新入社員の挨拶の構成は?

新入社員の挨拶で伝えること・挨拶の構成・好印象な挨拶の仕方

新入社員の挨拶で伝えるべきことはさまざまありましたが、伝える内容だけではなく、挨拶の構成も考えておくことが大切です。せっかく良い内容でも、挨拶の構成が悪ければ、印象良く伝えていくことが難しくなります。

たとえ同じ内容であっても、新入社員の挨拶は構成次第で印象が大きく変わってしまいますので、適切な構成で挨拶を進めることが大切です。挨拶の構成が悪く、伝わりにくいと人前で話すのが苦手、伝えたいことを簡潔に伝えることが苦手などの印象が付いてしまう場合もありますし、新入社員のうちから能力が低いというマイナスの印象を与えてしまう可能性もあります。

挨拶の構成は非常に重要であり、大きく3つの構成に分かれていますので、それぞれについてしっかり考えていきましょう。

自己紹介

新入社員の挨拶の構成としては、まずは最初に自己紹介から始めます。自身の名前や配属先、得意分野、出身地、趣味などはすべて自己紹介にあたりますので、最初にこれらの内容をしっかりと伝えていきましょう。

最初に基本的な情報を伝えておくことで、後で発展した内容を伝えやすくなります。基本情報のないままに、挨拶を続けても伝わりにくく、印象に残らないことも多いので、必ず自己紹介から最初に始めましょう。また自己紹介も最初の数秒で印象が決定しますので、話始めには充分な注意が必要です。

新入社員の挨拶の構成としては自己紹介は最も基本的な部分ですが、それゆえに非常に重要な部分でもありますので、最初で好印象を与られるよう工夫しておきましょう。

入社を喜ぶ気持ち

新入社員の挨拶で伝えること・挨拶の構成・好印象な挨拶の仕方

新入社員の挨拶は自己紹介をすれば、次に入社を喜ぶ気持ちを伝えていきましょう。就職するためには、就職試験を受けてそれに合格しなければならず、合格するためには、さまざまな準備、対策を行わなければなりません。

就職までには苦労も多いですが、すべての人が入社を喜んでいるわけではなく、中には嫌々仕事をしている人もいます。生活をするためにはお金が必要であり、お金を稼ぐためには仕事をしなければなりませんので、嫌々であっても働く必要はありますが、どうせ働くのならポジティブな気持ちで働きたいと考える人は多いです。

新入社員の時点から働きたくないオーラが出ていれば、印象は良くありませんので、挨拶では入社できたことの喜びを語り、ポジティブな気持ちをアピールしましょう。

抱負

新入社員の挨拶で自己紹介、入社を喜ぶ気持ちと続けば、最後に入社後の抱負を語り、挨拶の締めくくりとしましょう。新入社員としてポジティブな気持ちで仕事に臨む姿勢を見せるためには、入社を喜ぶ気持ちだけでは不十分です。

気持ちばかりで実際の仕事に対するやる気や具体的なビジョンがなければ、喜ぶ気持ちも嘘なのではないかと思われる可能性があります。抱負を語ることで、入社を喜ぶ気持ちをしっかりと裏付けることができますし、仕事に対する意欲の高さもアピールすることができます。

新入社員のうちから将来的なビジョンを持っておくことは大切ですし、それを上司などの前で語っておくことで人事異動などの一助になる可能性もありますので、抱負を挨拶の締めくくりとして、良い印象で挨拶を終えましょう。

新入社員の好印象な挨拶の仕方は?

新入社員の挨拶で伝えること・挨拶の構成・好印象な挨拶の仕方

新入社員の挨拶で伝えるべき内容や挨拶の構成などを考えれば、今度はさらに実践的に、挨拶の仕方を考えていきましょう。挨拶の仕方によっても印象は大きく変わりますので、好印象を与えたいのであれば、挨拶の仕方についてもしっかり考えていく必要があります。

どれだけ素晴らしい内容、構成であっても挨拶の仕方一つで印象は良くも悪くも変わってしまいます。挨拶の内容や構成もそうですが、挨拶の仕方は意外に見られているポイントですし、印象が左右されやすいポイントでもありますので、しっかりと意識しておきましょう。

新入社員の挨拶で好印象を与えるためには、新入社員ならではのフレッシュさを出して挨拶を進めることが大切です。

ハキハキと言う

新入社員の挨拶で好印象を与えるためには、ハキハキと言うことが大切です。ボソボソ話していたのでは相手に伝わりませんし、新入社員の挨拶は大勢の前ですることも多いので、聞こえなければ意味はありません。

ボソボソ話してしまうとそれだけで印象が悪くなりますので、伝わりやすさを意識してハキハキと話し、いつもより少しだけ大きな声を意識して挨拶をしましょう。緊張してしまうと声が小さくなってしまいますし、早口になって聞き取りづらくなってしまうことも多いです。

挨拶は相手に伝わり、理解してもらうことも大切ですので、聞き取りやすく分かりやすいように、話すペースにも気をつけながら、明瞭な口調で挨拶を進めていきましょう。

声のトーン

新入社員の挨拶で好印象を与えるためには、声のトーンを意識することも大切です。大きな声でハキハキと話すことも大切ですが、大きな声を意識するあまりに言葉のトーンが乱暴になってしまう場合もありますし、それでは好印象を与えることはできません。

声は少しだけトーンを上げることで遠くまで響きやすくなりますので、大きな声でハキハキと話すことを意識しながら、同時にいつもより少し高めの声で話すことも意識していきましょう。

緊張のあまり上ずった声になってしまうと良くありませんが、いつものトーンよりほんの少し高いだけであれば違和感なく、自然に声を届けることができます。トーン次第で元気な印象、穏やかな印象など伝わる印象も変わりますので、トーンを意識して挨拶しましょう。

新入社員の挨拶の長さは?

新入社員の挨拶で伝えること・挨拶の構成・好印象な挨拶の仕方

新入社員ではさまざまな場所で挨拶をしなければなりませんが、挨拶の内容や話し方だけではなく、挨拶の長さによっても印象が変わることを覚えておく必要があります。挨拶は長すぎてもいけませんし、短すぎてもいけません。

好印象を与えるためには、最適な長さで挨拶を終らせる必要がありますので、挨拶を考えるときには、それがどのくらいの長さになるかも一緒に考えておきましょう。また挨拶の長さを考えるときには、緊張して早く話てしまう、あるいはつっかえて短い内容でもゆっくりになってしまうなど、自身の癖も加味して考えることが大切です。

自身の特徴をしっかりと理解しておくことが大切ですので、本番前に一度練習して、挨拶の長さを確かめておくのも大切です。

1分程度

新入社員の挨拶の長さとしてベストなのは、大体1分程度です。自己紹介や入社を喜ぶ気持ち、抱負などを簡潔に伝えた場合でもこれくらいの時間にはなりますので、挨拶を考えれば、時間を測って練習しておくことが大切です。1分はお互いにとって最も印象のいい長さであり、これよりも長くても短くても印象は悪くなってしまいます。

挨拶が長すぎると飽きてしまいますし、逆に印象は薄くなり、イメージに残りにくくなります。短すぎる場合は自身を充分に伝えることができず、知ってもらう、理解してもらうことができませんし、挨拶の時点で多くの人と壁を作ってしまう原因にもなります。

挨拶の長さは非常に重要ですので、第一印象を良くするためにも、1分程度の挨拶を考えておきましょう。

さまざまなバージョンを考えておくとベスト

新入社員の挨拶の長さとしては、1分程度がベストな長さですが、それはすべての場合でベストであるとは限りません。場合によってはもっと短い挨拶でなければならない場合もありますし、反対にもう少し長く挨拶を求められる場合もあります。

シチュエーションごとによって好印象を与える挨拶の長さは違っていますので、それぞれのシチュエーションに合わせて、さまざまなバージョンを作っておくことが大切です。基本的には1分での挨拶が多いので、1分の挨拶を作成し、それをベースに削る、あるいは付け足して別のバージョンも考えていきましょう。

15秒、30秒、1分、2分などの挨拶があれば充分ですので、さまざまな場合に備えて複数のバージョンを考えておくことが大切です。

新入社員の挨拶がなぜ大切か?

ここまで新入社員の挨拶で好印象を与える方法を紹介しましたが、そもそもなぜ新入社員の挨拶が大切なのでしょうか。挨拶は特別なものではなく、当たり前のものですので、特に準備することなく普通にしている人も多いです。

もちろん日々の挨拶と新入社員として入社するときの挨拶は違いますが、それでもなぜそれほど重要視されているのでしょうか。それは最初の挨拶が及ぼす影響が関係しています。新入社員としての最初の挨拶が上手くいくかどうかによって、今後の職場での立ち位置や関係性などが異なってきますので、挨拶は大切です。

新入社員の挨拶が大切な理由は他にもありますので、それらを知っていきましょう。

第一印象が決まる

新入社員の挨拶が大切な理由としては、第一印象が決まるからです。第一印象は大切なもので、第一印象からイメージを大きく変えることは非常に難しいです。最初に良い印象が付けば、その印象が崩れることはほとんどありませんし、反対に悪い印象が付いてしまえば、それを払拭するのには長い時間と努力が必要になります。

一発目の挨拶で印象は大きく左右されますので、スムーズに仕事に取りかかるためにも、挨拶で好印象を与える努力をすることが大切です。

人間関係が決まる

新入社員の挨拶では第一印象が決まり、第一印象が決まればそこから人間関係も決まってしまいます。第一印象が良ければ人間関係もスムーズに構築することができますが、第一印象が悪いと人間関係が作りにくくなってしまいます。

仕事はチームワークを発揮することが大切ですし、お互いに良好な人間関係を築くことが大切です。特に新入社員の場合は誰かに教わりながら仕事を覚えていくことも多いので、教えてもらいやすい環境を自ら作ることが必要になります。

最初に人間関係を築けるかどうかで、仕事でのスタートダッシュが切れるかどうかも変わりますので、挨拶で第一印象を良くして、良好な人間関係を築いていきましょう。

新入社員は元気な挨拶で印象UP

新入社員の挨拶で伝えること・挨拶の構成・好印象な挨拶の仕方

新入社員の挨拶で伝えることや挨拶の構成、好印象な挨拶の仕方や挨拶の長さ、挨拶が大切な理由などを紹介しましたが、新入社員は最初の挨拶で社会人生活が決まると言っても過言ではありません。

挨拶の印象次第で人間関係を築けるかどうかが決まりますし、新入社員が活躍するためには、いち早く職場に馴染むことが大切です。挨拶で好印象を与えれば職場にも溶け込みやすく、仕事にも早く慣れることができますので、社会人として活躍するためにも、最初の挨拶をビシッと決めていきましょう。

Latests